基礎

経路 4. 運用を続ける

チャプター 1/3

Web 3.0詐欺の説明

読む 5 分
This image has an empty alt attribute; its file name is cover-22-1024x421.png
重要なポイント
— Ledgerは、お客様の鍵と資金に可能な限り最高のセキュリティをご提供することをお約束します。 ただし、Ledgerでも、Web 3.0の特定のリスクや危険からお客様を守ることができません。

— クリプト・シリング(暗号資産のやらせ的な宣伝)は、暗号資産で最も一般的な詐欺の1つです。 これには、偽のプロジェクトを宣伝したり、可能性のないプロジェクトを誇大宣伝したりすることが含まれます。

— ラグプル(ラグ≒カーペットを引っ張る)は、暗号資産業界でよく見られるもう1つのリスクです。 創設者はプロジェクトを宣伝し、トークンの価格が上昇すると、自分たちの持ち分をを売却してプロジェクトを放棄します。

— プロジェクトに参加する前に、十分に調査することが不可欠です。 それがまさに、私たちがサポートする部分です。

Ledgerハードウェアウォレットはセキュリティに関するものですが、Ledgerでも保護できないリスクがいくつかあります。 このセクションでは、一般的なWeb 3.0詐欺の手口と、この空間を探索する際に知っておくべきことについてご説明します。

Web 3.0詐欺

Web 3.0では、間違いなく、誰でもプロジェクトを開始し、トークンの販売を開始できます。暗号資産プロジェクトのビジネスチェック、規制当局、行動規範はありません。 暗号資産とブロックチェーンの空間は、まだ開発の初期段階にあります。 そして、その不透明な環境は、自分の利益を虎視眈々と狙う連中が、非常に古い策略を実行するのに最適な場所です。

シリング

シリングは新しい詐欺ではありません。実際のところ、取引そのものと同じくらい古くからあります。

製品やビジネスアイデアが「シリング(やらせ的な宣伝)されている」場合、それは、ある個人がそのアイデアを擁護していることを意味しますが、個人的な利益のために行われています。 つまり、あなたに、「一生に一度のチャンス!!」と言ったり、「今すぐ買わないと売り切れますよ!」などと言って、そのアイデアに投資する最高のチャンスだと、あなたに信じ込ませるかもしれません。 現実的には、これはまったく絶好のチャンスではありません。また、あなたの投資から利益を得られるのは、そのサクラだけです。

この、誰でもプロジェクトを開始してあなたの投資を求めることができる、自由で簡単な暗号資産の世界では、やらせ・サクラ満載の嘘プロジェクトが、非常に一般的です。

暗号資産の「シリング」とは?

暗号資産のシリングには、いくつかの形態があります。

  • 例えば、偽のプロジェクトを宣伝することを意味する場合があります(これについては後でご説明します)。
  • また、金銭的報酬と引き換えにプロジェクトを支持している人を意味する場合もあります (つまり、その人のアドバイスは公平なものではありません)。

どちらの場合でも、考え方は同じです。つまり、プロジェクトに関して誇大広告を行い、あなたや私のような無防備な人々に信じ込ませようとします。

少しの誇大広告で大成功する場合があります。例えば、投資する人が増えるほど、トークンの需要が高まり、価格が上昇し、プロジェクト全体の価値が高まります。

テスラCEOであるイーロン・マス氏がTwitterで、「人々の暗号資産」と呼んだ後、Dogecoinの価格が50%急騰 - Technology News

画像引用元:thank you internet

暗号資産のシリングを見抜く方法

暗号資産のシリングは、常にはっきりしているとは限りません。 「ちょっと!この素晴らしいトークンを見てください。お金を稼いで、世界を救いたいなら、今すぐ100%投資すべきです!」という人を、いつも見かけるわけではないかもしれません。 そうではなく、次のような感じかもしれません。

  • インフルエンサー

すべてのインフルエンサーがInstagramを利用しているわけではありません。 暗号資産の世界では、プロジェクトを支持する、有名人のような影響力のある人物に出くわすことがあります。

ですが、その有名人は透明性が高くない可能性があります。つまり、彼らは、その支持に対して報酬を受け取っていたり、プロジェクト自体に参加してたりする可能性があります。 いずれにせよ、彼らのアドバイスは公平ではなく、あなたの利益にはなりません。私利私欲でやっているに過ぎません。

