Bitcoin Cashウォレット

BCH資産を安全に保管

Bitcoin Cash資産を、最も信頼されるハードウェアウォレットで保管 コールドストレージウォレットは、ユーザーのBitcoin Cash資産をオフラインで保存するデバイスです。インターネットに接続することで発生する脅威に対するセキュリティを提供します。


最先端の
セキュリティ


シンプル


マルチ通貨

ウォレットを見る

LedgerデバイスでBitcoin Cashを管理する方法

Bitcoin Cash(BCH)を安全に保管

Bitcoin Cashを含む複数の資産を、Ledgerハードウェアウォレットで安全に保護しましょう。
お客様の暗号資産へのアクセスを提供する秘密鍵は、認証済みのセキュアチップによって安全に保護されます。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

業界初で唯一の方法で、Bitcoin Cash資産を守りましょう
独自の認証済みBitcoin Cash資産ウォレット

詳細はこちら
Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xは、CESアワードにも輝いた安全でBluetooth®
CESアワード受賞デバイスで、Bitcoin Cash資産を安全に保護する

詳細はこちら

Bitcoin Cash(BCH)を管理する方法

Ledger Live

当社独自のデスクトップ・モバイルアプリLedger Liveで、Bitcoin Cashを直接管理することができます。 リアルタイムで残高を確認したり、Ledger Liveから直接Bitcoin Cashやその他5,500以上の資産を送受信することができます。

Ledger Liveについて

コミュニティからの高い評価

Kevin L.

美しいハードウェアで、アプリのUIもゴージャスです。

Schell T.

簡単でお手頃。暗号資産の保有でもおすすめな選択肢です。

Nathan D.

Ledgerのおかげで安心して暗号資産を保有できます。

Angelo T.

世界最高のハードウェアウォレットです!

もっと見る

Bitcoin Cash(BCH)とは

Bitcoin Cash は、ブロックチェーンのブロックサイズをめぐるBitcoinコミュニティの長年の議論から生まれたBitcoinプロトコルのハードフォークです。 Satoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)のBitcoinが、P2Pデジタル通貨として適切に機能するために、より大きなブロックサイズが必要だと考えた開発者グループにより、2017年8月にBitcoin Cashが誕生しました。

Bitcoin Cash(BCH)の特長

この開発グループにより、Bitcoin保有者は、新しいブロックチェーン(フォークチェーン)で同額のBitcoin Cashを換金するというオプションを獲得しました。Bitcoin Cashは分裂後もマーケットキャップ(時価総額)上位5つの暗号資産に位置づけられています。

Bitcoin Cashは、2018年11月にハードフォークを経て、別の2つの暗号資産に分割されたばかりです。 Bitcoin Cashは現在、主にBitcoin ABCを意味し、取引所やその他の暗号資産に特化した企業が元祖Bitcoin Cashとして認知する陣営。もう一方のフォークBitcoin SVは、分裂したCraig Wright氏が主導しています。

Bitcoin Cashの設計思想

Bitcoinのスケーリングに関する議論は、常に論争の的となっています。 開発者はSatoshiの設計思想に独自のアレンジを加えようと、何度もプロトコルをフォークしてきました。その中でもBitcoin Cashは最もよく知られています。

Bitcoin Cashが出現したのには、2017年夏、Bitcoinの新しいBIP案であるBIP91 (通称SegWit) をめぐり転機を迎えていた、という背景があります。 Roger Verといった著名なBitcoin支持者は、Bitcoinが価値の保存ではなくトランザクションやP2Pの暗号資産であり続けるにはブロックサイズの増加が必要であり、SegWitではその問題に十分に対処できないと指摘していました。

Bitcoinネットワークの取引手数料が上昇し、Bitmainなど一部の規模の企業がブロックの大型化を支持する中、ブロックサイズを拡大することを目的にBitcoinのプロトコルがフォークされ、2017年8月にBitcoin Cashが誕生しました。 より大きなブロックを持つBitcoin Cashは、Bitcoinよりも手数料が低いものの、マイニングエコノミーやネットワークノードの集中化が起こりやすいという欠点があります。

高い水準では、BitcoinとBitcoin Cashの設計は非常に似通っています。 どちらの暗号資産も、思想的な違いや激しい論争を除けば、どちらも公開され自由参加型のネットワークであり、プルーフ・オブ・ワーク (PoW) コンセンサスに依存し、総供給量の上限は2,100万で、半減期イベント (デフレによる供給) を含む同一のクリプトグラフィックトランザクションスキームであるUTXOを実装しています。

しかし、Bitcoin CashとBitcoinの間には、それぞれのネットワークの技術的ロードマップをめぐる思想の違いから、どちらのチェーンのスケーリング戦略が長期的に機能するかをめぐって、両陣営の間にしばしば論争が生じています。

Bitcoin Cashの分岐と今後の計画

独自のブロックチェーンとして1年以上経過した後、Bitcoin Cashは2018年11月に2つの独立したチェーンに分かれました。

1. Bitcoin ABC
2. Bitcoin SV

将来のブロックサイズを巡っては、Roger VerとJihan Wu (当時のBitmain CEO) が32MBを上限にブロックサイズを調整可能なBitcoin ABCを支持し、もう一方ではBitcoinの「Satoshiのビジョンを体現」で知られるCraig Wright率いるもう一つの陣営が128MBを上限とするブロックサイズを希望するなど、再び対立する2つの派閥が出現しています。

フォーク後の数ヶ月間に、大多数の取引所はBitcoin ABCがBitcoin Cashのタイトルを保持することに合意し、Bitcoin ABCのティッカーは再び従来のBCHのティッカーに統合されることとなりました。 Bitcoinは、取引をサポートする取引所ではBSVの下に表示されています。

Bitcoin Cash (Bitcoin ABC) は、Bitcoinの広範なコミュニティの一部で強く支持され、非常に人気のある暗号資産であり続けており、開発チームは同様の大幅なアップグレードを近日中にネットワークに推し進めています。 Bitcoin CashとBitcoinの両方にSchnorr署名が近々実装される予定で、次回のBitcoin Cashのハードフォーク Schnorrが含まれることが予定されています。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]