ブログ記事, 製品最新情報 | 2022/05/25

PolygonがLedger Liveに登場:Maticとトークンを安全かつ簡単に管理・購入・スワップしましょう

Ledger Live polygon 暗号資産

詳細:

Ledgerのハードウェアウォレットで資産を安全に管理しながら、Ledger Live*アプリでMATICとそのトークンを安全に管理・購入・スワップすることが可能になりました。

Polygon (MATIC)は、高速なトランザクションと安い手数料を実現するフルスタックのEthereumスケーリングプラットフォームです。

Ledger Liveを使えば、MATICとトークンを簡単に管理しながらハードウェアウォレットの安全性を利用できます。

ベストで安全な体験を可能にする取り組みとして、世界有数のブロックチェーンであるPolygon (MATIC)がLedger Live*アプリに追加されました。

LedgerからMATICトークンを管理・送付・受取

Ledger LiveアプリでMATICアカウントを作成し、パートナー(MoonPay)からMATICを購入可能です。スワップ(1inchまたはParaswap)して、Ledger Liveアプリから送信すれば、他のウォレットは必要ありません! 便利で安全です。

つまり、Ledger LiveでMATICを最大限に活用できるようになります。 操作は簡単です。 手順はこちら:

  1. Ledger Liveの「Account」タブでPolygonのアカウントを作成する
  2. Ledger Liveで購入するかMATICを自分のアカウントに送信する
  3. Paraswapや1inchでスワップ、もしくはPolygon Chainで新しいコインやトークンを見つける

Polygon:暗号資産業界が求めるフルスタックのEthereumスケーリングソリューション

ご存知のとおり、PolygonはフルスタックのEthereumスケーリングプラットフォームです。 Ethereum互換のブロックチェーンネットワークを構築し接続するためのプロトコルと位置付け、「マルチチェーンのEthereumエコシステムを支えるEthereum上のスケーラブルなソリューションの集約」と表現しています。 簡単に言えば、Ethereumを本格的なマルチチェーンエコシステムに変えることを目的とした、使い勝手の良いプラットフォームです。

MATICトークンは、システムを保護して構造的なガバナンスを可能にします。 新しいMATICを作成してネットワークを保護するために、Polygonはプルーフ・オブ・ステークというコンセンサスメカニズムを使用しています。

Polygonの詳細は、こちらからLedger Academyの記事を参照してください。

資産管理における究極の安全性と利便性を実現

投資者のレベルに関わらず、暗号資産の投資において最も重要なのは、秘密鍵を安全に保管して暗号資産を保護することです。 Ledgerでは、秘密鍵はオフラインでNanoハードウェアウォレットに保管されるため、ハッキングに耐性があります。

セキュリティは絶対的に重要であるものの、それ以外にも考慮すべき点があります。 製品の利便性と使いやすさは、カスタマーエクスペリエンスの核となります。 現在の暗号資産エコシステムは複雑になりがちですが、Ledger Liveを利用することで、一箇所からWeb 3.0の全サービスにアクセスすることができます。 LedgerならMoonPayで暗号資産を安全に購入し、Bitrefillでコインを最大限に活用可能です。 LidoによるETHのステーキングやRainbow.meでNFTを表示、ZerionでDeFiポートフォリオの管理など… その他多数。

随時追加されるLedger Liveパートナーの一覧は、「Discover」セクションでご確認いただけます。

*免責事項:スワップ、レンディング、その他暗号資産のトランザクションは、サードパーティパートナーにより提供されています。 Ledgerは、これらサードパーティサービスの利用に関する助言や推薦を行うことはありません。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]