Black Fridayオファー | Ledgerを購入して最大50ドル相当のビットコインを獲得

ショップに移動

Ledger入門

経路 1. Web 3.0へようこそ

チャプター 2/5

ブロックチェーンの各世代についての説明

読む 6 分
初級
This image has an empty alt attribute; its file name is cover-22-1024x421.png
重要なポイント
—インターネットと同様に、ブロックチェーンも進化しています。各章で、それぞれ既存の制限を克服することを目指しています。

— 第1世代のブロックチェーンにより、単純な価値の移転が可能になりました。

— 第2世代のブロックチェーンは、このインフラストラクチャ上に構築され、トランザクションをトリガーする「条件」が追加されています。 これにより、今日見られるDeFi、DApp、さらにNFTエコシステムが生まれました。

— 第3世代のブロックチェーンは、現在のブロックチェーンの3つの大きな制限、つまり、スケーラビリティ、相互運用性、ガバナンスの克服に重点を置いています。

—この記事を読み終わる頃には、ブロックチェーンの各世代とその能力について、完全に分かるようになっているはずです。 では始めましょう。

また当サイトに来ていただいて嬉しいです。

前回の記事では、ブロックチェーンの起源とその重要性についてご説明しました。 あれは、ブロックチェーンエコシステムと暗号資産の世界の始まりでした。 しかし、ブロックチェーンは進化を続けており、新しい可能性、新しい形の暗号資産、新しいタイプの相互作用をもたらしています。

この記事では、ブロックチェーンをさまざまな章に分けてご説明します。 各章が空間に何をもたらしたのか、そして次にどこへ向かうのかについて見ていきたいと思います。

第1世代のブロックチェーン

Bitcoin

前回のレッスンでご説明したように、第1世代のブロックチェーンであるビットコインは、通貨システムに根本的な代替手段を提供するために作成されました。 価値の送受信は、ビットコインブロックチェーンの主な成果でした。

ビットコインがテクノロジーで人々に力を与え、P2Pトランザクションを可能にしたため、強力な銀行がユーザーに対する支配力と力を失いました。

そこで、Bitcoinとブロックチェーンの出番です。 ビットコインを使用すると、ボブはアリスにデジタルマネーを送ることができ、トランザクションは仲介者がいなくても安全です。 また、トランザクションは匿名でできるため、両者ともプライバシーを守れます。

ですが、ビットコインネットワークにできなかったことが1つありました。それは、トランザクションに条件を追加することです。 そこで、その空間に第2世代のブロックチェーンが革命を起こしました。

第2世代のブロックチェーン

ビットコインは優れたコンセプトであり、最初に成功したブロックチェーンですが、その設計では価値の送受信しかできません。 トランザクションに諸条件が必要な場合は、どうすればいいのでしょうか? 例えば、「ボブが牛乳を配達してくれた場合にのみ、暗号資産を支払いたい」という条件を追加したいとします。ビットコインは、単純にそのような条件に対応することはできません。

そこで、イーサリアムがブロックチェーンの世界に参入します。

Ethereum

イーサリアムのブロックチェーンは2015年に登場し、暗号資産の新時代を切り開きました。 ローンチされたのがビットコインの7年後なのにもかかわらず、イーサリアムはすぐに時価総額で2番目に大きいブロックチェーンになりました。 これは、イーサリアムが提供するものを、世界がどれだけ必要としていたのかを示しています。

イーサリアムのブロックチェーンは、単なる価値の移転をはるかに凌駕していました。 これはアプリケーションレイヤーとして設計されており、その上に、開発者は特定のユースケース(活用事例)で独自の分散型アプリケーションとプラットフォームを構築できます。 これはまさに、世界のコンピューターです。

スマートコントラクトが誕生しました

イーサリアムは非常に注目すべきものを提供しました。それが、スマートコントラクトです。 スマートコントラクトは、「if….then」形式の条件を含む、二者間で交わされる自己実行型の契約です。 例えば、「もしアリスがボブに10ETHを貸した場合、ボブは毎月、10%の利息を付けてアリスに返済する」とします。 これで、指定された条件が満たされた場合にのみ、トランザクションが行われます。

スマートコントラクトに関与する二者は、両者が同意する条件を作成します。 そしてそれらが満たされると、当該契約が自動的にトリガーされます。 これにより、DeFi、DApp、NFT、ステーブルコインなど、まったく新しい世代のトークンとプラットフォームが生まれました。 これらの概念については、今後の記事で触れていくことにします。

今のところ、重要なポイントは次のとおりです。イーサリアムでは、単にトランザクションをするだけでなく、ユーザーが互いに、継続的かつ、一見気付きにくい違いのある関係を維持できるようにします。 これは、ユーザーインタラクション内に「条件」を組み込むことで実現されています。

第3世代のブロックチェーン-私たちは今ここにいます

第2世代のブロックチェーンは、すべてが完璧に見えました。 しかし、もっとスケーラブルで、効率的なものが必要です。

今日、ブロックチェーンのエコシステムは、世界中のユーザー数の増加とともに拡大しています。 次の大きな問題は、どうすればより良いものができるかということです。 どのブロックチェーンや暗号資産を使用しているかに関わらず、利用可能なすべてのサービスにアクセスできる、信頼性の高い方法が必要です。 つまり、「スケーラビリティ」と「相互運用性」が必要なわけです。

