ブログ記事, 製品最新情報 | 2022/05/25

CardanoのADAとYoroi Walletが、Ledger Nano Sに完全統合

Cardano Ledger Ledger Nano S

暗号資産とブロックチェーンアプリのセキュリティおよびインフラスソリューションのリーダーであるLedgerと、初のピアレビュー済み第三世代ブロックチェーンであるCardanoの公式商業部門EMURGOが、CardanoのADAと Ledger Nano Sの完全統合を発表します。. 人気のハードウェアウォレットLedger Nano SがCardanoのADAに対応したことで、投資家はLedgerのハードウェアウォレットを通じて秘密鍵を保護し、セキュリティを強化したADAにアクセスできるようになりました。 Ledger Nano Sは、EMURGOが開発したCardano Ledgerハードウェアウォレットをサポートする、初の公式コンパニオンアプリYoroi Walletに完全対応しています。 EMURGOの公式Yoroi Walletと同様、ADALite WalletでもCardanoアプリケーションを利用することができます。
この取り組みは、Cardano Ledgerアプリと関連するソフトウェアライブラリの開発資金を通じてCardano Foundationからの援助を受けています。 また、Vacuum LabsとIOHKの開発チームも支援を提供しています。

「この1年間、多くの人がこの時を待ち望んでいました。特に、多くのチームが集まり業界の画期的な取り組みに協力したという事実に感激しています。2019年にCardanoを待つ、様々な商業的開発の期待値をさらに上げてくれるものとなりました。」

– EMURGO CTO、Nicolas Arqueros氏

「Cardanoとの統合はLedgerコミュニティが長い間待ち望んでいたものです。Ledgerは常に利用者のニーズに応えるべく努力しており、今回Cardanoを正式にLedgerプラットフォームに迎え入れ、ADAの投資家に暗号資産に対する世界最高レベルのセキュリティの提供が実現したことを嬉しく思います。」

– Ledger CEO、Eric Larchevêque氏

Ledgerは、全世界で150万台以上のハードウェアウォレットを販売しており業界をリードする存在となっています。 今月初めにLedger Nano SはCSPN認証を取得し、市場で最初かつ唯一の認証済みハードウェアウォレットとなりました。
Ledgerによる最近の調査では、2018年に暗号資産取引所から盗まれた額は8億5千万ドルを超えており、セキュリティがいかに重要な課題かを裏付ける状況となっています。 ハードウェアウォレットへの秘密鍵の保管は、暗号投資家にとって最も安全なオプションの一つとして広く知られています。 Ledgerは、最先端のセキュアエレメントを使用しており、重要なデータをさまざまな物理的攻撃から保護します。

さらに付け加えると、当社はLedger Nano Sのストレージをさらに拡大すべく取り組んでいます。また、来週早々には大幅に小型化されたEthereumのアプリケーションのアップデートが登場する予定です。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]