新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

Eos wallet

Secure your EOS assets

Secure your Eos assets with the most trusted hardware wallet. Cold storage wallets are typically encrypted devices that store users' Eos assets offline, providing a layer of security against the evolving threats emerging from being connected to the Internet.


State-of-the-art
security


Simplicity


Multicurrency

Discover our wallets

LedgerデバイスでEosを管理する方法

Secure your Eos (EOS)

Secure multiple assets, including Eos using a Ledger Hardware Wallet.
Your private keys, giving access to your assets, remain safe in a certified secure chip.

Ledger Nano S

Ledger Nano S

Protect your Eos assets with the first and only
independently-certified Eos wallet on the market.

Learn more
Ledger Nano X

Ledger Nano X

The Ledger Nano X is a Bluetooth® enabled secure and
CES award winning device that protect your Eos assets

Learn more

Praised by our community

Jim B.

トークンを安全に保管するにはお手頃な価格です。

Jason S.

個人セキュリティを確保するのに一人に一台持つべきでしょう。

Neel S.

購入をオススメします。購入する価値アリです。

Roberto V.

素晴らしい価格と製品、迅速な配送。

View more

What is Eos (EOS)

EOS は、新世代の分散型アプリケーション(Dapps)のインフラ提供のために構築された、スケーラブルスマートコントラクトプラットフォームです。 Block.oneにより開発・公開され、ダン・ラリマーを中心に発案されたEOSは、歴史上最も成功したICOの1つであり、2018年6月1日に終了した1年間の延長販売では、およそ42億ドルの調達に成功しました。

eos-plain

Eos (EOS) features

EOSは、アプリケーションがその技術に統合され、その上に構築されるソフトウェアオペレーションシステムのように機能する、ユニークなブロックチェーン・インフラストラクチャーとして注目されています。 EOSソフトウェアは、MITライセンスのもと、オープンソースで提供されており、このプロジェクトは、拡大する開発者コミュニティの支持を集めています。

EOSの基本的な設計上のポイントは、垂直および水平方向にスケーラブルなdapps用ブロックチェーンベースインフラを構築する点です。 EOS テクニカルペーパー からの情報

「結果として得られた技術は、最終的に毎秒数百万件のトランザクションを実行する可能性を持つブロックチェーン・アーキテクチャーであり、ユーザー手数料を排除し、統治されたブロックチェーンで、分散型アプリケーションの迅速かつ容易な開発とメンテナンスを可能にします。」

スケーラビリティ、ガバナンス、DAppエコシステム

EOSは、Ethereum ICOの発表時に、Ethereumがネットワーク上で動作するdAppのスケーリング要求に応えられなかったことから生まれた、Ethereumのライバルとしての立ち位置にあります。 それ以来、EOSは史上最も成功したICOの一つとして、2018年6月初旬に正式にローンチされました。

EOSが、Ethereumや他のスマートコントラクトと異なる点は主に2つあります。
1.スケーラビリティ
2.ガバナンス

EOSは、dAappの様々な方向性のスケーラビリティを念頭に置いて設計されています。 EOSは、Ethereumのような保守的なプルーフ・オブ・ワーク (PoW) とは異なり、デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク (DPoS) と呼ばれるコンセンサスメカニズムを採用することで、1秒間に約4,000トランザクション (TPS)を達成しています。

ネットワークのDPoSコンセンサスでは、ネットワーク参加者(ユーザーとバリデーター)から選出された21名のアクティブなブロックプロデューサーが各ブロックを検証しています。 アクティブなブロックプロデューサーは、全員公開されています。ネットワークのプロデューサーに関する情報やその他の統計情報は、こちらをご覧ください。

ブロックプロデューサーはコミュニティのトークン保有者によって選出されますが、その規模は限られているため、他のパブリックブロックチェーンと比較したEOSの中央集権性について懸念が議論されています。ただし、EOSIOソフトウェアを使用してプライベートブロックチェーンを構築することも可能です。

EOSの高いTPSと、高速なファイナリティコンセンサスがもたらす独自の結果として、ネットワークにトランザクション手数料がないということがあります。これにより、大多数のユーザーがブロックチェーンベースのdAppを利用する際に発生する主な摩擦要因が1つ軽減されています。 平均して、EOSのdAppは他のスマートコントラクトプラットフォームよりも 高い数の1日あたりのアクティブユーザーを維持しています。

EOSのガバナンスプロセスはブロックプロデューサーと特定のネットワークパラメーターの影響力を決定し、規約によって公式化されています。 ネットワークの変更はブロックプロデューサーが最終的な決定権を持ちますが、トークン保有者のより広いコミュニティによる十分な数の投票で削除することも可能です。

技術書によれば、EOSの「憲法」は次のように述べられています。

「本憲法の内容は、規約では完全に実施できないユーザー間の義務を定義し、裁判権や法律の選択、その他の相互に受け入れられるルールを定めることで、紛争解決を容易にするものである。」

EOSのガバナンスは、ブロックチェーンの正式なガバナンスに向けた最初の重要な試みの一環として考えられており、コミュニティとブロックプロデューサーの合意に基づいてプロトコルをアップグレードして変更することもできます。

最近のニュースでは、フリーランスのマーケットプレイスであるMoonlightingが先日EOSネットワークへの移行を発表し、CarbonUSD (ステーブルコイン) が同プラットフォーム上で正式に始動しました。

Stay in touch

Announcements can be found in our blog. Press contact:
[email protected]

Subscribe to our
newsletter

New coins supported, blog updates and exclusive offers directly in your inbox


Your email address will only be used to send you our newsletter, as well as updates and offers. You can unsubscribe at any time using the link included in the newsletter.

Learn more about how we manage your data and your rights.