大規模な採用にはスケーラビリティが必要

ブロックチェーンソリューションの利用者が増えれば増えるほど、ネットワークは増加するトラフィックに対応しなければならなくなります。 当初、ブロックチェーンは、これほど多くの使用量とトラフィックに耐えられるようには設計されていませんでした。 より多くの人々が参加し始めるにつれて、第2世代のブロックチェーンは、効率的で手頃な価格を維持するのに苦労しました。

信じられないほど高いガス代と遅いトランザクション処理時間が、イーサリアムネットワークを麻痺させ始めています。 この2つの要因が、ブロックチェーンの大規模な採用とさらなる発展に対する、最大の障害となっています。 このように、スケーラビリティは、現在の世代のブロックチェーンにおけるイノベーションの大きな原動力となっています。

この課題が、ブロックチェーンエコシステム全体をどのように形成しているのかを目の当たりにできます。 新しいブロックチェーンの大半は、非効率でエネルギー集約的な「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」モデルではなく、「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」コンセンサス(合意)メカニズムで動いています。

この2つのモデルの主な違いは、プルーフ・オブ・ステークは、大量のエネルギーを消費する(プルーフ・オブ・ワークのような)プロセスでマイナーを選択しないことです。 代わりに、PoSシステムの参加者やバリデーターは、一定量の暗号資産をステーキングすることになります。 そして、ネットワークは、バリデーターがシステムにステーキングした暗号資産量によって、トランザクション検証プロセスに参加する能力を割り当てます。 それについては、また別の記事で詳しくご紹介します。

相互運用性は自由を確保するのに不可欠です

ブロックチェーン空間が拡大するにつれて、相互運用性という、別の問題が発生しています。 つまり、異なるブロックチェーンが相互に通信できるかどうかです。 でも、なぜこれが重要なのでしょうか?

ブロックチェーンと暗号資産のエコシステムが成長するにつれて、DeFi、DApp、GameFi、メタバースなど、さまざまな新しい概念が生まれています。 何百もの異なるプラットフォームとアプリケーションがあり、さまざまなブロックチェーンで運用されています。 ですが、各ブロックチェーンには独自のルールやプロトコル、さらにネイティブのデジタル資産があり、それらは必ずしも互いに互換性があるとは限りません。

仮に、ユーザーであるあなたが、あるメタバースでアバターを所有し、それを別のブロックチェーンネットワークで構築された別のプラットフォームで使いたい場合はどうすればよいでしょうか?

2つのシステムに互換性がないために、あるシステムから別のシステムに価値を持ち込むことができない場合、あなたは1つのエコシステムに閉じ込められていることに気付くと思います。 これは、私たちが求めている、本当の自由ではありません。 つまり、相互運用性は、単なる技術用語として読み流すだけのものではないのです。 それは、異なるブロックチェーンが互いに通信する方法を見つけることであり、それはあなたのデジタル主権に直接関連するものです。

分散型ガバナンスが必要

最後に、ブロックチェーンそのもののガバナンスのあり方(管理監督プロセスの仕組み)も、今後の重要な検討課題です。 現在、多くのブロックチェーン(ビットコインやイーサリアムなど)は、「オフチェーン(データが一般には公開されていない)」で管理されています。 つまり、一部の人がネットワークの管理方法を決定し、その変更を手間のかかるプロセスを経てブロックチェーンに反映させます。

しかし、最近の一部のブロックチェーンモデルでは、異なる管理スタイルが採用されています。 それらは、投票権でプログラムされたトークンを使用しています。 こうすることで、すべてのトークン保有者が、ネットワークの運営と未来に積極的に参加できます。 Ethereum 2.0、Cardano、そしてPolkadotは、このガバナンスモデルが実際に機能している良い例です。 これらすべてのネットワークでは、ネイティブトークンに投票権がプログラムされており、ネットワークを介してすべてのユーザーに権限が分配されます。

このように、ブロックチェーンは、トランザクション方法に関して分散化の力を発揮するだけではありません。 この新しいガバナンスモデルの助けを借りて、ブロックチェーンはその運用において、完全に分散化された有機体となることができます。 これは、ほとんどのネットワークが必死に実現しようとしているものです。

全体として、ブロックチェーンは今後に向けて、多くの新しい課題に直面しています。 ブロックチェーンが私たちに何かを教えてくれたとすれば、それは、すべてのものは必ず、時間をかけて改善することができるし、改善されるということです。 実際、この分野ではすでに、多くのイノベーションを目の当たりにしています。 その多くは、暗号資産の有用性を拡大し、さまざまなエコシステムで利用できるようにすることを目的としています。

ここまでで、ブロックチェーンの各世代やその機能の違いについて、よくご理解いただけましたら幸いです。 あなたはもう初心者ではありません。わずか数分で変わったのです。

次の記事では、お待ちかねの暗号資産やその種類やユースケース(使用例)、所有方法などの話題に移りたいと思います。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。


お客様のメールアドレスは、ニュースレターの配信、アップデートおよびキャンペーン情報の送信にのみ使用されます。ニュースレターに記載されたリンクから、いつでも購読を解除することが可能です。

データの管理方法とお客様の権利については、こちらをご覧ください。