ブログ記事, 製品最新情報 | 2022/05/25

Cardano: Ledger NanoがMaryハードフォークに対応

Maryハードフォーク

LedgerはVacuumlabsおよびIOHKのCardanoアプリケーションの新しいアップデートを監査、公開しました。 このアップデートにより、Cardanoブロックチェーン上でスマートコントラクトを作成するためのMaryハードフォークへの対応が可能になりました。

Maryフォーク:CardanoのGoguen開始における大規模アップデート

ADA所有者の皆さんならすでにご存知かと思いますが、HFC(ハードフォークコンビネータ-)イベントにより、3月1日にMaryのハードフォークが展開され、プロトコルが途切れることなく接続されるようになりました。 通常、ハードフォークは以前のプロトコルの終了を意味します。 しかし、HFCにおいてCardanoは、ByronShelleyのブロックをMaryプロトコル内に保持します(新しいコインやユーザーの操作は必要ありません)。

Maryプロトコルは、Cardano上で複数資産およびネイティブトークンの機能を実現します。

これによりユーザーは誰でも代替性トークンや非代替性トークンを作成することができ、Cardanoでの新しい暗号資産の生成や様々な種類のデジタルおよび物理的資産のトークン化をサポートします。

Goguenフェーズの次のステップは、スマートコントラクトの統合です。 これにより、大規模な分散型アプリケーションの開発と利用が可能になります。 このおかげで、Cardanoはブロックチェーン上で多くのDeFiおよびNFTプロジェクトを開始することが可能となりました。

LedgerはCardanoの未来へ対応

シームレスな体験を提供するため、VacuumlabsおよびIOHKは、Cardanoアプリケーションのアップデートを提供しました。 このアップデートは、Ledger Nano SとLedger Nano Xの両方向けにLedger Liveで直接入手できます。

新しい2.2.0バージョンでは、ADA LiteYoroiDaedalusなどのサードパーティ製ウォレットで、Nanoのセキュリティを確保しながらコインを管理することができます。

さらに、今回のアップデートではMaryのハードフォークへの対応も統合。 Ledgerのユーザーは、ADAコインとCardanoブロックチェーン上で作成された将来のトークンをサポートできるようになります。 これはEthereumERC-20トークンの標準機能と同様です。

Goguenとその未来に今後もご期待ください。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]