Neoウォレット

NEO資産を安全に保管

Neo資産を、最も信頼されるハードウェアウォレットで保管 コールドストレージウォレットは、ユーザーのNeo資産をオフラインで保存するデバイスです。インターネットに接続することで発生する脅威に対するセキュリティを提供します。


最先端の
セキュリティ


シンプル


マルチ通貨

ウォレットを見る

LedgerデバイスでNeoを管理する方法

Neo(NEO)を安全に保管

Neoを含む複数の資産を、Ledgerハードウェアウォレットで安全に保護しましょう。
お客様の暗号資産へのアクセスを提供する秘密鍵は、認証済みのセキュアチップによって安全に保護されます。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

業界初で唯一の方法で、Neo資産を守りましょう
独自の認証済みNeo資産ウォレット

詳細はこちら
Ledger Nano X

Ledger Nano X

Ledger Nano Xは、CESアワードにも輝いた安全でBluetooth®
CESアワード受賞デバイスで、Neo資産を安全に保護する

詳細はこちら

Neo(NEO)を管理する方法

NEON wallet

NEON Walletは、LedgerユーザーがNEO以外にもNEP-5トークンも保管できるデスクトップのウォレットアプリです。 NEONソフトウェアウォレットでは、GASトークン(NEOのトランザクション手数料に使われる暗号資産で、NEOを保有することで受動的に生成)を受け取ることができます。 また、NEONウォレットではトークンセールに参加することも可能です。

Neonwallet.comに移動する

コミュニティからの高い評価

Carlos S.

この小さなデバイスはフォルムも素敵で美しく、使い勝手も抜群です。

Antonio B.

素晴らしいデバイスです。100%おすすめです。もう銀行は必要ありません!

John M.

暗号資産を保有するのに非常に便利で、かなりおすすめです。

Neel S.

購入をオススメします。購入する価値アリです。

もっと見る

Neo(NEO)とは

NEOは、「スマートエコノミー」のインフラ構築に注力するスマートコントラクト暗号資産ネットワークです。2014年に、AntSharesという名前でオープンソースプロジェクトとして作成されたNEOのメインネットは、2016年10月から正式に稼動しています。

neo-plain

Neo(NEO)の特長

NEOは、プログラミング言語に依存しないため、開発者はスマートコントラクトを作成するために独自の言語(EthereumのSolidityなど)を学ぶ必要がなく、多くの開発者にとって魅力的です。 NEOは他のスマートコントラクトプラットフォームと同様の「仮想マシン」を導入しており、多少の変更はあるものの、分散型アプリケーション(dApp)を構築するチューリングコンプリートプラットフォームとして機能することが可能です。

NEO Foundationは、NEOプラットフォームの開発とオフチェーンガバナンスを統括し、ネットワーク上のアプリケーションや新機能を構築するための独立したプロジェクトに資金を提供する非営利組織です。

NEOは、2016年のメインネット開設以来、時価総額で常に上位30位以内の暗号資産を維持しています。

NEOの設計と機能

デリゲート ビザンチン フォールト トレランスと呼ばれるコンセンサス形成メカニズムに基づき、NEOはそのネットワークに2種類のノードを配備しています。
1. コンセンサスノード
2. 一般ノード

一般ノードでは、どのノードがコンセンサスノードにふさわしいかを投票し、コンセンサスノードはネットワークのコンセンサスとオンチェーンガバナンスに参加します。 一般ノードの投票権は保有するNEOの総量に比例します。 NEOのコンセンサスは、コンセンサスノードの集中化という若干のトレードオフを伴うものの、より高いパフォーマンスを達成するためにネットワークを強化するものとなっています。

NEOでは、Ethereumと同様にネットワーク上のリソースの消費にコストをかけることで、ネットワークのスパムを緩和するGASが必要となります。 NEOのGASは、ネットワーク全体の計算のリソースコントロールのための燃料となり、ブロックごとにマイニングされます。

NEOが他のスマートコントラクトプラットフォームと異なる点は、暗号資産、デジタルアイデンティティ、スマートコントラクト、デジタル証明書からなる「スマートエコノミー」のオープンフレームワークの構築に着実に重点を置いている点です。 NEOコミュニティには、ネットワーク上で構築するための開発者リソースが豊富です。NEOは、スマートコントラクトプラットフォームに関して、Ethereum外で最大級のdAppエコシステムを維持しています。

また、NEO開発者コミュニティとNeo Councilは、クロスチェーン相互運用(NeoX)や分散ストレージ(NeoFS)、量子耐性暗号(NeoQS)など、プラットフォームの改善に向けた革新的な技術を追加しています。

今後の展開

NEOは、2年間安定したスマートコントラクトのプラットフォームとし大規模な開発コミュニティを持ち、継続的に研究やDAppの作成を行うチューリング完全ネットワークの主要な小グループとしての立場を確立しています。 また、NEOは将来のロードマップの最新版の中で野心的な取り組みを発表しています。

特にNEOコミュニティでは、大規模な商用アプリケーションをサポートできる環境のさらなる整備を重視しています。 最近のブログ記事

「私たちの取り組みの礎となるのが、NEO 3.0です。これは、高いスループットや安定性とセキュリティの強化、最適化されたスマートコントラクトシステム、多様なビジネスアプリケーションシナリオのための機能満載のインフラセットを備えたブロックチェーン実装となるでしょう。」

ロードマップで発表されたNEOの最も重要な最適化の中には、ネットワークのコンセンサスメカニズムの安定性を向上させる回復メカニズムの追加、スマートコントラクトの導入と実行コストの削減、スマートコントラクトが実行中にインターネットリソースと通信できるようにするための、オラクルの組み込みなどが含まれています。

さらに、NEOは、プラットフォーム上に構築されたリキッドデモクラシーやフターキーのさまざまなモデルを評価するなど、野心的なガバナンスプロジェクトに取り組んでおり、今後研究者や業界の専門家の声を反映していく予定です。

「中国のEthereum」とも呼ばれるNEOは、暗号資産分野でも存在感の大きいスマートコントラクトプラットフォームで、複数の魅力的なプロジェクトが進行中です。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]