ブログ記事, 製品最新情報 | 2022/05/25

LedgerとFTXの提携により、Ledger Liveによるレバレッジとトレーディングを実現

LedgerとFTXの提携により、暗号資産トレーダーはもう利便性とセキュリティのどちらかを犠牲にする必要はありません

2021年12月9日(フランス、パリ) 世界で最も人気のあるハードウェアウォレットを世に送り出し、Web 3.0へのゲートウェイでもあるLedgerが、世界有数の暗号資産取引所であるFTXとの提携を発表しました。 この提携により、Ledgerの安全なセルフカストディアプリであるLedger Liveを通じてFTXの流動性、レバレッジ、取引オプションが利用できるようになりました。 この統合により、150か国のLedger Liveユーザーは、低額の手数料で自分の資金の主導権を完全に握りながら300の暗号資産ペアで取引することが可能になります。

暗号資産の投資家にとって、自分の資産へ簡単にアクセスすることとその安全性を確保することは、ジレンマとなります。 ハードウェアウォレットが圧倒的に安全であることは周知の事実です。一方で、多くの人は頻繁に資産を取引する傾向にあり、ウォレットへの資産の出し入れは余計な手間、または時間の無駄と考えるのではないでしょうか。 今回のFTXとLedgerの提携で、資産を完全に保護したまま迅速に取引にアクセスすることができるようになり、この問題が解決されます。

FTXの創業者兼CEOであるSam Bankman-Fried氏は、こう述べています。「これは暗号資産取引における重要なイノベーションとなるでしょう。 投資家は、流動性、レバレッジ、取引オプションを犠牲にすることなく、より高いセキュリティとセルフカストディのソリューションを求めています。FTXとLedgerの提携により、資産を完全に保護したまま取引への迅速なアクセスを提供することが可能となり、需要にお応えできるようになりました。」

「Ledgerは、真剣な暗号資産投資家にとって第1位の選択肢です。全暗号資産の15%以上が、2014年以降に販売された400万台以上のLedger Nanoによって保護されています。」とLedgerのCEO、Pascal Gauthierが付け加えました。 「かつては、資産を取引所に移し、取引が終わったらまた戻すという作業が必要でした。今では、真剣なトレーダーや投資家はLedger Nanoのセキュリティに保護されながらすべてを直接、適切に行うことができるようになりました。」

FTXの高度な機能を活用できるよう、商品の使いやすさとスピードを第一に考え、FTXプラットフォームへの入金と出金を実現しました。 これにより、BTC-ETHやBTC-SOLを含む300以上の取引ペアにアクセスすることができます。 全リストはこちらからご覧ください。

今後数週間のうちに、FTXとLedgerは暗号資産の世界をより身近にすることを目指し、提携の具体的な方法についてより多くの情報を共有していく予定です。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。