ブロックチェーンとは?

1月 17, 2022
重要なポイント
パブリックブロックチェーンとは、データベースに似た分散型台帳であり、異なる属性を持ちます。
— 分散型:第三者を介さない
— 分配:台帳がネットワーク全体に分散しているため、攻撃に強い
— 暗号化
— 匿名
— 台帳に追加されたデータは削除や変更は不可能

今、誰もがブロックチェーンを話題にしています。 ブロックチェーンとは?


ブロックチェーンというと、Bitcoinのような分散型や公開型のブロックチェーンを思い浮かべる人が多いでしょう。 しかし、この技術は中央集中型のブロックチェーンの構築にも利用でき、企業にとっては公開型のブロックチェーンよりも利点があることは言うまでもありません。

ブロックチェーンとは一体何なのでしょうか?

ブロックチェーンは、データベースのような分散型台帳ですが、中央集権(Google等の企業・小さな会社・個人)によって管理されるのではなく、世界中にある複数のコンピューターに分散され、インターネットに接続できる人であれば誰でも実行することが可能です。 ブロックチェーンは、ネットワーク上でソフトウェアを実行する異なるノードの合意によってデータがリアルタイムで追加・更新される台帳です。

一度台帳に追加されたデータは、データベースのように削除や編集ができません。 ブロックチェーンの全体が、このようにデザインされているのです。

なぜチェーン?

ブロックはデータのリストで構成されており、「チェーン」は特定の期間、データのブロックを継続的に積み重ねて成長させます。トランザクションが、ブロックチェーンの深層(チェーンの冒頭)に埋め込まれた場合、そのデータを変更することは非常に困難です。ブロックチェーンは貴重なデータを保存するための独自のメディアとなります。

ブロックで作られたデジタルタワーを想像してみてください。タワーの下にあるジェネシスブロックから、10分ごとに新しいデータのブロックが頂上まで追加されていきます。 まさに、Bitcoinで行われていることであり、各ブロックのデータは、ネットワークのユーザーによってブロードキャストされたトランザクションと、それらが有効であることを示すクリプトグラフィック証明で構成されています。

ブロックチェーンが生まれた理由は?

ブロックチェーンが生まれた大きな理由の一つに、コンセンサスの利用があります。 コンセンサスを理解するには、Bitcoinの匿名作成者であるサトシ・ナカモトがなぜ最初にブロックチェーンを作成したのか、その歴史を簡単に説明する必要があります。それを知ることで、ブロックチェーンが解決できる重要な問題の全体像も把握できます。

従来の金融の世界においては、銀行と精算機関が口座ベースの金融の究極の裁定者としての役割を担っていました。 たとえば、アリスがボブに100ドルを送金した場合、アリスの銀行口座から100ドルが引き落とされ、ボブの口座に入金されます。 しかし、実際の決済(銀行がトランザクションを有効と判断した場合)には、バックエンドで数日かかることがあります。

清算は、トランザクションの真正性と、アリスがボブに送る必要な資金を持っていることを検証する取引所や他の一連の金融機関によって行われます。 しかし、精算機関は中央集権的な存在であり、政府や他の組織から外的な影響を受ける可能性があります。

2000年代の「サイファーパンク」や暗号資産の世界では、純粋な暗号資産で中央清算機関をいかに回避するかが主要な問題でした。 「二重支払い問題」 として知られているとおり、アリスがボブに100ドルを送った場合に、その100ドルをアリスが再び使わないことを検証する方法はありませんでした。 アリスがボブに100ドルを現金で渡した場合は、同じ100ドルを使うことはできませんが、中央清算機関を使わないデジタル世界ではそのプロセスはより複雑となります。 そこで登場するのがブロックチェーンです。

P2Pネットワーク

BitcoinブロックチェーンはP2Pネットワークであり、中央の主体が存在しません。 ネットワーク上のすべての「ピア」は平等であり、台帳の状態を検証する役割を果たします。 しかし、従来の金融では、中央の精算機関が台帳を決定するのに対し、サトシ・ナカモトはP2Pネットワークにおけるブロックチェーンの台帳の状態を正確に収束させるには、ネットワークの分散性を使った革新的な方法(コンセンサス)が必要であることに気づきました。

Bitcoinでは、10分ごとに新しいブロックが作成されてチェーンに追加されます。 ブロックは、ネットワーク内の分散したノードによって有効であると判断されてブロックチェーンに追加され、精算機関は存在しません。 この機能は、ナカモト・コンセンサスによって実行されます。これは分散コンピューティングにおいて「Proof of Work」または ビザンチン将軍問題の耐性として知られるコンセプトのバージョンです。

ブロックチェーンは、巧妙なゲーム理論のインセンティブや暗号化、分散型コンセンサスを通じて、中央清算機関のように、台帳の状態について安全かつ正確なコンセンサスを達成することができますが、分散型ネットワーク上では単一の事業体が支配するということはありません。

ブロックチェーンにおける暗号は、データ(=トランザクション)の検証を簡素化して、偽造をほぼ不可能にします。 この作業は、ノードを運営するネットワークオペレーターが行います。一連のコンセンサスルールを通じて、ネットワーク内のブロックとトランザクションを自動的に検証。Bitcoinのような、公開された許可不要のブロックチェーン上では、コンピューターを持っている人なら誰でもこの作業を実行することが可能です。

ブロックチェーンの活用

Bitcoin以来、ブロックチェーンの概念はさらに広がっています。 ブロックチェーンを金融データに限定して利用するのではなく、ソーシャルメディアのアプリケーションやゲームデータなど、任意のデータを保存・検証するメディアとして活用することを目指すプロジェクトが生まれています。 Ethereumのようなプラットフォームは、ブロックチェーンを軸に「バーチャルマシン」が重なって成り立っています。

ブロックチェーンは、自由参加型のネットワークで個人を信頼する必要がありません。社会のスケーラビリティを促進して、悪意ある者の支配や腐敗から解放された新しいプロトコルの構造であると言えるでしょう。

ブロックチェーンネットワークでは、ストレージとデータは不要であり、人がノード(つまりソフトウェアクライアント)を動かす限り、中央での故障点が存在しません。 その結果、様々な用途で大きな注目を集め、急速に話題に上るようになりました。その中には有望なものもあれば、多くの疑わしいものもあります。

単なる流行を越えたブロックチェーンは、すでに技術や通貨の歴史において重要な目標であるBitcoinの誕生をすでに達成しています。

学び続けましょう! 暗号資産やブロックチェーンの理解を深めるために、School of Blockの動画をご覧ください。 ブロックチェーンの使い道


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。