ブログ記事, 企業ニュース | 2023/05/24

Ledger Recover:Ledger会長兼CEOのPascal Gauthierによるメッセージ

皆様へ、Ledger Recoverの発表に関する懸念や、今後の改善策を共有させていただきます。

Ledgerは、デジタル資産の世界をセキュリティで支えながら、より多くの人々に「使いやすい機能へのアクセスを提供する」という使命を掲げ、過去2年間にわたり、セキュリティ面で大きく前進してきました。 これは、Ledger Recover, Provided by Coincoverにおいても同様に引き継がれます。

しかしながら、Ledger Recoverに関する情報においてコミュニケーションのミスが生じ、私たちの意図しない形で皆様を驚かせてしまう結果を招いてしまいました。成長する暗号資産コミュニティおよびLedgerの将来のサービスを正確に理解する皆様へ、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません。 本件につきまして、 深くお詫び申し上げます。 もっとも皆様を驚かせる意図は全くなく、このような事態を防ぐために私たちはこのサービスについて1年以上にわたって公に話し合ってきました。 当社は、この経験から学んだ多くのことを、今後のコミュニケーションの改善に活かしてまいります。

私たちは、Ledger Recoverのようなサービスの必要性を心から信じています。この分野において10年以上携わってきた私は、誰もがデジタル資産において自己主権やセルフカストディを維持可能なシステムを構築する責任があると考えています。 これこそが、暗号資産の精神だからです。 そして、暗号資産のセルフカストディ導入における主な問題点は、まさにシードフレーズの復元問題です。 暗号資産のユーザーの大多数は、自分の秘密鍵を所有していないか、安全性の低いセルフカストディまたは使いにくい形によるシードフレーズの保護が原因で、秘密鍵を危険にさらしています。

繰り返しますが、私たちの使命は暗号資産を安全で使いやすいものにすることです。 これは、正しい方法で共に実行する必要があります。

今後の解決策は何でしょうか?

セキュリティと透明性の向上です!

Ledgerは、セキュリティに関して決して妥協しません。 Ledgerは、Consumer Reportsにて最高のハードウェアウォレットに選出され、セキュリティ専門家によって強化された唯一の認証済みハードウェアウォレットです。 当社は、妥協を許さない品質と改良により、お客様の資産を管理する秘密鍵を10年近く保護してきた経験を持ちます。 セキュリティに関しては、長期にわたる耐久性の証明が不可欠です。 当社のDonjonセキュリティチームは、Ledgerの経営陣から完全に独立した形で、Ledgerのファームウェアとハードウェアのアップデートのみならず、エコシステム全体のアップデートに尽力しています。 これは、今後も変わることはありません。

次に、透明度を上げてみましょう。

Ledgerのコードベースの大部分はすでにオープンソースです! オープンソースは必ずしもセキュリティ機能になり得るとは限りません。 (これに関しては、Ledger共同創設者のÉric Larchevêqueが 詳細をツイートにて説明しています。興味のある方は、 併せてご確認ください。)一方で、開発者やセキュリティ専門家がコードをレビューし、悪意がないことを確認するのに役立つ透明性機能であることは間違いありません。

現在、150のLedger Nanoアプリケーション、Ledger Live、およびオペレーティングシステムの一部 (コードはこちらのGitHubで参照可能) は、すべてオープンソースです。 より多くの開発者が安全なオペレーティングシステム上で構築を続けることが不可欠であり、提出された大量のアプリは、Donjonセキュリティチームによって審査されています。

未来の展望は?

私たちは、可能な限り多くのコードをオープンソース化し続けることを常に意識してきました。 オープンソースへの取り組みは、Ledgerの価値観の1つである透明性と結びついています。

私たちは、一刻も早くオープンソース化を達成することを決断しました。 OSのコアコンポーネントをはじめ、可能な限り多くのLedgerのオペレーティングシステムを含む予定です。なお、Ledger Recoverは、この作業が完了するまでリリースされません。 さらに、Ledger Recoverプロトコルをオープンソース化し、サービスが完全にオプションであることに加えて、セルフカストディにおいて可能な限り多くの選択肢を持てるように取り組みます。 このロードマップは、CTOとエンジニアリングチームによって共有およびアップデートされます。

暗号資産ユーザーの皆様へ、セキュリティとセルフカストディを提供し、共に前進できるように取り組んで参ります。 私たちは、常にお客様の声に耳を傾けてきました。今後も迅速にロードマップを進める予定ですが、Ledgerのセキュリティは変わりません。 お伝えしたいことは、すべての取り組みは、今後の透明性の工場に繋がっていることです。これによって、デバイスのセキュリティが変わることはありません。 なお、資金への不正アクセスを防ぐために、追加のセキュリティ対策を使用したい場合は、パスフレーズ機能を有効化することも可能です。これは、Ledger Recoverバックアップには含まれておらず、完全にトラストレスな機能となります。

改めまして、多数のご意見をお寄せいただきありがとうございます。 皆様からのご意見は、Ledgerをより良い会社への成長に導き、コミュニティ全体の強化に繋がります。

そして、私たちは引き続き、ユーザーの皆様とともに「安全で使いやすい暗号資産」の環境構築に取り組んでまいります。

Onward(前進)!

Ledger会長兼CEO、Pascal Gauthier

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。


お客様のメールアドレスは、ニュースレターの配信、アップデートおよびキャンペーン情報の送信にのみ使用されます。ニュースレターに記載されたリンクから、いつでも購読を解除することが可能です。

データの管理方法とお客様の権利については、こちらをご覧ください。