USDCのレンディング

USDCのレンディングでお金を稼ぐ

暗号資産を貸し出すことで、現在使用していない資産から不労所得を得ることができます。

貸し手は、暗号資産の利子を受け取ることが可能。長期保有している資産で、不労所得を得るのに最適です。 また、借り手としてレンディングエコノミーに参加することも可能です。 これにより、保有する暗号資産にレバレッジをかけたポジションを取ったり、短期的な流動性を得ることができます。

レンディングについて学ぶ

USDCのレンディング

Ledgerハードウェアウォレットから、安全にAaveとCompoundでUSDCをレンディング

AaveまたはCompoundレンディングアプリのページにアクセスし、右上の「Connect」をクリックします。 Ledgerのオプションを選択します。 その後、ハードウェアウォレットで保護されたUSDCをレンディングすることができます。 レンディングでは、cUSDC(Compound)またはaUSDC(Aave)と引き換えにスマートコントラクトにトークンを預けることができます。 これらは、資産および利息に対する貸し手の請求権を表すものです。

Ledgerを利用したCompound、またはAaveによるレンディングのメリット


安全性

ハードウェアウォレットはcUSDCとaUSDCを保護します。 レンディングの間は、誰もあなたの資産の権利を主張することはできません。

主導権を握る

CompoundやAaveで暗号資産を貸し出すだけでなく、Ledger Liveアプリのパートナーから資産を購入・取引・運用することも可能です。

1,800種以上の資産に対応

Ledgerウォレットでは、1,800種以上のコインとトークンを安全に管理できます。 Bitcoin、Ethereum、XRP、その他多数。

ハードウェアウォレットの購入

レンディング時にハードウェアウォレットが必要な理由

暗号資産を所有している場合、実際に所有しているのは、ご自身のコインにアクセスするための秘密鍵です。 この鍵は、銀行のキャッシュカードや現金と同様に、安全に保管する必要があります。 例えば、取引所などオンラインで暗号資産を保有・レンディングする場合、取引所がこの鍵を管理することになります。

暗号資産ウォレットは、秘密鍵を保護・管理するのに役立ちます。 Ledgerハードウェアウォレットは、暗号資産を所有して安全に保管するための最良の方法です。 暗号資産を安全にオフラインで保管できる唯一の暗号資産ウォレットで、ハッカーの攻撃から守ります。

ハードウェアウォレットが必要な理由

暗号資産でできること

Ledgerのパートナーで、暗号資産を保護・管理・運用しましょう。 LedgerウォレットとLedger Liveなら簡単です。

購入

パートナーを利用してLedger Liveで暗号資産を購入することができます。

詳細はこちら

スワップ

Ledger Liveでは、パートナーを使ってある暗号資産を別の暗号資産と取引できます。

詳細はこちら

ステーキング

Ledger Liveでは指一本動かすことなく暗号資産の報酬を得ることができます。

詳細はこちら

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]