ブログ記事, 製品最新情報 | 2022/11/03

BinanceがLedger Liveに参入:クレジットカードで80種類以上の暗号資産を安全に購入可能


詳細:

BinanceをLedger Live (デスクトップ) でご利用可能となりました。LedgerとBinanceのパートナーシップが始まります。

80種類以上の暗号資産をクレジットカードで簡単にご購入可能となりました。完全なオーナーシップとセキュリティを確保しながら、複数のブロックチェーンでポートフォリオを拡張できます。

KYC(本人確認手続き)チェックをすでに完了されている場合は、既存のBinanceアカウントを使用して、Ledger Liveで数回クリックするだけで暗号資産をご購入いただけます。

このパートナーシップにより、Web 3.0ライフがより簡単になります。 アプリを切り替えたり、アドレスをコピーして貼り付けたり、BinanceからLedgerに手動で資金を送金したりする必要はもうありません。

– これはパートナーシップの第一歩。 Ledger Live Mobileのサポートや支払い方法を追加予定です。

Binanceが、Ledgerパートナーの急速に成長するエコシステムと、Ledger LiveのDiscoverセクションに加わりました。

世界中の何百万人ものユーザーに信頼され、使用されているBinanceは、VisaやMastercardなどの主要な決済方法に対応し、世界をリードする、法定通貨から暗号資産への決済インフラストラクチャを備えています。

「BinanceとLedgerはデジタル資産分野の真のグローバルリーダーであり、Ledger Live内でBinanceから暗号資産を購入するメリットをユーザーに提供し、妥協を許さないLedgerのセキュリティを提供と組み合わせることは理にかなっています。」と、Ledgerのトランザクションおよびサービス担当副社長であるJean-Francois Rochetは述べます。

80種類以上の暗号資産を簡単かつ安全にご購入

今日時点で、さらに経済的自由を手にする機会にアクセスし、数回クリックするだけで50種類以上の暗号資産をご購入いただけます。またその際に、秘密鍵はLedger Nanoで安全に保管されます。 また、BinanceでKYC(本人確認手続き)をすでに完了されている場合は、追加の認証なしでこのサービスをご利用いただけます。

Binanceユーザーの場合:

必要なものすべてを1つのアプリで入手 – Binanceで暗号資産を購入してから手動でLedgerに転送する必要はありません。 Binanceで既にKYC(本人確認手続き)チェックを完了している場合は、既存のBinanceアカウントを使用して、Ledger Liveアカウントに入金できます。

Binance以外のユーザーの場合:

両方の長所を生かせます。魅力的な手数料とBinanceの利便性を、Ledgerの世界をリードするセキュリティおよびセルフカストディと融合します。

注意:Binanceアカウントをお持ちでない場合は、Ledger LiveでKYC認証を完了する必要があります。

Ledger Live&Binanceで暗号資産を購入する方法

Ledger Live&Binanceでは簡単に暗号資産を購入できます。

  • DiscoverセクションでBinanceを選択します。
  • ウォレットに追加する通貨を選択する
  • 数量を指定する。
  • Ledger LiveでBinanceをご使用のため、お客様のアドレスは自動的に入力されます。
  • Ledger Nanoでトランザクションを確定する。 以上です。

BinanceアプリとLedger Liveアプリを切り替えたり、アドレスをコピーして貼り付けたり、資金を手動で送金したりする必要なく、暗号資産はLedgerウォレットに直接送金されます。

Web 3.0の世界への安全なゲートウェイになる

当社の取り組みの一環として、当社は、この急成長中の業界をナビゲートするすべての方々に、セキュリティと使いやすさをお届けするために、さまざまなブランド、仮想通貨取引所、メタバースプロジェクト、および決済プロバイダーと協力および提携しています。

Binanceの統合は、LedgerとBinanceとの継続的なコラボレーションの最初のステップです。 Binanceユーザーの方々に、Ledgerのセキュリティとセルフカストディ(自己保管・自己管理)を十分にご活用いただけるように、今後さらに、さまざまなサービスと機能を追加していきます。

当社のブログをチェックして、今後の発表、パートナーシップ、イベントの最新情報を入手してください。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]