当社のお客様から、詐欺師によるフィッシング被害の報告が届いています。 ここ数日は特に、攻撃的なフィッシング攻撃が行われています(ソーシャルメディア、電子メール、テキストメッセージ経由)。 繰り返しになりますが、リカバリーフレーズは安全に保管し、誰とも共有しないことが非常に重要となります。

利用者の皆さまには、悪質な詐欺師によるフィッシング詐欺に、常に注意を払っていただくようお願いします。 まず大前提として、24単語は誰とも決して共有してはいけません。 Ledgerは、リカバリーフレーズの24単語を伺うことはありません。 もし「Ledger社の社員を装った人物」から連絡を受け、24単語の入力を求められたら、真っ先にフィッシング詐欺を疑ってください。 不審に思われる状況が発生した場合は、Ledgerサポートチームにお問い合わせください。

当社では、詐欺防止に努めています。この機会に改めてLedger Academyのセキュリティセクションから、セキュリティの基礎知識やフィッシング詐欺に関する情報をご確認ください。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]