ERC20ウォレット

ERC20資産を安全に保管

ERC20資産を、最も信頼されるハードウェアウォレットで保管 コールドストレージウォレットは、ユーザーのERC20資産をオフラインで保存するデバイスです。インターネットに接続することで発生する脅威に対するセキュリティを提供します。


最先端の
セキュリティ


シンプル


マルチ通貨

ウォレットを見る

ERC20をLedgerデバイスで管理する方法

ERC20(ERC20)を安全に保管

ERC20を含む複数の資産を、Ledgerハードウェアウォレットで安全に保護しましょう。
お客様の暗号資産へのアクセスを提供する秘密鍵は、認証済みのセキュアチップによって安全に保護されます。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

業界初で唯一の方法で、ERC20資産を守りましょう
独自の認証済みERC20資産ウォレット

詳細はこちら
Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xは、CESアワードにも輝いた安全でBluetooth®
CESアワード受賞デバイスで、ERC20資産を安全に保護する

詳細はこちら

ERC20(ERC20)を管理する方法

LedgerLive

当社独自のデスクトップおよびモバイルアプリケーションであるLedger LiveでERC20を直接管理できます。 Ledger Liveでリアルタイムの残高を確認したり、ERC20やその他5,500種以上の資産を直接送受信しましょう。

ERC20をLedgerデバイスで管理する方法

コミュニティからの高い評価

Kevin L.

美しいハードウェアで、アプリのUIもゴージャスです。

Cynthia G.

保有している暗号資産が安全であると感じられるのはほっとします。使用も簡単です。ありがとうございます。

Christopher H.

小型で安全、最高です。値段に見合う価値があります。

Rafael J.

資産を安全に守るコールドウォレットならこれ以外にありません。

もっと見る

ERC20(ERC20)とは

ERC20は、Ethereumネットワーク上でトークンを発行する具体的ルールや基準を定めたプロトコル規格です。 Ethereumブロックチェーン上で発行されるトークンの大半はERC-20に準拠しています。 あるトークンを別のトークンと交換することができます。

ERC20(ERC20)の特長

ERC-20(Ethereum(ETH)コメントのリクエスト)は、パブリックブロックチェーン上のスマートコントラクトトークンの規格として採用された、正式なEthereum Improvement Proposalです。 ERC-20は、開発者のFabian Vogelsteller氏によって提案され、2017年のICOによる資金調達方法やブームの火付け役となりました。さらに、パブリックネットワークにおける標準化されたプロトコルの可能性を強調するなど、一連の物語を包含するまでに成長しました。

Ethereum(ETH)は、プログラミング言語「Solidity」を採用するスマートコントラクトを用いて、分散型アプリケーション(dapps)を構築するパブリックブロックチェーンネットワークです。 Ethereum(ETH)には、イーサ(ETH)という固有の暗号資産があり、ネットワーク上でのトランザクションや、ネットワーク全体の計算コスト、スパムを防ぐために必要なガス代の支払いに使用されます。

しかし、ネットワーク上にスマートコントラクト(表向きは自律性アカウントとコンピュータプログラム)が存在することで、Bitcoinにはない一連の新機能がEthereum(ETH)では可能になります。 Ethereum(ETH)はチューリング・コンプリートプラットフォームであり、ネットワーク上のアプリケーションには、事実上あらゆるロジックをプログラムすることができます。 スマートコントラクトとは、ネットワーク上で自動機能を実行するアカウントのことで、スマートコントラクト集合体がより広い目的を持った形で合体したのがdapps(Decentralized Applications:分散型アプリケーション)です。

コミュニケーションを促進し、機能的で相互運用可能なdappsやスマートコントラクトを開発するために、トークンの標準化スマートコントラクトフレームワークを作成しました。 その中でも最も著名なのがERC-20です。

ERC-20は、Ethereum(ETH)上で代替可能なトークンを作成、発行、管理するための標準化されたフォーマットです。 これらのトークンは、ユーティリティー・トークンなどの異なる用途やアプリケーションを持ち、開発者がERC-20を参考にして作成します。 この規格は、ERC-20トークンを転送してやり取りするための基本的フォーマットを提供しており、その後、様々なウォレットでトークンの保管、転送、管理を可能にする際に役立ちます。

標準化は急速な技術革新をもたらし、インターネットのデザインを際立たせます。

ERC-20を使用すると、プロジェクトはインセンティブ構造や資金調達手段として、様々なdapps内で使用するトークンを容易に作成・発行することができます。 注目すべきは、ERC-20がEthereum(ETH)上のDApp等のプロジェクトに資金を供給するために、暗号資産で直接資金を調達する手段であるICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)の基盤になっていることです。 ICOは、2018年に 63億ドルを調達した 、ユーザーと投資家をプロジェクトに直接結びつけるユニークなクラウドファンディングの手法です。

ERC-20トークンは、各トークンの単位が次のトークンと同等で代替可能にであるように設計されています。 例えば、Maker DAO ERC20を使った場合、1MKRは常に1MKRと同等の価値を持ちます。

ERC-20の標準化技術フォーマットとバルーン状ネットワーク効果の組み合わせにより、この規格はEthereumで広く採用されるようになりました。 ネットワーク上の殆どのトークンはERC-20と互換性があり、別のネットワークへ交換・転送することができます。 コインアグリゲーションサイトで見かけるEthereum(ETH)関連トークンの殆どは、Maker、DAI、Augur REPのようなERC-20トークンです。

重要なのは、イノベーションと相互運用性を向上させるための標準化プロトコルとコントラクトの役割について、ERC-20トークンが暗号資産分野での幅広い議論を展開したことです。 ブロックチェーンが相互に価値やデータを交換できるようになると、プロトコルの標準化が議論の中心になります。

EthereumのERC-20以外にも、非代替可能などの異なるタイプのトークンに焦点を当てた規格(ERC-721など)がいくつか登場しました。 これらの非代替可能トークンは、バーチャルの猫のようなユニークなデジタル資産を表しており、CryptoKittiesがNFTの代表的な例として挙げられます。

ERC-20が与えた全体的な影響は、Ethereum上に存在するdapps、イノベーションエコシステム(=DeFi)の成長です。 トークン規格としてのERC-20の人気により、標準化をパブリックブロックチェーンにさらに拡大する可能性が注目されています。さらに、この業界は、可能性を最大限に解いた初期段階に過ぎないのです。

ERC-20トークンは、Ethereum上に構築されています。また、dappsのようなネットワーク上のエコシステムの中に存在するトークンであることを覚えておくことが重要です。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。