暗号資産を守る様々なオプション

読む 2 分
ハードウェアウォレット
重要なポイント:
— 暗号資産を保護するオプションは様々です
— 取引所のようなホットウォレットやソフトウェアウォレットは、インターネットに接続されているため、ハッカーたちの格好の標的となります。 さらにこの場合、ウォレット内の資産の秘密鍵は第三者によって管理されます。
— 第三者に暗号資産の保護を任せるのは、秘密鍵の管理を託すことと同じであり、リスクが高くなります。
— コールドウォレットとは、インターネットに接続されていないオフラインの暗号資産ウォレットを指します。 これには、ペーパーウォレットやハードウェアウォレットなどの形態があります。
— 暗号資産の世界では、高水準のセキュリティを維持することが不可欠です。ハードウェアウォレットは、暗号資産を安全に保管するための最も安全なソリューションとなります。

初めてコインやNFTを購入したばかりですか?Ledgerにおまかせください。暗号資産を保護するための、さまざまなオプションをご紹介します。


暗号資産ウォレット業界は、多数のウォレットの登場により飽和状態となっています。 暗号資産のエコシステムでは、主に「ホット」ウォレットと「コールド」ウォレットの2種類に分かれています。 この2つには、どのような違いがあるのでしょうか?

ホットウォレットとコールドウォレットの比較

ホットウォレット

ホットウォレットとは、モバイルデバイスやノートパソコン、デスクトップパソコンから簡単にアクセスでき、ユーザーフレンドリーなインターフェースで暗号資産を簡単に送金できる保管用ウォレットを指します。 しかし、これらのウォレットは非カストディアルであり、ウォレット内の資産の秘密鍵は第三者が管理します。 これは信頼できる第三者がセキュリティホールとなるため、セキュリティ上の脆弱性が発生します。

さらに、ホットウォレットはインターネットに接続されているため、管理する第三者のセキュリティ対策を破壊し、ユーザーの資金を盗もうとするハッカーの格好の標的となります。これは、暗号資産エコシステムにおける数々のハッキングの事実からも明白です。

ホットウォレットはモバイルユーザーや少量の暗号資産を便利に送金できるため、高い人気を誇っています。 しかし、その安全対策を信用してホットウォレットに大金を保管することなどは絶対に避けるべきです。 ホットウォレットには、物理的な財布と同じように一度に少額の現金のみ保管するようにしましょう。

ホットウォレット - オンラインウォレット

コールドウォレット

ホットウォレットとは逆に、コールドウォレットというものもあります。 暗号資産を安全に保管するためのコールドウォレットは、(インターネットに接続されていない)オフラインのデジタル資産ウォレットに代表されるもので、多くの場合ハードウェアデバイスやペーパーウォレットの形態を取っています。

コールドウォレットは完全にオフラインであるため、より高いセキュリティレベルを提供します。

Ledgerのようなハードウェアウォレットは、強固なセキュリティのスタンダードとなる製品です。 ユーザー、取引所、プロジェクトのすべてが、暗号資産の長期保管のソリューションとしてハードウェアウォレットを採用しています。

コールドウォレット - オフライン

ハードウェアウォレットのセキュリティ

ハードウェアウォレットとは、暗号資産やデジタル資産を安全かつ便利に保管するための暗号化されたオフラインのデバイスです。

暗号資産業界では、ハードウェアウォレットが優秀な暗号資産のセキュリティソリューションであることが広く認知されています。 まず、ハードウェアウォレットは暗号化された物理的デバイスであり、物理的およびデジタル的な改ざんを防ぐ最先端のセキュリティ対策が施されています。 次に、非カストディアルのウォレットとしてオフラインのままであることからハッカーにさらされる危険が少なく、同時に所有者だけが資産にアクセスできる対象を制御することができます。

たとえ少額しか保有していなくても、暗号資産を保護する方法としてハードウェアウォレットストレージに勝るものはないため、これが最善策といえるでしょう。 鍵は常に自分で管理するようにし、「鍵を持っていないならBitcoinを持っていないのと同じ」というモットーをいつも心に留めておきましょう。

セキュリティの脆弱性が蔓延する業界において、資産を安全に保管・管理するにはハードウェアウォレットを選ぶべきだと言えます

Ledger Nano X

知識は力となります。

自分を信じて学び続けましょう。 暗号資産やブロックチェーンについてさらに知りたい方は、School of Blockで暗号資産を安全に保管する方法についてのビデオをご覧ください。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]