基礎

経路 1. 暗号資産について

チャプター 4/6

暗号資産の驚くべき歴史

1月 20, 2022
暗号資産の歴史
重要なポイント:
— 暗号資産の大前提は、完全に分散型であることです。言い換えれば、暗号資産がどのように作成・管理されるかを制御する国家や、中央銀行のような上位組織が存在しないということです。 それは人々による、人々のためのものです。
これこそが、2008年のBitcoinの誕生によってサトシ・ナカモトが成し遂げた、自律的に稼働し、価値を維持することのできるネットワークです。
— Bitcoinは暗号資産の起源 – それは物語の始まりに過ぎないのです。 Ethereumの登場によってスマートコントラクトが実現され、現在のようなDeFi産業の繁栄へとつながりました。
— 暗号資産は単なる価値の保管および移送の手段ではありません。ブロックチェーンは、数々の驚くべき製品の基盤となっています。

暗号資産の世界に深く潜る前に、その歴史について学ばなければなりません!Bitcoin、マイニング、ブロックチェーン取引など、その出現の背景を理解しましょう。 時系列に関係なく、暗号資産の歴史とそれが誕生した背景を把握することは、暗号資産の仕組みを理解するのにも役立ちます。

暗号資産の歴史:共通の原則

Bitcoinは暗号資産の元祖ですが、デジタル資産の最初の試みではありません。デジタル通貨の試みはすでに多数行われていましたが、いずれも成功には至らなかったのです。 1998年にはすでに、コンピュータ技術者のWei Dai氏によって、デジタル通貨という概念が論文で発表されています。 同年、ブロックチェーンのパイオニアであるNick Szabo氏によって別の試みが起案されました。

デジタル通貨のプロトタイプが直面していた主な課題は、二重支払い問題でした。 簡単に言うと、二重支払いはデジタル版の通貨偽造です。 100ドル紙幣を10枚コピーして、1,000ドルにできたらどうでしょう? 伝統的な金融システムでは、管理・規制機関によって通貨偽造が阻まれているため、それはほとんど起こりません。 デジタル通貨の場合、1回のみ使えるように保証することが課題となります。

コンサートのeチケットを考えてみてください。 参加したいイベントが完売した場合でも、チケットの所有者からチケットを購入することは可能です。 しかし、PDFファイルは簡単に複製できるにもかかわらず、eチケットの転売を防ぐことは可能でしょうか? TicketSwapというサービスが便利な解決法となります。 つまり、仲介者に頼るということです。 同様に、デジタルマネーを作ろうとする初期の試みの多くは、中央政府に何らかの統制を委ねることでこの問題を解決していたのです。

2008年、分散型デジタル通貨として初めて成功した、Bitcoinがサトシ・ナカモトによって誕生しました。 経済危機の中、彼は分散の原則を犠牲にすることなく、この二重支払い問題を解決することに成功しました。

2008年:危機、Bitcoin、そして余波

2008年は、2007年から2008年にかけての世界的な金融危機の最中にあり、非常に重要な1年でした。 そして、この年にBitcoinが誕生したことは、偶然ではないかもしれません。 しかし、確実なことは誰にもわかりません。 タイムライン全体の詳細については、映画「マネー・ショート」に譲るとしても、9月は危機のクライマックスと言われており、アメリカの銀行リーマン・ブラザーズの破綻後、経済は完全に崩壊寸前まで追い込まれていました。

その頃、謎の人物サトシ・ナカモトによって「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」と題されたホワイトペーパーが発表されました。 その4ヶ月後となる2009年1月3日、サトシ・ナカモトは「ジェネシスブロック」と呼ばれるBitcoinネットワークの最初のブロックを作成しました。 これがBitcoinの始まりであり、ブロックチェーンの始まりでもあります。 このジェネシスブロックの生データの中に、サトシ・ナカモトは「The Times 03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for banks.(タイムズ紙 2009年1月3日 首相は銀行への2度目の救済措置の瀬戸際)」という秘密のメッセージを埋め込みました。 英国政府が金融危機に対応できなかったことについて、同日のThe Times紙に実際に掲載された記事の見出しを引用しています。 サトシ・ナカモトは実際にコメントはしていませんが、ほとんどの人は、ジェネシスブロックとそのメッセージが彼の声明として機能していると考えています。

Bitcoinのジェネシスブロック

メッセージはとても明確でした。 また、Bitcoinと暗号資産全般に対するサトシのビジョンも同様です。 コミュニティで活動していた短い間、彼は自分のビジョンを人々と共有し続けました。 例えば、中央銀行に対する敵意を露わにしました。金融危機によって証明された通り、中央銀行は人々の信頼に値しないというのが彼の意見でした。 さらに彼は、ピアツーピアのシステムが、人々が特に政府からの自由を取り戻す助けになるだろうと確信していました。

サトシが残したもの:暗号資産市場の始まり

Bitcoinの誕生は、時を経て現在の 暗号資産市場の誕生へとつながりました。新たな活用方法が登場し、代替暗号資産が生まれ、Bitcoinの人気も上昇。

それに伴い、暗号資産を売買するためのプラットフォームを作る必要がありました。 つまり、取引所です。 取引所では、法定通貨を暗号資産と交換、または暗号資産を法定通貨と交換することが可能です。 そして2010年2月には、プログラマーのLazslo Hanyecz氏がBitcoinでピザを購入し、暗号資産で初めて商取引が行われた記念すべき日となりました。 逸話的に思えるかもしれませんが、これはBitcoinに初めて価格が付けられた瞬間であり、ピザ2枚に対して10,000BTC、それは市場価格で20ドルに相当するものでした。

Bitcoinの誕生から2年後、数多くの暗号資産が登場。 ブロックチェーンの可能性を試したり、Bitcoinの機能を改善したりするために、新しい革新的なルールを導入したプロジェクトもありました。 しかし、技術革新は大してもたらされず、成功した事例はほとんどありませんでした。 そして、2015年に登場したEthereumネットワークは、瞬く間に時価総額で第2位の暗号資産に上り詰めました。

暗号資産市場には、6,000種類以上のデジタル通貨が存在し、現在も拡大を続けています。 暗号通貨はゆっくりですが、確実にグローバルになりつつあります。 大手企業はブロックチェーンや暗号資産に投資し、これらへの関心を高めています。 決済手段や価値の保存手段として、仮想資産を受け入れる店舗も増えてきました。 暗号資産は、資金調達の一形態としても利用されています。 財布に暗号資産だけを入れて世界中を旅することも可能です

暗号資産の利用はその価格と同様、急速なペースで増加しています。 そして、これはほんの始まりに過ぎません。 4年前、BTCの価格は1,000ドルにも満たなかったのですから! 変化し続けるこの世界では、より多くの知識を持っているほど自信を得ることができます。 そして、より多くを自分でコントロールできるようになります。 もっと情報収集しましょう!

知識は力となります。

学習を続けることが大切です。 暗号資産とブロックチェーンを面白いと感じる方は、暗号資産の過去最大の1年に関するSchool of Blockのエピソードをチェックしてみてください。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。