Basic Attention Tokenウォレット

BAT資産を安全に保管

Basic Attention Token資産を、最も信頼されるハードウェアウォレットで保管 コールドストレージウォレットは、ユーザーのBasic Attention Token資産をオフラインで保存するデバイスです。インターネットに接続することで発生する脅威に対するセキュリティを提供します。


最先端の
セキュリティ


シンプル


マルチ通貨

ウォレットを見る

Basic Attention Token(BAT)を安全に保管

Basic Attention Tokenを含む複数の資産を、Ledgerハードウェアウォレットで安全に保護しましょう。
お客様の暗号資産へのアクセスを提供する秘密鍵は、認証済みのセキュアチップによって安全に保護されます。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

業界初で唯一の方法で、Basic Attention Token資産を守りましょう
独自の認証済みBasic Attention Token資産ウォレット

詳細はこちら
Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xは、CESアワードにも輝いた安全でBluetooth®
CESアワード受賞デバイスで、Basic Attention Token資産を安全に保護する

詳細はこちら

Basic Attention Token(BAT)を管理する方法

コミュニティからの高い評価

Schell T.

簡単でお手頃。暗号資産の保有でもおすすめな選択肢です。

Jim B.

トークンを安全に保管するにはお手頃な価格です。

Edward M.

2台購入しましたが、DHLですぐに配達してもらえました。

Christopher H.

小型で安全、最高です。値段に見合う価値があります。

もっと見る

Basic Attention Token(BAT)とは

BATは、「Basic Attention Token」の略であり、Brandon Eich氏が率いるオープンソースでプライバシーに特化したウェブブラウザであるBraveブラウザのEthereum上のERC-20トークンです。

bat-plain

Basic Attention Token(BAT)の特長

BATは、2017年のICO絶頂期の直前に参入し、2017年5月に行われたBrave/BATのICOでは、わずか30秒で3500万ドルをかき集めました。 BATは、人気上昇中のBraveブラウザのネイティブトークンで、コンテンツクリエイターやウェブサイトを支援するためのマイクロペイメントシステムを使用し、現在のウェブの広告モデルを覆すよう設計されたトークンです。

Braveブラウザのユーザーは、任意の広告を閲覧することで直接BATで報酬を得ることができます。 同様に、ユーザーが訪問したウェブサイトに対し、費やした注目度に応じた自動支払いを設定することも可能です。 BATのその他の利用法には、コンテンツクリエイターやソーシャルメディアプラットフォームへのオンラインチップもあります。

BraveブラウザのCEOであるBrandon Eich氏は、人気プログラミング言語JavaScriptの生みの親であり、MozillaとFirefoxの共同創業者でもあります。 BraveとBATのビジョンは、オンライン広告の悪影響を軽減するプライバシー重視のインターネットブラウザに、ブロックチェーンベースの決済システムを提供することと述べられています。

BraveブラウザにおけるBATの役割

Braveブラウザは、ウェブユーザーの間で急速に人気を集めており、2000万ダウンロードを突破しました 。 広告ブロック機能とプライバシーを重視したBraveは、広告トラッカーがユーザーのプライバシーを侵害してウェブ閲覧を遅らせたり、仲介業者を介してパブリッシャーの収入を減少させるGoogle Chromeなどのブラウザに代わる、理想的な選択肢となっています。

Braveブラウザは、広告やトラッカーを自動的にブロックし、個人を特定できるユーザー情報にアクセスして第三者に販売することはありません。 Braveはこうも述べています。

「当社が収集する匿名化された広告キャンペーン関連集計データは会計および報告のために使用されますが、いかなる種類のデバイスやユーザーIDにもマッピングすることはできません。」 BATは、ERC-20トークンと引き換えにBraveが特別に認めた広告をユーザーが閲覧するためのインセンティブとしてブラウザ内で機能します。 BAT用ウォレットは、ブラウザに直接組み込まれており、自動貢献やユーザーの注目度に応じた各ウェブサイトへの割り当て率などのパラメータを調整することができます。

待ち望む声が非常に高かったBraveの広告視聴によるBAT進呈の取り組みは、4月に開始し、BATウォレットのウェブサイトパブリッシャーへのBATの自動寄付オプションとは別に、ユーザーはパブリッシャーを支援する新たな方法として主張する広告を選択できるようになりました。

重要な点は、ユーザーが表示する広告内容を選択できるにもかかわらず、トラッカーがブロックされ、ユーザーのプライバシーが保護されていることです。

また、Braveの広告やトラッカーのブロック機能により、競合他社よりも高速なブラウザを実現しています。 Braveによれば、同社のブラウザはニュースサイトの読み込みがChromeやSafariの2~8倍速くなっています。また、ウェブサイト広告によるデータトラッカーの存在はデータ料金などのコストや、プライバシー面での犠牲も引き起こします。

より優れたプライバシーの保護、BAT、新しい広告モデル

従来の広告方法を破壊するというEich氏の構想は、既存のブラウザ企業や多くの広告主との間に摩擦を生んでいます。 例えば、Brandon Eich氏は昨年Googleを訴えており、批判の多いデジタル広告モデルのユーザーデータの消費に対する試金石と見なされています。

オンラインブラウザのより良いプライバシーモデルに向けたBraveの取り組みは、大手ハイテク企業のデータ不正に幻滅していた多くのユーザーを惹きつけました。 さらにプライバシーを補完するため、Braveは「プライベートタブ」を搭載し、高度なレベルのブラウジングプライバシーを実現するTorをネイティブサポートしています。

Braveは、BATがデジタル広告の新しいエコシステムの燃料となり、ユーザーのプライバシーを犠牲にすることなく、より透明で、コンテンツ制作者、広告主、パブリッシャーにより公平な報酬を与えられるようになることを目指しています。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]