基礎

経路 2. 所有して使う

チャプター 1/4

秘密鍵を保護する方法

読む 5 分
This image has an empty alt attribute; its file name is cover-22-1024x421.png
重要なポイント
— 秘密鍵は、暗号資産の所有権を定義します。 しかし、管理と保護が難しい場合があります。

— 秘密鍵を知っている人は誰でも、そのブロックチェーンアドレスにアクセスできます。 そのため、セキュリティの確保は譲れません。

— 暗号資産ウォレットは秘密鍵を保護し、ブロックチェーンの資産を管理できるようにします。

— この記事では、暗号資産ウォレットの概要とその仕組みについてご説明します。

前回の記事で、暗号資産に関する非常に重要なトピックの1つである、秘密鍵についてすでにご説明しました。 では、それは分かったとして、どうやって秘密鍵を管理するのか、という話になるのが自然です。それが、次のステップです。

この記事では、さまざまな暗号資産ウォレットが秘密鍵を保護する方法と、どのタイプのウォレットが、あなたにとって最も安全な選択肢となるのかについて詳しくご説明します。

暗号資産ウォレットが必要な理由とは?

暗号資産ウォレットの必要性を理解する前に、秘密鍵についてもう少し専門的にご説明します。

生の形式の秘密鍵は、使用するブロックチェーンによって生成される、256個の1と0で構成される、恐ろしく見える文字列です。 厳密には、この番号を覚えておくのは困難です。 ですので、それを書き留めておこうと考えるのは自然です。 しかし、秘密鍵を書面形式で保管することはリスクが高く、実用的ではありません。 その理由を見てみましょう。

秘密鍵は長い

トランザクションのたびに256桁を入力するのを想像できますか? これは大変な作業であり、間違う可能性が非常に高くなります。 そのため、秘密鍵を保管する方法として、書面は非現実的なやり方です。

セキュリティ保護が困難

秘密鍵を書き留めて、トランザクションにアクセスできる場所に保管するのは、秘密鍵を安全に保管する方法ではありません。 この番号を一人が見るだけで、暗号資産がすべて失われてしまいます。 また、複数の暗号資産アカウントを持っている場合はどうでしょうか? 秘密鍵を一つ一つ書いて保存する必要があり、この貴重な情報を誰かに見られる可能性が高くなります。

秘密鍵を安全に保管するのに、パソコンや他のデバイスの文書に保管しようとするかもしれません。 保管が簡単で、単にコピーして貼り付けるだけで、間違うこともないでしょう。 しかし、暗号資産を保管するのに最適な方法とは言えません。 インターネットに接続されているデバイスはすべて、ハッカーやマルウェアの危険にさらされていることに注意してください。 つまり、秘密鍵をデバイスに保管すると、ハッキングに対して脆弱にもなります。

秘密鍵を保護する方法

要約すると、秘密鍵を安全に保管する方法が必要です。 この解決策は、複数の鍵を一度に管理でき、鍵そのものを公開することなくトランザクションが可能なものでなければなりません。 これがまさに、暗号資産ウォレットが効率的に行えることです。

暗号資産ウォレットとは、正確には何なのか?

暗号資産ウォレットには、主に2つの機能があります。

  • 秘密鍵を保護して隠す
  • ブロックチェーンと通信し、資産を管理するためのダッシュボードとなる

暗号資産ウォレットにはさまざまな種類があります。つまり、ソフトウェアのものもあれば、デジタルのものもあります。 それぞれの種類にはさまざまな長所と短所がありますが、ある重要な問いかけをすることで、さまざまな選択肢を広く理解できます。それは、「その暗号資産ウォレットは、秘密鍵をオンライン、それともオフラインで保存しますか?」というものです。

それぞれの選択肢について見てみましょう。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットとは、秘密鍵をソフトウェア内にデジタル保管するソフトウェアのことで、通常はあなたのパソコンやスマホに保存されます。 これらのウォレットは、ホットウォレットとも呼ばれます。 モバイルデバイス、PC、ノートPCにソフトウェアウォレットをインストールできます。

ソフトウェアウォレットは非常に使いやすい傾向があります。というのも、このウォレットはデバイス内でオンラインになっているため、すぐにアクセスできます。 そのため、初心者の方にはとても魅力的に感じます。

しかし、いくつか欠点もあります。 インターネットに接続されているデバイスはすべて、インターネット接続を介して展開されるハッキングに対して脆弱です。 つまり、スマホやパソコンでホットウォレットを使っている場合、秘密鍵が狙われる可能性があるのです。

そのため、ホットウォレットは、秘密鍵を保管するのに非常に便利な手段ではありますが、オンライン上の脅威やハッキングから、完全に保護することはできません。

ハードウェアウォレット

一方で、ハードウェアウォレットは秘密鍵を隔離された環境に保管する物理的なデバイスです。 ハードウェアウォレットは「コールドウォレット」とも呼ばれます。 ハードウェアウォレットを使用する利点は、インターネットとそれに関連する脅威から離れた、オフライン環境で動作することです。

ただし、ハードウェアウォレットは、アクセスのしやすさを考えると不便な場合があります。なぜなら、やり取りのたびにトランザクションを物理的に承認する必要があるからです。 しかし、ソフトウェアウォレットと比較すると、ハッキングされることがないため、はるかに高いセキュリティレベルを備えています。ホットウォレット vs コールドウォレット

暗号資産を保護する方法

簡単におさらいしておきましょう。暗号資産ウォレットは、秘密鍵を保護し、暗号資産とやり取りするための場所です。

暗号資産の安全性を判断するには、次の2つの質問を自問自答する必要があります。

  • 秘密鍵は自分が所有しているのか?
  • その鍵は、オフラインで保管されているのか?

暗号資産が本当に安全かどうかを確かめたいなら、この2つの質問に対する答えは「はい」でなければなりません。

所有権とセキュリティ:暗号資産の規範

暗号資産とは何か、そしてその仕組みをご説明しましたので、ご自身の暗号資産の管理方法をうまく決定できるようになったのではないでしょうか。 ですがその前に、最後の1点についてお話しする必要があります。

暗号資産で重要なのは、あなたに主導権を与える点です。これにより、あなたは自分の資産に何の制限もなくアクセスでき、その方程式から仲介者を排除できます。しかし、資金にアクセスするのにウォレットが必要ならウォレットプロバイダーが仲介者になってしまうのではないでしょうか?

次の記事では、秘密のリカバリーフレーズと呼ばれるものについてご説明します。 それにより、あなたの暗号資産の管理は、ウォレットプロバイダーではなく、あなた自身に任されることになります。

この時点で、あなたはすでに、暗号資産空間を学ぶ上で、多くの人より何歩も先を行っています。 Web 3.0を探求するには、かなり良い状態だと思います。 次の記事では、使用するウォレットに関係なく、暗号資産を管理し続ける方法についてご説明します。 それではまた!


関連資料

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]