新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

Tether wallet

Secure your USDT assets

Secure your Tether assets with the most trusted hardware wallet. Cold storage wallets are typically encrypted devices that store users' Tether assets offline, providing a layer of security against the evolving threats emerging from being connected to the Internet.


State-of-the-art
security


Simplicity


Multicurrency

Discover our wallets

Secure your Tether (USDT)

Secure multiple assets, including Tether using a Ledger Hardware Wallet.
Your private keys, giving access to your assets, remain safe in a certified secure chip.

Ledger Nano S

Ledger Nano S

Protect your Tether assets with the first and only
independently-certified Tether wallet on the market.

Learn more
Ledger Nano X

Ledger Nano X

The Ledger Nano X is a Bluetooth® enabled secure and
CES award winning device that protect your Tether assets

Learn more

How to manage your Tether (USDT)

Praised by our community

Schell T.

簡単でお手頃。暗号資産の保有でもおすすめな選択肢です。

Nathan D.

Ledgerのおかげで安心して暗号資産を保有できます。

John M.

暗号資産を保有するのに非常に便利で、かなりおすすめです。

Bibash L.

素晴らしい製品です。Ledger LiveでLedgerを最大限に活用するのがおすすめ。最高のコンビネーション。お気に入りです。

View more

What is Tether (USDT)

Tether は暗号資産のステーブルコインで、当初はその価値が米ドルと1対1で固定されていましたが、2019年3月にテザー社が100%の裏付けを、「テザー社が第三者に行った融資によるその他の資産と債権」米ドルとの組合せに切替えました。

tether-plain

Tether (USDT) features

Tether社は、これまでも、そしてこれからも、全体的なマーケットキャップ(時価総額)と一般的な使用に関して、より広範に暗号資産のステーブルコイン市場で機能しい続けます。 Tether Limited社はTethers(USDTs)を発行しており、Tether社は2014年11月に「Realcoin」から「Tether」と正式に改称しました。Realcoinは当初、Omni Layer protocol(オムニ・レイヤー・プロトコル)を用いてBitcoinブロックチェーン上でトークンを配布していました。

Tetherの主な目的は、暗号資産市場、特に取引所において、Fiat(フィアット)の代替手段としての役割を果たすことです。取引所では、銀行特有の問題により、 安定した銀行関係を維持するために 、多くの取引所がフィアットにアクセスする問題が発生しています。

Tetherは、長年数々の批判を受けてきましたが、価格変動の高い市場におけるステーブル(安定した)価格ペグとして、暗号資産の極めて重要な供給源です。

設計と裏付け

Tetherは、BitcoinとEthereum両方のトランスポートプロトコル上で発行されています。 Tetherによるコメント:

「Tetherは現在、2つのトランスポートプロトコル(BitcoinとEthereum)で利用することができます。そのため、ユーザーが他のアドレスにTetherを送る際には、宛先アドレスを慎重にチェックし、標準のBitcoin・Ethereumのどちらの形式かを確認して、正しいトランスポートプロトコルを選択する必要があります。」

Tetherは2019年3月まで、同額のフィアット通貨(USDまたはEUR)によって100%裏付けされていました。 しかしその後、Tether Limitedの顧問弁護士は、Tetherの74%のみが現金および現金同等物によって裏付けられており、残りの26%は短期証券による裏付けだと発表しました。

Tetherの裏付け資産に関する暴露や憶測がいくつかありましたが、Tetherは、混乱期を含むその存続期間の大部分において、米ドルとの連動を維持してきました。

大まかに言うと、Tetherは中央機関(すなわちTether Limited)が発行し、需要に基づいて供給をバーン(焼却)する、いわゆる「法定通貨担保型」のステーブルコインです。 たとえば、アリスが100USDTを保有していて、それを100米ドルに換金したい場合、Tetherは同額のUSDTステーブルコインを破棄してアリスに100米ドルを発行します。

このモデルは非常に単純であり、ステーブルコインの発行元である企業は、供給を裏付ける準備金にユーザーが預金することで発生する利息によって収益を生み出しています。

Tetherは米ドルだけでなく、ユーロなど他のフィアット通貨にも市場のアンカーを提供しています。 保有者はUSDTを1対1の比率で米ドルに交換できるため、基本的にTetherは、暗号資産市場で不足しがちなフィアット通貨の流動性の代替という重要な役割も担っています。

Tetherは、世界で最も人気のある(そして最も流動的な)ステーブルコインであり、ほぼすべての暗号資産取引所で利用することができます。 興味深いことに、プロが行う裁定取引は、Tetherがステーブル(安定)状態を維持しながらスケーリングしていく上で重要な役割を果たしています。これは、他の形態のステーブルコインにとって課題となっています。

現在の循環供給量は29億USDT弱です。

ステーブルコインのマーケット

Tetherのようなフィアット通貨によって担保されたステーブルコインの人気は急上昇しており、新たなステーブルコインが次々と市場に参入しています。 その中央集権的な設計により、Tetherは暗号資産市場が崩壊した場合でも、フィアット通貨の裏付け資産によってその価値が保たれるため、暗号資産の価格変動に対する重要なリスクヘッジとされています。

ステーブルコイン市場では透明性を求める傾向が強まっているため、Tetherの準備金は毎日公開され、裏付け資産が循環供給量と同等かそれ以上であることを投資家に保証しています。

また、TetherをUSDまたはEURで発行または換金するにはKYC(本人確認)も必須となっています。

Stay in touch

Announcements can be found in our blog. Press contact:
[email protected]

Subscribe to our
newsletter

New coins supported, blog updates and exclusive offers directly in your inbox


Your email address will only be used to send you our newsletter, as well as updates and offers. You can unsubscribe at any time using the link included in the newsletter.

Learn more about how we manage your data and your rights.