ブログ記事, 企業ニュース, 製品最新情報 | 2022/11/23

LedgerがNFTサービスを拡大:Ledger 「Market」がまもなく登場し、「Enterprise Create」が稼働


詳細:

当社はNFT革命を牽引し、ユーザー、クリエイター、ブランドの皆様が、安全かつ完全に暗号資産を制御し、主権を維持しながら、暗号資産と対話する未来を実現することを使命としています。

-この未来は実現可能ですが、成功させるには、安全かつユーザーフレンドリーなエンドツーエンドのWeb 3.0プラットフォームが必要になります。 1年に2度開催するイベント「Ledger Op3n」では、2つの重要な構想を発表しました。それは、ユーザー、クリエイター、ブランド、企業の皆様が、完全なセキュリティと所有権でこの新しい世界に取り組むことを可能にするためのものです。

Ledger Market は、アーティスト、ブランド、ユーザーの皆様がNFTをシームレスかつ安全に作成、保管、配布することを可能にする、新しい配信プラットフォームになる予定です。 Ledger Marketは、この拡大し続ける世界と安全に対話しながら、NFTをミントして購入できる唯一の安全な場所になるでしょう。 今後の様々なドロップ(リリース)に向けた当社のアクセスリストにぜひご参加ください。 こちらをご覧ください。

Ledger Enterprise Createは、Ledger Enterpriseが立ち上げ、現在稼働しています。これは、ブランドがNFTに重点を置いてWeb 3.0運用を拡張するためのセキュリティ拡張プラットフォームで、必要な財務管理、NFT作成、所有権機能を提供するものです。

キーノート、パネル、アナウンス動画を含むOp3nの完全なプレイリストへのアクセスはこちら

Ledger Market:アーティスト、ブランド、ユーザーの皆様を対象としたエンドツーエンドのWeb 3.0配信プラットフォーム

NFTは現在、利便性がセキュリティより優先されるため、詐欺が多発しています。 ブランドやNFTアーティストは、セキュリティ基準が弱い大きなマーケットプレイスに従う以外に選択肢がありません。 それに加えて多くのNFTプロジェクトがありますが、現在のマーケットプレイスにはプロジェクトが大量にあるため、ほとんどのコレクションは次のBeeple、Punk、mferを探している人たちに見られたり、入札されたりすることはありません。 実際、OpenSea NFTの98.2%は一度も入札されたことがありません。 98.2%とは、非常に厳しい数字ですよね。

そこで発表するのがLedger Marketです。これは当社の新しいWeb 3.0配信プラットフォームで、誰もが、NFTをシームレスかつ安全に作成、保管、配布できます。これは毎月の限定ドロップ、カスタムLedgerコラボ、製品ドロップを備え、最もプレミアムで安全なNFTマーケットプレイスの提供を実現します。

Ledger Marketは、この拡大し続ける世界と安全に対話しながらNFTをミントして購入できる、唯一の安全な場所になるでしょう。

LedgerのMetaverse & Web3のVPであるSebastien Badault氏は、「Ledger Marketの価値提案は3倍です。第一に、Ledgerの世界クラスのセキュリティ基準に基づいて構築されています。NFTは素晴らしく愛着を抱くものであるため、詐欺師によりこれらを失うことは避けなくてはなりません。完全に。第二に、Ledger Marketは包括的であるように構築されています。クリエイターやブランド、初心者もアクセス可能です。第三に、Ledger Marketは、ミンティングから保管まで、NFTの真の所有権と制御を、すべての業界プレーヤーにとって可能にするターンキーソリューションです。」と述べています。

発表されたローンチパートナーには、Brick、LVMHのTag Heuer、主要なNFTプロジェクトのDeadFellaz、RTFKTなどがあります。 今年の夏、Genesis Pass NFTが初ドロップされます。これは、2022年の夏、Ledger Marketにドロップされる初のNFTとなります。 Genesis Pass NFTを使用すると、Ledgerの限定版と引き換え、今後のドロップに早期アクセスできます。 Ledger Marketは、NFT取引の明確な署名を提供し、透明性と説明責任を向上させ、ユーザー様に表示されるものが、ユーザー様が署名したものであることを保証するのに役立ちます。 こちらからアクセスリストに参加できます。

