ブログ記事, 製品最新情報 | 2022/05/25

シードフレーズを保護するには

Cryptosteelによるシードフレーズの保護

自分の暗号資産の主導権を完全に握るということは、自分なりの方法で資産を保護できるということです。 そして、暗号資産の資金の最大のセキュリティは、暗号資産ウォレットのシードフレーズ(リカバリーフレーズとも呼ばれる)と連動しています。

暗号資産は革命的です。 Ledger Nano Xのようなウォレットに保有する場合、あなたはご自身のお金を管理する唯一の人となります。 銀行とは異なり、ご自身の意志で資金を管理・取引することができます。 仲介者なしでお金を管理することができるのです。 ただし、大きな力には大きな責任が伴います。

この記事では、シードフレーズの概念と、その安全性を最大限に確保する方法についてご紹介します。

シードフレーズとは何で、なぜ安全に保管しなければならないのでしょうか?

シードフレーズは、12、18、または24単語のフレーズで、保有するすべての暗号資産の秘密鍵の中核となる存在です。 例えるなら、ホテルの支配人が持つマスターキーのようなものです。 すべての部屋の鍵を紛失したとしても、マスターキーがあればどんな鍵でも開けられます。

つまり、シードフレーズが秘密鍵の唯一のバックアップであり、これにより暗号資産へのアクセスが可能です。 ハードウェアウォレットを紛失しても、PINを忘れたとしても、シードフレーズがあれば秘密鍵と暗号資産へのアクセスを復元することができます。

例えば、Ledger Nano Xウォレットを使って暗号資産を保有しているとしましょう。 仕事から帰宅したある日、ウォレットをどこかに落としてしまったことに気づきました。 どうすればいいのでしょうか? 暗号資産は永久に失われてしまったのでしょうか?

慌てる必要はありません。 シードフレーズをお持ちであれば大丈夫です。

バックアップデバイスやその他の方法で、すぐに資金を復元することができます。 新しいウォレットを手に入れたら、シードフレーズを入力すればすぐに秘密鍵と暗号資産が再び自分のものになります。

しかし、ウォレットの設定時にシードフレーズを安全に保存しておらず、必要な時に見つけられなかった場合の恐怖を想像してみてください。 その時初めて、事態は深刻なものとなります。 暗号資産を永久に 失ったことを意味するからです。

このような事態を避けるため、可能な限り安全な方法でシードフレーズを保管することが重要です。 以下でその方法をお知らせします。

シードフレーズを安全に保管するには?

この話を始める前に、まずは2つのことを明確にしておきましょう。

  1. ウォレットに表示されているシードフレーズは、一字一句正確に書き留める必要があります。 たった一文字間違っただけでも、暗号資産へのアクセスを永久に失うことになりかねません。
  2. シードフレーズはインターネットに接続されているアプリケーションやデバイスには絶対に保存しないでください。 オフラインで保存するのが最も安全な方法です。

それではさっそく見ていきましょう。

多くの人は、シードフレーズを紙に書いて他のメモと一緒に保管しています。 しかし、そのようなメモはなくしやすいものです。 もしくは、意味不明の記号が書かれたメモを同居人がうっかり捨ててしまったり、ペットの犬が食べてしまうかもしれません。 1000万円札などの高額紙幣が存在しないのには、それだけの理由があります。

そのような紙切れに暗号資産の安全性を託してもよいのでしょうか? 答えはNOです。 すべての資金にアクセスできる鍵を紙に書き、無防備に放置しておくのはよくありません。

シードフレーズを紙に書いて保管する場合は、金庫や銀行の貸金庫の中に保管する必要があります。 そうすることで、必要なときに必要な情報を手に入れられます。 デジタルで保存したい場合は、ドキュメントを作成して誰にも見せないフラッシュドライブやインターネットに接続されていないデバイスに保存することも可能です。

セキュリティに敏感な暗号資産ユーザーの中には、より長く使えるよう鉄板にシードフレーズを刻む人もいます。 紙よりも長持ちし、安全性も高いためです。 しかし、1日かけてフレーズを金属板に刻むことに時間をかけることを想像してみましょう。 実行したいと思える人は少ないのではないでしょうか。

Cryptosteel Capsule—シードフレーズを鋼のセキュリティで保護

自力で金属板にシードフレーズを彫刻するよりも簡単な方法は、Cryptosteel社の彫刻済みマイクロスチールタイルを購入することです。 タイルには最大123文字のデータを安全に保存するために設計された、円筒形のバックアップツールであるCryptosteel Capsuleが付属しています。 外装とタイルには頑丈なステンレスを使用して耐久性に優れており、シードフレーズを大切に守ります。 火や水、衝撃に強いカプセルです。

過酷な環境からシードフレーズを守るために作られたCryptosteel Capsuleは、コンパクトサイズで、安全な場所に隠すことができます。 アウターケースを開いても24単語のリカバリーフレーズを一見して読み取ることはできません。 これにより、誤って自分のシードフレーズが誰かに知られてしまうことはありません。

カプセルの中に目的の文字が入ったタイルを正しい順序で挿入することで、24単語のシードフレーズを確認できるようになります。 セパレータータイルを使って各単語を区切ることで、フレーズをさらに整理することもできます。 シードフレーズをカプセルに入れておけば、水害や火災にも対応できるため安心です。

シードフレーズや暗号資産に最高峰のセキュリティを希望する方は、Cryptosteel Capsuleをこちらからご購入ください。 Ledgerウォレットと一緒に購入すれば、 ウォレットをセットアップする瞬間から安全性を確保することができます。

オフラインが確実

すでにお伝えしたとおり、インターネットに接続されたデバイスにシードフレーズを保存することは決しておすすめできません。 常にオフラインで保存しましょう。 紙に書き留めたり、ドキュメントをオフラインでフラッシュメモリに保存することもできますが、Cryptosteelのスチールカプセルならシードフレーズのセキュリティをさらに高めることができます。 選択はあなた次第です。スチール級のセキュリティと紙のセキュリティ。どちらを選びますか?

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]