実践的な対処方法ですか? それは、常に「なぜ?」と考えることです。 影響力のある人物が、以前は市場に関心を示す兆候がまったくなかったにもかかわらず、突然暗号資産に注意と支持を向けたように見える場合、彼らはあなたではなく、自分自身のことを考えている可能性が高いです。

  • プロジェクト発起人

当然のことながら、暗号資産プロジェクトの背後にいるチームは、プロジェクトの成功を望んでいます。彼らは自分たちで大きな分け前を持っているでしょう。 注目と投資を集めるために、彼らがそれを誇大宣伝するのは自然の流れです。

ただし、覚えておいてください。そのチームは、プロジェクトの成功に自分たちの利益がかかっています。 そのため、彼らのアドバイスが公平である可能性は低いです。

実践的な対処方法ですか? 自分で調査をすることです。 チームが世界を救うなどと約束している場合は、ロードマップ、ホワイトペーパー、さらに、Etherscan(これについては後でご説明します)などの他の情報源と照らし合わせてください。

ラグプル-暗号資産でよくある完璧な詐欺

暗号資産で蔓延している別のタイプの詐欺についてお話ししましょう。

ラグプルとはまさにその名の通り、誰かがあなたの下のラグ(≒カーペット)を引っ張ります。 暗号資産の場合、ラグプルには、明るい未来を約束して、コインかNFTのいずれかを販売する、偽のプロジェクトが含まれます。

プロジェクトの需要が高まるにつれて、トークンの価格も上昇し、そのプロジェクトの全体的な価値も上昇します。 その結末ですか? プロジェクトに未来はなく、作成者たちはそのことを知っています。

パンプ・アンド・ダンプ(高値売り抜け)

あなたと他の投資家があなたの資金をプロジェクトに投入する(暗号資産でふくらます)と、トークンの需要と価格が上昇します。 その後、作成者あるいは創設者は、あなたや他の買い手が示した関心のおかげで膨らんでいる、自分の持ち分を売却します(投げ売り)。

そのプロジェクトの作成者は、見通しはまったくなく、自分たちの持ち分を売却後、プロジェクトを放棄します。 あなたと他の投資家の手元には、もはや存在しないプロジェクトのトークンが残されます。

最近の例としては、SushiSwap (SUSHI) の出口詐欺とされるものがあります。 このプロジェクトでは大幅な価格上昇が見られ、その作成者である、匿名のChef Nomiは、即座に1,400万ドルを現金化しました。 これにより、SUSHIの価格は、1週間足らずで9ドル強から1ドル強に急落しました。 極端なコミュニティの反発後、Chef Nomiは最終的に資金を送り返しました。 ほとんどのラグプルは、そこまでいい感じには終わりません。

門番はあなたです

要約すると、Web 3.0の自由さは、ほぼすべての人が好きなように主張できる完璧な環境です。 鍵がLedger Nano内で完全に安全であっても、やり取りする前にプロジェクトを精査するのは、あなた次第です.

Ledger Academyは、そのサポートをします。それについては、次の記事でご説明します。 ここでは、健全な懐疑心を持って、DeFiとNFTプロジェクトにアプローチする方法の概要を簡単にご説明します。

詐欺を避ける方法

誰かに説得されて、プロジェクトに資金を投入する前に(相手がどんなに熱心でも)、必ず次のことを確認してください。

  • その人は、なぜあなたと話をしたがっているのかを自問してみてください。その人は会話に興味を持っているのでしょうか?
  • 暗号資産プロジェクトを勧めてくるプライベートメッセージには、決して返信しないでください。Web 3.0で、個人的に連絡を取る理由はありません。
  • 自分で調査をしてください。 主観的な関心にとらわれることなく、プロジェクトに関する重要な事実を収集します。

知識は力なり

では、Web 3.0で直面する新しいリスクの一部をおわかりいただいたところで、次は、あなたご自身で調査を行う方法についてご説明します。 セキュリティに含まれるのは、暗号資産ウォレットだけではありません。どのような質問を自分自身にすればいいのか、どのように自分でさまざまなチャンスを調査すればいいのかなど、自分自身を教育することでもあります。 それでは、次に、その問題に取り組みましょう。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]