Eosウォレット

EOS資産を安全に保管

Eos資産を、最も信頼されるハードウェアウォレットで保管 コールドストレージウォレットは、ユーザーのEos資産をオフラインで保存するデバイスです。インターネットに接続することで発生する脅威に対するセキュリティを提供します。


最先端の
セキュリティ


シンプル


マルチ通貨

ウォレットを見る

LedgerデバイスでEosを管理する方法

Eos(EOS)を安全に保管

Eosを含む複数の資産を、Ledgerハードウェアウォレットで安全に保護しましょう。
お客様の暗号資産へのアクセスを提供する秘密鍵は、認証済みのセキュアチップによって安全に保護されます。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

業界初で唯一の方法で、Eos資産を守りましょう
独自の認証済みEos資産ウォレット

詳細はこちら
Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xは、CESアワードにも輝いた安全でBluetooth®
CESアワード受賞デバイスで、Eos資産を安全に保護する

詳細はこちら

コミュニティからの高い評価

James P.

すべてにおいて満足です。法律や規制にも準拠しています。さっそく活用しています。

Sladic M.

これまでに購入したデバイスの中でも気に入っています。LNSは最高!

De J.

信頼性があり、使用も簡単。トークンが安全に保護されていると感じることができます。

Aaron P.

発送は迅速、支払いは暗号資産、セットアップは簡単でした。コストパフォーマンスもすばらしい!

もっと見る

Eos(EOS)とは

EOS は、新世代の分散型アプリケーション(Dapps)のインフラ提供のために構築された、スケーラブルスマートコントラクトプラットフォームです。 Block.oneにより開発・公開され、ダン・ラリマーを中心に発案されたEOSは、歴史上最も成功したICOの1つであり、2018年6月1日に終了した1年間の延長販売では、およそ42億ドルの調達に成功しました。

eos-plain

Eos(EOS)の特長

EOSは、アプリケーションがその技術に統合され、その上に構築されるソフトウェアオペレーションシステムのように機能する、ユニークなブロックチェーン・インフラストラクチャーとして注目されています。 EOSソフトウェアは、MITライセンスのもと、オープンソースで提供されており、このプロジェクトは、拡大する開発者コミュニティの支持を集めています。

EOSの基本的な設計上のポイントは、垂直および水平方向にスケーラブルなdapps用ブロックチェーンベースインフラを構築する点です。 EOS テクニカルペーパー からの情報

「結果として得られた技術は、最終的に毎秒数百万件のトランザクションを実行する可能性を持つブロックチェーン・アーキテクチャーであり、ユーザー手数料を排除し、統治されたブロックチェーンで、分散型アプリケーションの迅速かつ容易な開発とメンテナンスを可能にします。」

スケーラビリティ、ガバナンス、DAppエコシステム

EOSは、Ethereum ICOの発表時に、Ethereumがネットワーク上で動作するdAppのスケーリング要求に応えられなかったことから生まれた、Ethereumのライバルとしての立ち位置にあります。 それ以来、EOSは史上最も成功したICOの一つとして、2018年6月初旬に正式にローンチされました。

EOSが、Ethereumや他のスマートコントラクトと異なる点は主に2つあります。
1.スケーラビリティ
2.ガバナンス

EOSは、dAappの様々な方向性のスケーラビリティを念頭に置いて設計されています。 EOSは、Ethereumのような保守的なプルーフ・オブ・ワーク (PoW) とは異なり、デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク (DPoS) と呼ばれるコンセンサスメカニズムを採用することで、1秒間に約4,000トランザクション (TPS)を達成しています。

ネットワークのDPoSコンセンサスでは、ネットワーク参加者(ユーザーとバリデーター)から選出された21名のアクティブなブロックプロデューサーが各ブロックを検証しています。 アクティブなブロックプロデューサーは、全員公開されています。ネットワークのプロデューサーに関する情報やその他の統計情報は、こちらをご覧ください。

ブロックプロデューサーはコミュニティのトークン保有者によって選出されますが、その規模は限られているため、他のパブリックブロックチェーンと比較したEOSの中央集権性について懸念が議論されています。ただし、EOSIOソフトウェアを使用してプライベートブロックチェーンを構築することも可能です。

EOSの高いTPSと、高速なファイナリティコンセンサスがもたらす独自の結果として、ネットワークにトランザクション手数料がないということがあります。これにより、大多数のユーザーがブロックチェーンベースのdAppを利用する際に発生する主な摩擦要因が1つ軽減されています。 平均して、EOSのdAppは他のスマートコントラクトプラットフォームよりも 高い数の1日あたりのアクティブユーザーを維持しています。

EOSのガバナンスプロセスはブロックプロデューサーと特定のネットワークパラメーターの影響力を決定し、規約によって公式化されています。 ネットワークの変更はブロックプロデューサーが最終的な決定権を持ちますが、トークン保有者のより広いコミュニティによる十分な数の投票で削除することも可能です。

技術書によれば、EOSの「憲法」は次のように述べられています。

「本憲法の内容は、規約では完全に実施できないユーザー間の義務を定義し、裁判権や法律の選択、その他の相互に受け入れられるルールを定めることで、紛争解決を容易にするものである。」

EOSのガバナンスは、ブロックチェーンの正式なガバナンスに向けた最初の重要な試みの一環として考えられており、コミュニティとブロックプロデューサーの合意に基づいてプロトコルをアップグレードして変更することもできます。

最近のニュースでは、フリーランスのマーケットプレイスであるMoonlightingが先日EOSネットワークへの移行を発表し、CarbonUSD (ステーブルコイン) が同プラットフォーム上で正式に始動しました。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。