Cardanoウォレット

ADA資産を安全に保管

Cardano資産を、最も信頼されるハードウェアウォレットで保管 コールドストレージウォレットは、ユーザーのCardano資産をオフラインで保存するデバイスです。インターネットに接続することで発生する脅威に対するセキュリティを提供します。


最先端の
セキュリティ


シンプル


マルチ通貨

ウォレットを見る

LedgerデバイスでCardanoを管理する方法

Cardano(ADA)を安全に保管

Cardanoを含む複数の資産を、Ledgerハードウェアウォレットで安全に保護しましょう。
お客様の暗号資産へのアクセスを提供する秘密鍵は、認証済みのセキュアチップによって安全に保護されます。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

業界初で唯一の方法で、Cardano資産を守りましょう
独自の認証済みCardano資産ウォレット

詳細はこちら
Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xは、CESアワードにも輝いた安全でBluetooth®
CESアワード受賞デバイスで、Cardano資産を安全に保護する

詳細はこちら

Cardano(ADA)を管理する方法

コミュニティからの高い評価

Kevin L.

美しいハードウェアで、アプリのUIもゴージャスです。

Carlos S.

この小さなデバイスはフォルムも素敵で美しく、使い勝手も抜群です。

Cynthia G.

保有している暗号資産が安全であると感じられるのはほっとします。使用も簡単です。ありがとうございます。

Mate J.

使いやすく、クオリティも高いのでとてもおすすめです。

もっと見る

Cardano(ADA)とは

Cardano(カルダノ ) は、科学的な研究と哲学に根ざしたモジュラーデザインを持つ、分散型オープンソースのスマートコントラクトプラットフォームです。 このプロジェクトの開発と運営は、カルダノ財団、IOHK開発チーム、Emurgo組織が担っています。 このプロジェクトは、エンジニアや開発者、その他のグローバルな貢献者コミュニティからの後援も受けています。

cardano_plain

Cardano(ADA)の特長

Cardanoはトークンセールで約6300万ドルを調達し、「vouchers」と呼ばれる初期ADAを260億枚発行し、総サプライ(供給量)の上限は450億ADAとなっています。

カルダノネットワークは、ピアレビューを受けたOuroboros(ウロボロス)と呼ばれる学術的に考案されたPoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)のコンセンサスメカニズムをベースにしており、ADAは、daedalus(ダイダロス)ウォレットを使って保管・送金することができます。

カルダノネットワークは、3月にメインネットでリリースされたCardano1.5に続き、現在はShelley開発フェーズにあります。 Ouroboros BFTのコンセンサス(合意)メカニズムは、その後、 ウロボロス(Ouroboros)・ジェネシス ステージに移行し、シェリー時代の開発プロトコルとして運用されることになります。

Shelleyと今後の予定

Shelleyは、Cardanoがネットワークの「完全な分散」と呼ぶ道を開拓するものと言えるでしょう。 Cardanoでは、ここ数年間に綿密な開発が行われており、ネットワークの起ち上げは2019年とされています。 サードパーティの開発者が、Shelleyのメインネットを本格的に起ち上げる前に、Shelleyのテストネットがアプリケーションをテストしたりバグを確認したりするのに利用されます。

重要なのは、ShelleyがCardanoの初期テストネットワークにおける連合型の中央集中型ノードから、今後数ヶ月のうちにADA保有者全員がステーキングを可能にするという移行を象徴していることにあります。

Cardanoはプログラミング言語Haskellで書かれており、マルチレイヤーのアーキテクチャで構築されています。 ベースレイヤーは、ADAのアカウント単位を持つネットワークの決済レイヤーで、ネットワーク上で稼働するスマートコントラクトを扱う「コントロールレイヤー」と連携するものになっています。

トークン保有者 (ADA) は、オンライン中に直接ステーキングするか、ADAをデリゲートしてDaedalusウォレットやYoroiウォレットでネットワークの検証プロセスに参加することができます。 ステーキングプール運営者は、オンチェーン証明書に対応するデリゲートされたADAを管理しますが、デリゲーターは、デリゲートされたADAから発生する金銭的権利および収益を保持します。

Cardanoは、自社のPoSコンセンサスメカニズム「Ouroboros」を、数学的に安全で、学術関係者による検証を受けた初のPoSコンセンサスアルゴリズムとしています。

Cardanoチームと金融方針

Cardanoの開発には、主に3つのチームが関わっています。

1. Cardano Foundation
2. IOHK
3. Emurgo

Cardanoの主要開発チームであるIOHKは、Ethereum Classicの主要開発チームの一つでもあります。 IOHKは、エコシステム開発の営利・商業部門であるEmurgoの構築も請け負っています。 Emurgoはブロックチェーンテクノロジーに関する教育リソース、インキュベーションアクセラレーター、システム開発、アドバイザリーサービスを提供しています。

Cardano Foundationはスイスに本拠地を置く組織で、プラットフォームの採用促進、法規制や商業基準の策定、コミュニティの発展、ステークホルダーへの説明責任の遂行、パートナーシップの構築をその使命としています。Cardano Foundationの声明

「Cardano Foundationはスイスに拠点を置く独立した組織で、Cardanoとそのエコシステムの開発を監督・支援することを主な責務としています。私たちはCardanoの保護・促進を担い、プロトコルのユーザーとコミュニティを代表して活動することをお約束します。」

当初作成された260億のADAトークンのうち、約51億がCardanoの開発に携わる3つのチームに割り当てられました。 総供給量の上限は450億トークンで、上限に至るまでの追加トークンは、今後24年間にわたってPoS検証プロセス(ブロック報酬)を通じて発行されます。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]