ブログ記事, 製品最新情報 | 2022/05/25

Ledger Nano S: 新ファームウェアバージョン2.0.0を今すぐダウンロード!

LNS

LedgerがNano Sファームウェアの新アップデートをリリースしました。 バージョン2.0.0では登録時のエクスペリエンスが一新され、サードパーティサービスからEthereum2.0用のデポジットコントラクトを検証できるようになりました。

Ledger Nano Sのファームウェアバージョン2.0.0がリリースされました! 今回のアップデートでは、デバイスのセットアップから全体的なエクスペリエンスが向上しています。

新設計で設定がさらに便利に

今回のアップデートでは新たなオンボーディングフローが導入され、新ユーザーが簡単・便利に開始できるようになりました。 今回の変更は製品やセキュリティへの理解を深めることを目的としたものです。 バージョン2.0.0では、デバイスの盗難や紛失の際に唯一のバックアップとなる、24単語のリカバリーフレーズ を書き留めるという重要なステップが、よりシンプルでわかりやすくなりました。 何度も同じことを繰り返して恐縮ですが、24単語のリカバリーフレーズは決して第三者に明かさないでください!

また、リカバリーフレーズの表示と承認の前後に追加の画面が表示されるようになりました。 24単語の確認事項も簡略化され、より短くなっています。 今後はリカバリーフレーズの24単語それぞれに対して、4つの単語の中から選択する形となります。 24単語すべてを、1つずつ探して確認する必要がなくなりました。

Control Center機能とETH2.0に対応

Ledger Nano Xの始動を受け、今回のLedger Nano Sのアップデートには新機能と改良が追加されました。 Nano XのControl Center機能が、Nano Sにも搭載されました。

Ledger Nano Sの両方のボタンを長押しすると、Control Centerにアクセスできるようになります。 Control Centerを利用することで、設定へのアクセスやデバイスのロック、デバイス上でのアプリ削除など、さまざまな機能を直接実行できます。

先日のLedger Nano Xリリースに続き、このNano Sの新しいファームウェアバージョン2.0.0ではxViaアルゴリズムEIP2333もサポートしています。 このクリプトグラフィック機能により、Ethereum 2.0のデポジットコントラクトトランザクションをNano S上で直接、安全に署名することができます。

改善されたユーザーエクスペリエンス

より簡単に、より安全に、より楽しい体験を提供することが常に私たちの目標です。 そのため、今回のNano Sファームウェアのアップデートでは複数のUXおよびUIの改善が追加されました。

アプリケーションのダウンロードを分かりやすくするため、デバイスの画面上に進行バーが表示されるようになりました。

また、セキュリティ設定からPINロックとスクリーンセーバーの起動時間を個別に設定できるようになりました。 この設定を調整するには、両方のボタンを押しながら「Settings」に進み、調整したい内容に応じて「Security」> 「PIN lock」または「Screensaver」を選択してください。 既定では両方のタイミングが従来と同じ値に設定されていますが、ご希望に合わせて変更することができます。

今回のアップデートがもたらす様々な改善点(オンボーディング、アルゴリズム、UXなど)によりオペレーションシステムの規模が拡大しました。 ただし、この増加分を補うため、大部分のコインアプリのサイズが縮小しました。

Nano Sを最新のファームウェアバージョンにアップデートする方法についての詳細は、サポートページをご覧ください。 さらに、Nano Sのファームウェアのアップデート後にEthereumアプリをアップデートする方法については、こちらの専用ページをご覧ください。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]