Stellarウォレット

XLM資産を安全に保管

Stellar資産を、最も信頼されるハードウェアウォレットで保管 コールドストレージウォレットは、ユーザーのStellar資産をオフラインで保存するデバイスです。インターネットに接続することで発生する脅威に対するセキュリティを提供します。


最先端の
セキュリティ


シンプル


マルチ通貨

ウォレットを見る

LedgerデバイスでStellarを管理する方法

Stellar(XLM)を安全に保管

Stellarを含む複数の資産を、Ledgerハードウェアウォレットで安全に保護しましょう。
お客様の暗号資産へのアクセスを提供する秘密鍵は、認証済みのセキュアチップによって安全に保護されます。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

業界初で唯一の方法で、Stellar資産を守りましょう
独自の認証済みStellar資産ウォレット

詳細はこちら
Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xは、CESアワードにも輝いた安全でBluetooth®
CESアワード受賞デバイスで、Stellar資産を安全に保護する

詳細はこちら

Stellar(XLM)を管理する方法

Ledger Live

当社独自のデスクトップ・モバイルアプリLedger Liveで、Stellar (XLM)を直接管理することができます。 リアルタイムで残高を確認したり、Ledger Liveから直接XLMやその他5,500以上の資産を送受信することができます。

Ledger Liveについて

コミュニティからの高い評価

Michael L.

すばらしいハードウェアウォレット。使い方も簡単。Linuxでも快適に動作します(Ledger Live)。

Yoon I.

暗号資産ウォレットの中でも最も優れていると思います。

Dominic H.

使い勝手に優れ、手順に従うだけでOK。おかげで暗号資産投資を安心して行えます。

Simone M.

パーフェクトな暗号資産のウォレットです。

もっと見る

Stellar(XLM)とは

Stellar は、主に国際決済や資産の送金、低コストの支払システムなど、複数の目的のために作られた、オープンソースの分散型暗号資産ネットワークです。 このプロジェクトは、Jed McCaleb氏とJoyce Kim氏によって2014年に設立され、McCaleb氏が共同設立者として携わったリップルプロトコルをフォークさせたものです。

stellar-plain

Stellar(XLM)の特長

このプロジェクトは当初、国際金融システムやグローバルトランザクション(取引)の仲介役としてブロックチェーンを促進するためにデザインされました。 Stellarネットワークは、Stripe社CEO Patrick Collinson氏と共同で設立されたStellar Development Foundationが後援しています。

ステラ(Stellar)は、、カスタマイズ可能な決済インフラと高速決済など、主に金融機関を対象としています。

技術的な設計と応用

Stellarネットワークは主に「Stellar Core Software」を実行するコアノードで構成されており、このコアノードはネットワークの台帳のローカルコピーを保存し、個人や組織によって運営されています。

Stellarの台帳は、アンカーが発行・保有するユーザーアカウントへのクレジットシステムによって運営されています。 ネイティブトークンであるXLMの他、Stellar上の全ての資産や通貨はアンカーが発行するクレジットとなっています。

Stellarは、アンカーがStellarネットワーク、ネイティブトークン (XLM)、およびフィアット通貨のような他の資産との間の橋渡し役として機能する、フェデレート型の分散型台帳モデルを採用しています。 アンカーは決済代行会社や銀行などの実在する企業で構成されており、ネットワーク内での信用に基づく資産の交換を仲介者となります。

Stellarネットワークでの送金はThe Stellar Consensus Protocol (SCP)によるコンセンサスに依存しており、Stellarによれば2~5秒以内に最終的なファイナリティに達することができます。 アンカーは、従来の金融界における金融仲介者のように信頼される必要があり、Stellarは公開ブロックチェーンネットワークよりも中央集権型となっています。 ただし、従来の金融システムと比較すると、Stellarには独自の強みがあり、次のように述べています。

「(Stellarが)これまでと違うのは、すべての「Paypal」型のサービスや他のアンカーが同じネットワーク上で活動していることにより、誰もが相互にトランザクトできるようになり、システムがより強力になっているということです。人々はこうした全てのアンカークレジットを簡単に送信・取引することができるようになりました。」

おもしろいのは、Stellarネットワーク自体が分散型オーダーブックとして機能するということです。つまり、サードパーティの開発者がStellarネットワークの上にインターフェースを作成し、その決済能力を活用することができるのです。 例えば、StellarXは実世界の資産を取引するためのP2Pマーケットプレイスですが、Stellarネットワークがバックエンドの決済レイヤーを提供しています。 ユーザーはこのプラットフォームを使って、Bitcoinなどの資産を中国元に交換することができます。

Stellarを使った迅速な決済と低コストの手数料により、ネットワークで様々な用途が生まれており、例えばマイクロペイメント、送金、アクセス可能なモバイルバンキングサービスなどがあります。

金融ポリシーと開発

StellarにはBitcoinなどの暗号資産のようなマイニングはなく、プルーフ・オブ・ステーク (PoS)にも依存していません。 その代わり、StellarはXLMを生産するためにRippleと同様にSCPを介さない金融政策をとっています。

Stellar社は当初ネットワークの起ち上げ時に1,000億XLMトークンを作成し、そのごく一部をAirdropなどの様々な景品として一般に配布していました。 新しいXLMはインフレーション投票プロセスへの参加に比例して発生する、年率1%のインフレ率によって発行されます。

現在のXLMの流通量は190億強で、総供給量は1,050億弱となっています。

Stellarはネットワーク上に構築できる一連の開発ツールを提供しており、DeloitteやTempo Money Transferなどの有名企業が、このネットワーク上にアプリケーションを作成しています。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。