秘密鍵とは

読む 3 分
重要なポイント:
— 暗号資産を所有するときに考慮すべき最も重要なことは、秘密鍵をどのように管理するかということです。

— 秘密鍵は、資産が保管されているブロックチェーン上のアドレスへのアクセスを提供するものであり、ブロックチェーンのデータの一部です。

— 秘密鍵へのアクセスは、暗号資産へのアクセスと同義です。資産を安全に保管するには、秘密鍵を安全に保管することが絶対に不可欠です。

— 秘密鍵は、安全に保管すると同時に、取引を行うときなど、必要に応じてアクセスしやすくなければなりません。 この絶妙なバランスを保つのが、ハードウェアウォレットです。

あなたは今、暗号資産の旅における重要なポイントにいます。それは、ブロックチェーン上で所有権がどのように機能するかを理解することです。 暗号資産のセキュリティについて、何か1つだけ読むのであれば、ぜひこの記事に目を通してください。

ブロックチェーンは、誰もがアクセスして資産を保護できるデジタルストレージ空間を作り出すことで、所有権の概念を大きく変えました。 ただし、このシステムには独自の規範、ルール、リスクがあるため、ブロックチェーンを自分で利用する場合は、これらを理解することが最低限必要です。 ここでは、ブロックチェーンにおける所有権の中心的な焦点であり、暗号資産へのアクセスとコントロールを可能にする秘密鍵について説明します。

秘密鍵はどこから来るのか。

これはとても良い質問です。

暗号資産を初めて購入する際には、コインやトークンと引き換えにフィアット通貨を支払うだけでなく、ブロックチェーン上に自分独自のアドレスを作成することになります。 アドレスが作成された時点で、ブロックチェーンは、この新しいアドレス用の公開鍵と秘密鍵の両方を生成します。

これらの鍵はブロックチェーンと暗号でやり取りし、元アドレスに関連するトランザクション情報を暗号化および復号化できます。 しかし、最も重要なことは、秘密鍵がアドレスに保管された資金をコントロールすることです。

暗号化の仕組み

秘密鍵と公開鍵によるブロックチェーンアドレスの管理は、郵便箱と似たような仕組みです。 郵便配達員は、住所(公開鍵)を使ってあなたの居場所を見つけ、投函口に手紙を届けることができます。 ただし、郵便箱から中身を取り出すことができるのは、郵便箱の鍵(秘密鍵)を持っている人だけです。

このシナリオでは、住所を「公開鍵」、郵便箱の鍵を「秘密鍵」、そして手紙を暗号資産またはNFTと考えてください。 あなたの公開鍵を持っている人なら誰でも、あなたにトークンなどを送ることができます。しかし、そのブロックチェーンアドレスと、送られてきたものにアクセスできるのは、秘密鍵を持っているあなた1人だけです。 それによって、あなたが所有者であることが保証されます。これは、ブロックチェーン資産を保護するための極めて重要な要素です。

公開鍵と秘密鍵の仕組み

公開鍵と秘密鍵の違い

公開鍵と秘密鍵は、それぞれ異なる目的で使用されますが、互いに密接に関連しています。 重要な3つのルール:

  • 1つの秘密鍵で複数の公開鍵(または受取アドレス)を生成可能
  • 公開アドレスで送信された情報には、対応する秘密鍵の所有者だけがアクセス可能
  • 秘密鍵を所有している限り、公開鍵を復元することが可能です。 しかし、公開鍵だけでは秘密鍵を見つけることはできません。 これによって資産が安全に守られます。

ここで最も重要なのは、秘密鍵を紛失すると、資金を失ってしまうということです。ウォレットへのアクセスが不可能な場合、コインの使用や引き出し、送金ができなくなります。 前述したように、秘密鍵を所有していなければ、暗号資産を所有していることにはなりません。 秘密鍵を完全に所有することによってのみ、真の経済的自由が得ることができます。 しかし、自分の鍵を持つということには、その鍵を保護するという重要な責任が伴います。

秘密鍵を保護するには

秘密鍵を保護して所有しなければならない理由を理解したところで、次はその方法について説明します。 暗号資産の所有権を維持しつつ、秘密鍵を安全に保管する方法はたくさんあります。 最も一般的なのは、暗号資産ウォレットを使用する方法です。

暗号資産ウォレットは、ブロックチェーンネットワークと対話するためのツールです。 私たちが紙幣や硬貨を持ち歩くために使っている財布とは異なり、暗号資産の場合、コインやトークンをウォレットの中に実際に保管するわけではありません。 代わりに保管されているのは秘密鍵です。 あなたの暗号資産は、実際にはブロックチェーン上に存在するデータの断片であり、ウォレットを使ってアクセスすることができます。 暗号資産ウォレットを使用することで、公開鍵やアドレスを必要に応じて生成し、支払いを受け取ることが可能です。

暗号資産ウォレットには、ソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットという3つの種類があります。 これらは同じ役割を果たしますが、同等のレベルのセキュリティと所有権を提供するわけではなく、また、同じ機能を提供するわけでもありません。 それぞれに、ハッキングされやすいが使いやすい、使い勝手はイマイチだが非常に安全、などといった異なる特徴を持ちます。 また、暗号資産を自分で所有できるタイプと、できないタイプが存在します。

暗号資産ウォレットを慎重に選択することは非常に重要です。 そして、そのための唯一の方法は、それぞれのウォレットついてしっかり学ぶことです。 もっと詳しい情報をご希望ですか? 次の記事では、これらのウォレットが持つ長所と短所を紹介します。 継続は力なり。

知識は力となります。

自由を得るために、学びを続けていきましょう。 暗号資産とブロックチェーンに興味がある方は、暗号資産を安全に保護する方法に関するSchool of Blockのエピソードをチェックしてみてください。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]