基礎

経路 1. 暗号資産について

チャプター 4/5

どれくらいの種類の暗号資産が存在しますか?

読む 5 分
This image has an empty alt attribute; its file name is cover-22-1024x421.png
重要なポイント
— 暗号資産には複数の異なる種類があり、それぞれに独自の機能があり、それらはすべて何らかの方法で価値を保存します。

— 暗号コインはそれぞれ、独自のブロックチェーンのネイティブ資産です。 また、それらの主な目的は、そのネットワークを保護することです。

— トークンは、既存のブロックチェーンネットワーク上で開発されます。 それにより、ブロックチェーンエコシステム内のさまざまなプラットフォームやアプリケーションとやり取りできます。

— ステーブルコインとNFTは、暗号資産トークンのサブカテゴリです。

— これは、暗号資産の世界へと旅を始める、最初のステップです。 では、それらについてもっとよく知りましょう。

暗号資産がどういうものなのかお分かりいただけたと思いますが、ここでもう少し掘り下げてみましょう。 暗号資産は何種類存在し、それぞれ一体何が違うのでしょうか? ここで詳しくご説明します。

暗号資産は何種類あるのでしょうか?

ビットコインが最初の暗号資産となっているかもしれませんが、それしかないということは、ありえません。 ブロックチェーンの世代ごとに、新しいタイプの暗号資産が、さまざまなタイプのユースケース(活用事例)とともに出現しています。 現在、暗号資産市場には、6000種類以上のデジタル通貨があり、絶えず拡大しています。

暗号資産

また、暗号資産は、一般的に4つのグループに分けられます。

  1. コイン
  2. トークン
  3. NFT
  4. ステーブルコイン

NFTとステーブルコインは、暗号資産トークンのサブカテゴリです。 ただし、それらは暗号資産の世界で特別な位置を占めているため、個別にご説明します。

コイン

暗号資産コインは、独立したブロックチェーンネットワーク上に構築されています。 トークンとは対照的に、コインの決定的な特徴は、それが独自のブロックチェーンのネイティブ資産であることです。 暗号資産コインは、トランザクションに使用される価値の単位です。 その主な目的は、基盤となるブロックチェーンネットワークを保護することです。

Bitcoin、Ether、Tezosはすべて、暗号資産コインの好例です。 それぞれ独自のブロックチェーンを持ち、価値の単位でありながら、そのブロックチェーンを保護する役割を果たしています。 現在、1000種類以上のコインが存在し、それぞれ独自のブロックチェーンを保護するという重要な機能を果たしています。

トークン

また、暗号資産トークンは、価値の単位にもなります。 ただし、トークンは既存のブロックチェーンネットワーク上に作成されます。暗号資産トークンの定義的な特徴は、独自の基盤となるブロックチェーンを持たないことです。

スマートコントラクト(これについては後ほどご説明します)の助けを借りて、暗号資産関連のプロジェクトは、既存のブロックチェーンネットワーク上に独自のトークンを作成します。 では、トークンをよりよく理解するために、イーサリアムを例にとって考えてみましょう。

イーサリアムブロックチェーンのネイティブ暗号資産はEther(イーサ)です。 Etherは独自のブロックチェーン上で動作するため、暗号資産コインです。 しかし、Ethereumブロックチェーンで使用されている暗号資産はこれだけではありません。 Ethereumブロックチェーンの重要な属性は、プログラム可能であることです。 つまり、開発者がさまざまなプロジェクトを構築し、さまざまなトークンを作成するのに使用できます。 これは、ERC-20トークン規格と呼ばれるもののおかげで可能になりました。

  • ERC-20トークン

ERC-20トークンは、Ethereumブロックチェーンでトークンを作成するための標準プロトコルです。 これはEthereum Request for Comments(イーサリアムコメント要求)の短縮形で、20は提案識別子です。

インターネット上のウェブサイトはすべてHTTPに準拠していなければならないのと同様に、イーサリアムで作成されるトークンはすべて、ERC-20規格の指示に従わなければなりません。 これにより、さまざまなアプリケーションがイーサリアム上で互いに通信できるようになります。 ERC-20ガイドラインに従って、イーサリアムネットワーク上で自分でトークンを作成することもできます。

イーサリアムネットワークが進化するにつれて、そのトークン規格も発展してきました。 ERC-721やERC-1155など、さまざまな種類のトークンがイーサリアムネットワーク上に存在します。 この話はまた後でしますので、まず、この空間で遭遇する可能性のある、さまざまなタイプのERC-20トークンをいくつか見てみましょう。

DeFiトークン

第2世代のブロックチェーンにより、アプリケーションの構築が可能になりました。 ブロックチェーン上に構築された各アプリケーションは、その機能を実現するためにトークンを必要とします。 開発者がブロックチェーンを金融業界に適用し始めると、DeFiという新しいエコシステムが出現し、それに伴ってDeFiトークンも登場しました。

暗号資産トークンはそのブロックチェーンのネイティブ資産ではなく、基盤となるネットワークをサポートしていません。 一方で、各トークンはそれぞれ独自の経済をサポートしています。 特定のプラットフォームで商品やサービスと引き換えに、トークンを取引できます。

