Moneroウォレット

XMR資産を安全に保管

Monero資産を、最も信頼されるハードウェアウォレットで保管 コールドストレージウォレットは、ユーザーのMonero資産をオフラインで保存するデバイスです。インターネットに接続することで発生する脅威に対するセキュリティを提供します。


最先端の
セキュリティ


シンプル


マルチ通貨

ウォレットを見る

LedgerデバイスでMoneroを管理する方法

Monero(XMR)を安全に保管

Moneroを含む複数の資産を、Ledgerハードウェアウォレットで安全に保護しましょう。
お客様の暗号資産へのアクセスを提供する秘密鍵は、認証済みのセキュアチップによって安全に保護されます。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

業界初で唯一の方法で、Monero資産を守りましょう
独自の認証済みMonero資産ウォレット

詳細はこちら
Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xは、CESアワードにも輝いた安全でBluetooth®
CESアワード受賞デバイスで、Monero資産を安全に保護する

詳細はこちら

コミュニティからの高い評価

Schell T.

簡単でお手頃。暗号資産の保有でもおすすめな選択肢です。

Cynthia G.

保有している暗号資産が安全であると感じられるのはほっとします。使用も簡単です。ありがとうございます。

Mate J.

使いやすく、クオリティも高いのでとてもおすすめです。

Bibash L.

素晴らしい製品です。Ledger LiveでLedgerを最大限に活用するのがおすすめ。最高のコンビネーション。お気に入りです。

もっと見る

Monero(XMR)とは

Moneroは、プライバシーに焦点を当てた代表的な暗号資産の1つで、開発者とプライバシーを支持する、大規模なオープンソースコミュニティによって支えられています。 2014年に登場したByteCoinプロトコルのフォークであるMoneroは、CryptoNoteコインの1つです。一連の暗号資産は、プライバシーや分散型、代替性を実現するため、高度なクリプトグラフィックプリミティブを採用しています。

monero-plain

Monero(XMR)の特長

Moneroは、PoW(Proof of Work :プルーフ・オブ・ワーク)の暗号資産で、コミュニティは分散型を重視し、MoneroをASIC耐性にするための複数の取り組みが行われています。 ASICは、PoWネットワークに特化したマイニングハードウェアであり、マイナーの集中化を招く可能性があります。 そのため、Moneroはネットワークのプロトコルのソフトフォークを展開し、ネットワーク上のASICの性能を制限しています。

Moneroが展開するCryptoNote技術は、広範な暗号資産市場におけるプライバシーの中でも興味深い例となっています。 このネットワークでは、リングCT(Ring Confidential Transaction)やリング署名、ステルスアドレス、Bulletproof技術といったクリプトグラフィックプリミティブを用いて、ブロックチェーンレベルでトランザクションの詳細を完全にマスクします。

Moneroのガバナンスは、ネットワークのアップグレードや開発に関する提案において、主要開発者と広範なコミュニティによるオフチェーンの意思決定を通過させる、「ラフ・コンセンサス」モデルを採用しています。

プライバシーテクノロジーとMonero Research Lab

Moneroのトランザクションは、自動的に非公開となります。つまり、採用されているプライバシー技術はバックグラウンドで動作し、MoneroのネイティブコインであるXMRの送受信時にはオプションとして提供されることはありません。

ブロックチェーンレイヤーで匿名性と代替性を実現するためには、主に3つの領域に対応する必要があります。

1.トランザクションの送信元
2.トランザクションの宛先
3. トランザクションの金額

Moneroの主なプライバシー実装は、3つの領域すべてに対応しており、最近統合されたゼロ知識証明の一種であるBulletproof(防弾)機能は、ネットワークのプライバシーと効率性をさらに強化するものです。

Moneroでは、ステルスアドレスとリングCTの組み合わせにより、トランザクションの送信元と宛先がマスクされています。 ステルスアドレスは、送信者が受信者に代わってトランザクションに作成するユニークなワンタイムアドレスで、アドレスに匿名性を提供します。 リングCTはリング署名を最適化したもので、複数のユーザー間で署名に使用する鍵を混同することで、実際の署名者を判別することが計算上不可能になるようにしたものです。

また、リングCTはトランザクション金額のマスキングも合理的な効率で行うことができます。 Moneroでのトランザクションの効率性とプライバシーを向上させるため、2018年にBulletproof(防弾)がプロトコルに実装され、Moneroの大規模なトランザクションサイズを最大で80%削減することに成功しました。

機密のトランザクションは、トランザクションの詳細をマスクするために必要となる措置により、平均して標準的な暗号資産のトランザクション(Bitcoinなど)よりも大きくなります。 まだ新しい機能ではありますが、MoneroでのBulletproofはネットワークにとって大きな後押しとなっていることが広く観察されています。

Monero Research Labは、金融のプライバシーとテクノロジーに関する数多くの学術論文を発表しており、ネットワークの今後の軌跡にとって重要な役割を担っています。

マイニングと分散型

Moneroは、PoWコンセンサスに依存しており、分散型を維持するためにいくつかの最適化が行われています。 ネットワークに導入されているコンセンサスアルゴリズムは、CryptoNightでCPUやGPUには対応しているものの、ASICのような特殊ハードウェアには対応していません。 Moneroコミュニティは、ネットワーク上でマイニングできる特殊なハードウェアを構築しようとするマイニングファームの試みにおいて、コンセンサスアルゴリズムを適応させるというオープンな姿勢を選択しました。

また、Moneroは、ダイナミックブロックサイズを採用しています。これによりブロックチェーンのブロックのサイズは固定されておらず、ネットワークの要件に基づいて調整されます。

Moneroのブロック報酬は一貫して減少しており、その結果として供給量に対する年間インフレ率が永久に減少するテール・エミッションが発生しています。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。