MyCrypto

Ledger対応サードパーティ Wallet

サードパーティにLedgerデバイスを接続することで、安全に残高の表示とトランザクションの管理。を保管することができます。


ウォレットを見る

LedgerデバイスでMyCryptoを設定する方法
assets_screen_myCrypto
assets_logo_myCrypto

基礎知識: MyCrypto

MyCryptoはEthereumに特化したウェブウォレットで、LedgerのユーザーはEthersやすべてのERC20トークンを保有することができます。 オープンソースのウェブベースのウォレットアプリケーションであるMyCryptoを使えば、秘密鍵をオフラインにしたまま、膨大な数のEthereumベースのトークンを管理することができます。 ERC20トークンとの取引には、取引手数料としてEthereumが使用されます。


MyCrypto.comに移動する
Hardware wallet

ハードウェアウォレットが必要な理由

暗号資産を所有している場合、実際に所有しているのは「秘密鍵」であり、これはブロックチェーンネットワーク上で発信される取引承認に使用される重要情報です。 鍵を知っている人なら、関連する資金を自由に使うことができます。 そのため、「自分の秘密鍵でなければ、自分のBitcoinではない」という名言もあります。 秘密鍵を自分で管理することで、大きな自由とコントロールを得ることができます。


詳細はこちら

Ledgerを選ぶ + MyCrypto


セキュリティの強化

最先端のセキュリティで秘密鍵を管理


ポートフォリオを見る

Ledgerデバイスで、リアルタイムに残高を確認してトランザクションを安全に行いましょう。


ERC-20をスワップする

MyCryptoでは、フィアット通貨を暗号資産やETH、ERC-20に簡単にスワップすることができます

Ledgerハードウェア

製品を見る

暗号資産の安全な保護を目的に、Ledger Nano SとLedger Nano Xという2つのハードウェアウォレットを設計しました。
1つのハードウェアウォレットで、複数の暗号資産を保護された安全な環境で管理できます。


最先端の
セキュリティ


シンプル


マルチ通貨

Ledger Nano S

Ledger Nano S

業界初、そして唯一独立機関による
認証を取得したハードウェアウォレットが、大切な資産を保護します。


詳細はこちら
Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xは、暗号資産を安全に保護するための新しいBluetooth対応デバイスです。


詳細はこちら

大量の暗号資産を所有している場合は、ハードウェアウォレットが必要不可欠なストレージソリューションとなります。 その場合、Ledgerを強くおすすめします。

Taylor Monahan, Founder & CEO of MyCrypto

Ledger Live

Ledgerハードウェアウォレットのパートナー。

独自のデスクトップおよびモバイルアプリであるLedger Liveでは、デバイスの設定や資産を管理することができます。


詳細はこちら
ledger-live-mobile-desktop

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]