「Aave」と「Sushi」は、ERC-20規格に準拠した DeFiトークンの良い例です。 これらは、独自のDeFiプラットフォームである「Aave」と「Sushiswap」の通貨として機能し、ユーザーがそれらのプラットフォームのユーティリティ(何らかの機能や実用性を持ったもの)を利用できるようにします。

メタバーストークン

ERC-20トークンのもう一つの重要な使用例として、メタバースがあります。 国ごとに個別の経済があるのと同様に、各メタバース空間には独自の閉鎖経済とそれを動かす独自の通貨があります。 メタバース空間のネイティブ通貨は、メタバーストークン、あるいは「メタトークン」と呼ばれます。

The Sandboxはその好例です。 そのネイティブ通貨のSANDは、サンドボックスでの交換単位です。 サンドボックスのサービスとユーティリティにアクセスし、その経済に参加するには、SANDトークンが必要です。

これらはERC20トークンが実際に使用されている2つの例に過ぎず、他にも数千種類のトークンが存在します。

  • ERC-721トークン

暗号資産空間におけるERC-20トークンについて基本的な理解ができたところで、別のトークン規格であるERC-721と、それがエコシステムにもたらすものについて見ていきましょう。

NFT

ERC-721という用語にまだ慣れていない場合は、次のように言い換えてみましょう。「これはNFTの専門用語です」。 NFTはイーサリアムブロックチェーン上で初めて登場し、そのエコシステム内では、ERC-721トークン規格に準拠しています。

NFTが重要な理由とは?

NFTは、デジタル所有権の究極の表現です。 NFTは、アート、音楽、ゲーム資産、ツイート、ニュース記事、現実世界のものの権利など、あらゆる種類のデータをトークン化してデジタルで所有できるようにします。 これにより、まったく新しいエキサイティングなタイプの経済(最初の記事でお話しした、所有権のインターネット) が生まれました。

NFT はすでに、デジタルファッション、ゲーム資産、土地や不動産のデジタルプロットの作成に使用されています。さらに、クリエイターやアーティストが、ブロックチェーン上に完全に存在するアートの作成にも使用されています。 これの最も良い例は、NFTアーティストのBeepleによる、有名な「Everydays: The First 5000 Days」です。

ゲームにおけるNFT

ゲーマーになったことがあれば、ゲーム内資産がゲームエコシステムの大きな部分を占めていることに気付くでしょう。 プレイヤーは、ゲーム体験を向上させるには、お金を使ってゲーム内資産を購入する必要があります。 ただし、絶対に、購入した資産を実際に所有して、リアルタイムの価値と交換することはできません。 また、プレイヤーは、ゲーム内の資産を別のゲームで使用したり、マーケットプレイスで販売して法定通貨を獲得したりはできませんでした。

このシナリオは、NFTのおかげで、大きく変わりつつあります。

新しく開発されたブロックチェーンゲームのほとんどは、NFTをゲーム内資産として使用しています。 例えば、あるNFTを買ったとしましょう。 それをゲーム内で使ったり、別の資産と交換したり、マーケットプレイスで売ってリアルタイムの価値を得たりできます。 実際にNFTを所有しているのです。 NFTは、ゲームエコシステムの運営方法に大きな変化をもたらしました。

メタバースのNFT

NFTは、メタバース開発を支える主な原動力の1つでもあります。 ユーザーは、自分のデジタル環境や仮想土地、財産を NFTの形で「所有」できます。 これにより、従来のゲームでは利用できなかった、仮想体験という新たなレイヤーが追加されます。

NFTは真のゲームチェンジャーです。 NFTの登場で、仮想資産のデジタル所有権を持つことができるようになり、デジタルとリアルの境界が徐々に曖昧になってきています。

ステーブルコイン

では最後に、ステーブルコインについてお話ししましょう。

暗号資産は、その不安定な性質と極端な価格変動で知られています。 法定通貨の代わりに、暗号資産を使用して価値を移転するのは、その価格変動(ボラティリティー)を考慮すると非現実的です。

そこで登場するのが、ステーブルコインです。 その名の通り、ステーブルコインは価格が変わらなかったり、安定しているコインです。 ステーブルコインは、ERC-20トークンの中でも特殊です。 その主な目的は、暗号資産の長所を活かしつつ、不安定な性質を排除することです。

ステーブルコインは、他の資産に支えられているため、安定した価値を維持できます。 例えば、人気のあるステーブルコインの1つであるTether (USDT) は米ドルと連動しています。 1 USDTにつき、実際の1ドルが準備金として保持されるため、USDTの価値はドルそのものと同じくらい安定しています。 ステーブルコインは、DeFiエコシステムの生命線として機能するようになりました。これは、その安定した性質が、DeFi のさまざまな機能に不可欠だからです。

暗号資産へようこそ

これで、暗号資産の世界へと羽ばたく、最初の章が完了しました!

情報が多いように見えるかもしれませんが、これらの基本的な定義を知ることで、暗号資産エコシステムから何を得たいのか、また、選択するコインやトークンを介してそれにアクセスする方法を決定できるようになります。

暗号資産は、さまざまな新しい可能性に溢れた全宇宙への鍵です。そこで、次の章では、暗号資産の管理と、暗号資産を管理するために必要な、ある不可欠なツールについてご説明しましょう。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]