Ethereumウォレット

ETH資産を安全に保管

Ethereum資産を、最も信頼されるハードウェアウォレットで保管 コールドストレージウォレットは、ユーザーのEthereum資産をオフラインで保存するデバイスです。インターネットに接続することで発生する脅威に対するセキュリティを提供します。


最先端の
セキュリティ


シンプル


マルチ通貨

ウォレットを見る

EthereumをLedgerデバイスで管理する方法

Ethereum(ETH)を安全に保管

Ethereumを含む複数の資産を、Ledgerハードウェアウォレットで安全に保護しましょう。
お客様の暗号資産へのアクセスを提供する秘密鍵は、認証済みのセキュアチップによって安全に保護されます。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

業界初で唯一の方法で、Ethereum資産を守りましょう
独自の認証済みEthereum資産ウォレット

詳細はこちら
Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xは、CESアワードにも輝いた安全でBluetooth®
CESアワード受賞デバイスで、Ethereum資産を安全に保護する

詳細はこちら

Ethereum(ETH)を管理する方法

Ledger Live

当社独自のデスクトップおよびモバイルアプリLedger Liveで、Ethereumを直接管理。 Ledger Liveでリアルタイムの残高を確認したり、Ethereum(ETH)やその他5,500種以上の資産を送受信しましょう。

Discover Ledger Live

コミュニティからの高い評価

Skuthan M.

暗号資産を安全に保管する唯一の方法です。サトシを払うだけの価値があります。

Cynthia G.

保有している暗号資産が安全であると感じられるのはほっとします。使用も簡単です。ありがとうございます。

Mate J.

使いやすく、クオリティも高いのでとてもおすすめです。

Walter F.

nano-sを3台購入しました。すべて順調です。製品は素晴らしく、配送も迅速でした。ありがとうございました!

もっと見る

Ethereum(ETH)とは

Ethereumのコンセプトは、2013年に19歳のVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏により提案されました。Bitcoinのブロックチェーンのアイデアを、チューリングコンプリートコンピュータプログラムの保存と実行を包含するように拡張したプラットフォームです。 Ethereumはその後、Github上で5番目に速い成長オープンソースプロジェクトとなった、珍しい歴史と魅力的な可能性を持っています。

Ethereum(ETH)の特長

ブテリン氏は、Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏やCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏など、現代の暗号資産界を代表する人物と協力して、Ethereum(ETH)の初期開発に取り組み、2014年7月にはクラウドセールを実施し1,400万ドルを調達しました。 Ethereumは、2015年7月にリリースされた「Homestead」で正式に稼働を開始し、初のチューリングコンプリートスマートコントラクトプラットフォームを実現。

しかし、Ethereumは、2016年6月に投資家主導のコミュニティVCファンドThe DAOが約1億5000万ドルをハッキングされ、問題になりました。 暗号資産業界にとって歴史的瞬間となったこの騒動では、2つの陣営が登場しました。

まず、ブテリン氏とコミュニティが、ハッキングで盗まれた資金を戻すために、プロトコルをハードフォークすることを望みました。 一方、「Code is law (コードは法である)」コミュニティ支持者たちは、ハードフォークがEthereumの基本原則に反するものだと考えていました。 ブロックチェーンは最終的にフォークされ、前者(ブテリン陣営)がEthereum、後者がEthereum Classicとなったのです。

Ethereumの設計とスマートコントラクト

Ethereumはスマートコントラクトのプラットフォームで、コントラクトはプログラミング言語「Solidity」または試験的な言語「Vyper」でコーディングされています。 主なEthereumのクライアントは、Golangで書かれています。 BitcoinのUTXOセットとは異なり、Ethereumでは特定の設計上の理由からアカウントベースのモデルを採用。

Ethereumは、2017年のICOブームの基盤として急速に台頭し、ERC-20トークンや、次の成功を目指す無数のプロジェクトの起ち上げのための標準化されたインフラとして機能しています。 複数の分散型アプリケーション(dApp)が、ネットワーク上の「成長し続けるアプリケーション」で様々な可能性を生み出したものの、ICOバブルは最終的に崩壊し、Ethereumのコミュニティは迫り来るスケーリング問題に焦点を当てることとなりました。

Bitcoinのようなプルーフ・オブ・ワークのコンセンサス型ブロックチェーンネットワークは、Ethereumが新世代のdAppのネットワーク需要を満たすことができるかどうかをめぐり、プラットフォームの将来について激しい議論が交わされています。

PlasmaからDappchainsなどの革新的な技術が参入しましたが、旧スマートコントラクトプラットフォーム用に広く受け入れられたロードマップは、Ethereum 2.0または「Serenity」として知られるようになっています。

Ethereum 2.0とその未来

ブテリン氏は、Ethereumの開発コミュニティが盛んになるにつれ、ほぼその姿を消しています。 2019年初頭には、MakerDAOやCompound Financeなどのプロジェクトが人気を急上昇させ、オープンファイナンス (=DeFi)の概念がプラットフォームで存在感を強めていきました。

しかし、スケーリングの問題は依然として解決されていません。そのため、現在Ethereumは、ネットワーク需要を満たすことを目的に、待望のプルーフ・オブ・ステーク(PoS)ネットワークへの移行を進めています。 シャーディングされたPoSのEthereumが最終的に目指す「Serenity」へのロードマップの一環として、コミュニティは先日「Constantinople」のアップグレードを開始しました。

Ethereum2.0のコードは、今年の夏に完了する予定です。Ethereumは今後、スケーラビリティと相互運用性が融合した新しいPoSブロックチェーンネットワークの一群に加わります。 暗号資産コミュニティにおけるモンスター的存在のEthereumは、広範なエコシステムにおいて重要な役割を果たし、基礎となるテクノロジーの将来の方向性に強力な外部性をもたらすことは間違いありません。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。