VeChainウォレット

VET資産を安全に保管

VeChain資産を、最も信頼されるハードウェアウォレットで保管 コールドストレージウォレットは、ユーザーのVeChain資産をオフラインで保存するデバイスです。インターネットに接続することで発生する脅威に対するセキュリティを提供します。


最先端の
セキュリティ


シンプル


マルチ通貨

ウォレットを見る

LedgerデバイスでVeChainを管理する方法

VeChain(VET)を安全に保管

VeChainを含む複数の資産を、Ledgerハードウェアウォレットで安全に保護しましょう。
お客様の暗号資産へのアクセスを提供する秘密鍵は、認証済みのセキュアチップによって安全に保護されます。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

業界初で唯一の方法で、VeChain資産を守りましょう
独自の認証済みVeChain資産ウォレット

詳細はこちら
Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xは、CESアワードにも輝いた安全でBluetooth®
CESアワード受賞デバイスで、VeChain資産を安全に保護する

詳細はこちら

VeChain(VET)を管理する方法

Vechain Sync

VeChain Syncは公式デスクトップウォレットです。 LedgerデバイスをVeChain Syncに接続し、VET、VTHO、VIP180トークンにアクセスすることで管理ができます。 VeChainアプリのシームレスなユーザー体験を提供するために設計され、開発者とユーザーに無限の可能性を提供するDApp(Decentralized Application:自律分散型アプリケーション)環境として機能します。

Vechain Syncに移動する

コミュニティからの高い評価

Maria R.

Ledgerウォレットは、暗号資産の安全性を保つための最良のソリューションだと思います。

Carlos S.

この小さなデバイスはフォルムも素敵で美しく、使い勝手も抜群です。

Yoon I.

暗号資産ウォレットの中でも最も優れていると思います。

Antonio B.

素晴らしいデバイスです。100%おすすめです。もう銀行は必要ありません!

もっと見る

VeChain(VET)とは

VeChainは、パブリック型ブロックチェーンVeChain Thorを用いて、多くの産業やビジネスを対象する、エンタープライズに特化したブロックチェーンプラットフォームです。 プラットフォームの開発と資金調達は、非営利団体VeChain Foundationが統括。ガバナンスは、プラットフォームの許可されたステークホルダーによるステアリングコミッティ(運営委員会)が行います。

VeChain(VET)の特長

VeChain Thorブロックチェーンの最初のブロックは2018年6月に正式に採掘され、ビジネスサービスを対象とした公開型ブロックチェーンを始動させました。 VeChainは、パブリック型ブロックチェーンの分散型システムと、従来のガバナンス構造を融合させるべく、両者の妥協点を提供しています。

その結果、VeChainはすでにBMWやDNV GLなどの著名なグローバル企業から注目を集め、パートナーシップを結んでいます。

VeChainのもう一つのユニークな特徴は、その経済モデルです。 このプラットフォームでは、2つのトークンシステム、VETとVTHOを採用しています。VETは主にネットワーク上の「store of value(価値の保存)」や「スマートマネー」であり、VTHOはEthereumやNeoと同様のネットワーク取引の「エネルギー」として機能しています。

VTHOは、全体の保持量に対応するVETを持つアドレスにより作成されます。

デザインとアプリケーション

VeChain Thorは制御可能なトランザクションのライフサイクル、トランザクションの依存性、複数による支払いなど、企業に特化した機能がすべて可能なスマートコントラクトプラットフォームです。

VeChain Thorブロックチェーンを評価する際には、ネットワークを2つの包括的な設計上の検討事項に分けると分かりやすいでしょう。

1. ガバナンスモデル
2. 経済モデル(企業とビジネスのエコシステム)

高い水準では、VeChain ThorはPOA(Proof-of-Authority:権威の証明)Masternodeネットワークであり、ブロックの検証は財団が承認した101の団体によって行われます。 現在、Masternodeの運営者には、企業、ブロックチェーン開発者、学術研究機関、コミュニティへの貢献者などが含まれています。

そのコンセプトは、VeChainエコシステムのビジネスへのアピールする、高速、低エネルギー、アップグレード可能なコンセンサスシステムを提供することにあります。

ネットワーク上のステークホルダー(コミュニティの保有者、企業など)は、オンチェーンのガバナンス機構を介して提案や課題に投票し、それがステークホルダーによって選出された小委員会に集約され、最終的にはコミュニティガバナンスモデルの執行機関である運営委員会にまで発展します。

また、VeChainの経済的設計はガバナンス構造から引き出されています。 VTHOのトランザクションコストの価格は、財団によって調整が行われています。

また、外部とのパートナーシップも財団を介して行われ、VeChainに参加する企業は財団のパートナーネットワークからサービスを購入したり、研究機関や金融機関にネットワーク上のアプリケーション構築をアピールすることができるようになっています。

商品・サービス・ソリューション

VeChainは先日、VeChain Thorブロックチェーンの上に構築されたBaaS(Blockchain-as-a-Service)プラットフォーム「ToolChain」の提供開始を発表しました。 そのコンセプトは、ネットワークを活用するための参入障壁を低くする一般的なインターフェースを提供し、より多くのビジネスや貢献者を取り込むことを目指すものです。

特に中小企業は、結果的にVeChainエコシステムの様々な製品、サービス、ソリューションを利用することが可能です。

VeChainの主な価値提案の1つに、サプライチェーン業界における役割があります。 例えば、VeChainの小売ソリューションには、商品のライフサイクル管理全体を追跡するためのスマートタグ (NFCやRFID) があり、本物であることを保証すると同時に、詐欺や偽造を減らすことができるようになっています。 VeChainは、独自の「VeChain ID」技術を用いてライフサイクルデータをブロックチェーンにエンコードし、第三者が検証できるようにしています。

また、VeChainは、自動車、デジタルカーボンエコシステム、文書管理、農業、IoTの生産とスケーラビリティなど、その他多くの市場にも対応しています。

VeChain Thorは、従来のビジネスの世界を一新させ、ブロックチェーンテクノロジーの革新的な能力とを調和させる公開ブロックチェーンを開発しています。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]