Connected Watchesビジネス部門のマネージング・ディレクター、Teddy Florent氏は次のように述べています。「TAG Heuer Connectedウォッチが、現実世界のデジタルコレクションをお客様の手首に収める理想的なお伴としてリリースされるのを誇りに思います。また、Ledger社とのパートナーシップにより、プルーフ・オブ・オーナーシップ(所有権証明)を提供するのも誇りに思います」

「BRICKは、当社の最初のリリースでLedger Marketplaceと提携することを強烈に宣伝しています。スタイル、テイスト、キュレーションに関して、Ledgerは、Web 3.0空間をナビゲートしながら、他を圧倒していることが証明されています。Ledgerの理念は、若者に様々なツールや知識を提供するコミュニティ主導のスペースを構築するという文化的観点から、BRICKと一致しています。これらを踏まえて、この新しいパートナーシップでどんな未来が待っているのか、楽しみでなりません」-Brick

私たちは、Deadfellaz、Babylon、Steppnといった広範かつ重要なコミュニティと提携し、そのメンバーにプラットフォームを宣伝し、特定のGenesis Mint Passesの配布割り当てを保証してもらう予定です。

Ledger Market Pass-Genesis EditionはNFTです。これには、Ledger Marketの限定コラボ、限定ハードウェア、Ledgerアーティスト・イン・レジデンス・プログラム(創作交流活動)によるアートNFTのエアドロップなどのアクセスが含まれます。 各トークンには、限定版Black-On-Black Ledger Nano Xと引き換える機能が付属しています。

Genesis Passのミントは7月に行われます。 こちらからアクセスリストに参加できます。

これは重要な旅の始まりであり、当社はお客様により安全なツールを提供する時を心待ちにしています。 Ledger Marketにお迎えすることを楽しみにしています。 どなたも利用可能であり、Ledgerユーザーは、Ledger Liveを介して安全に接続し、トランザクションに明確な署名をすることができます。これは、究極のセキュリティを確保するために推奨される使用法です。

こちらをクリックして、今後のドロップ用の当社のアクセスリストに参加できます。

Ledger Marketは最も安全な配布方法となりますが、セキュリティエコシステムを完成させるには、ブランドはデジタル価値を安全に拡張する方法を知る必要があります。

Ledger Enterprise Create:ブランドと企業がデジタル価値を拡大するための当社の新しいソリューション

クリエイターやデイリーユーザーに加えて、ブランド、慈善団体、金融機関などのNFT参入者が増え、デジタル所有権の真の価値を認識し始めています。 様々な組織によるデジタル価値の確保および拡大を目的とするLedger Enterpriseにとって、NFTは成長に向けた重要な顧客セグメントです。

デジタル世界でのエクスペリエンスを向上させるために、Ledger Enterpriseは、「Enterprise Create」を構築することに決めました。これはNFT管理プラットフォームで、現在稼働中です。 これにより、あらゆる業界のプレイヤーが各自のWeb 3.0価値を管理、作成、所有、保護できます。 当社の新しいNFT管理プラットフォームにより、ブランドや機関の皆様は、スマートコントラクトの作成と所有、トークンとNFTのミントと配布、暗号資産の財務管理が可能になります。これらはすべて、最先端のガバナンスとセキュリティ基準に基づいて構築された、単一のプラットフォームから行えます。

Ledger Enterprise Createの中核機能の中には、暗号資産の安全な購入と管理、完全なカストディとガバナンスによるNFTスマートコントラクトとトークンドロップの管理、単一プラットフォームからのNFTとトークンのミント、バーン、取引、保管、さらに、独自のソリューションやインターフェース、プロセスの構築と自動化を、Ledgerセキュリティを中核に実現できる機能が含まれます。

LedgerのEnterprise部門責任者であるAlex Zinderは次のように述べています。「当社の新たなWeb 3.0プラットフォームは、NFTを最優先事項として、あらゆる個人や企業の皆様にお届けします。少数の忠実なフォロワーから、何千人ものファンにサービスを提供する世界的に有名なクリエイターに成長したアーティストの方であれ、デジタル価値が所有権とエンゲージメントの未来であると認識している主要なグローバルブランドであれ、Enterprise Createは、Web 3.0運用の拡張を支援する、唯一の完全に安全なエンドツーエンドのソリューションです。」

詳細については、こちらをクリックしてください。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]