ソートリーダーシップ, ブログ記事 | 2022/05/25

暗号資産のユースケース:どんなメリットがあり得るか

暗号資産
生活を便利に、そして豊かにする暗号資産

なぜ暗号資産がこんなに話題になっているのか、不思議に思ったことはありませんか? 自分には何かメリットがあるのか。 たくさんの人が同じことを疑問に感じています。 ほとんどの人は暗号資産を実際に使い始めるまで、その可能性にとても懐疑的です。

謎の人物サトシ・ナカモトは金融システムを分散化し、より速く、より安全にするために、史上初の暗号資産であるBitcoinを作りました。 しかし、時間の経過とともに、暗号資産のパイオニアたちは、私たちの生活をより便利で豊かなものにするために、他にもいくつものユースケースを考案しました。

暗号資産が誕生したきっかけ

現在の銀行システムでは、銀行は私たちが預けたお金にレバレッジをかけ、その利益の一部を利息という形で私たちに分配しています。 このシステムでは、私たちは自分のお金を完全に管理することはできません。 その上、ごく少数の人間に権力が集中していることが、多くの大規模な銀行による不正や詐欺の原因になっているのです。

では、特定の個人や中央当局に依存しないシステムを想像してみてください。 そのようなシステムなら、友人や親戚にお金を送るときにも、仲介する中央機関は不要になります。 まさにそれが、分散型のピアツーピア決済システム — Bitcoinなのです。

しかしご存知のように、イノベーションは継続的なプロセスです。 2009年にBitcoinが登場して以来、暗号資産のパイオニアたちは、業界を問わず、さまざまなユースケースを持つ暗号資産を設計してきました。

暗号資産のユースケース:経済的自由への道のり

支払い

たとえば、海外で暮らす友人に至急1,000ドルを送金しなければならなくなった場合、銀行システムでそれを行うのは悪夢でしかありません。 決済に3~7日もかかるようでは、緊急事態にとても間に合いません。

しかしBitcoin Bitcoin (BTC)Ether (ETH)XRPなどの暗号資産を使えば、友人との電話を切る前に送金を完了することができます。 その差は圧倒的です。 Bitcoinは決済に10分ほどかかりますが、暗号資産の中には、送金がほぼ瞬時に友人のアカウントに届くものもあります。

価値の保存

暗号資産は、非常に効率的な支払い手段であることに加えて、より安全な価値の保存方法であります。 私たちが使っている従来の通貨は、時間の経過とともに価値が下がっていきます。 10年前や20年前よりも、現在のほうが卵1パックの値段が高いのはそれが理由です。 卵の値段が上がっているのではありません。 お金の価値が下がっているのです。

一方、暗号資産は、インフレを抑制する優れた供給メカニズムを採用しているため、需要の高まりとともに価値が上昇する可能性があります。 そのため、資金を暗号資産で保管しておけば、時間の経過とともに価値が下がるのではなく、逆に価値が上がっていくかもしれないのです。

レンディングと借入

融資を受けるために長い列に並んだり、面倒な事務処理が終わるまで待たされたりした経験のある方であれば、それがどれだけ苦痛かご存知のことでしょう。 もし、面倒な用紙に記入する必要もなく、契約に署名する必要もないデジタルローンがあったらどうでしょう? 最高ですよね?

分散型金融アプリケーションは、融資と借入のプロセスから仲介人の必要性を排除しました。 暗号資産を利用して、ほぼ瞬時に資金の貸出(レンディング)と借入を行うことできるのです。 また、暗号資産はボーダーレスな通貨であるため、住んでいる場所に関係なく、これらのプラットフォームを自由に利用することができます。

資産のトークン化

暗号資産の登場により、現実世界の資産をトークン化することが可能になりました。 著作権から不動産、美術品、コモディティに至るまで、あらゆるものをトークン化し、暗号資産トークンとして扱うことができるのです。 例えばブロックチェーンを使えば、1,000万ドル相当の高級不動産をトークン化し、10ドル相当の暗号資産トークン x 100万枚とすることが可能です。 これにより、流動性の低い資産にも流動性を持たせることができ、そういった資産の交換も容易になります。 さらに、これらの資産の売買はコスト効率が高く、迅速で、なおかつ透明性も高くなります。

ゲーミング

暗号資産は、非代替性トークン(NFT)というかたちで、すでにゲーミング業界に大きな変革をもたらしています。 ゲームの世界では、NFTはゲーム内の一意のデジタル資産を表す暗号資産トークンです。 それぞれのNFTは、固有のものを表現しており、価値がそれぞれ異なるほか交換不可となっています。 それにより、NFTを購入したユーザーは、世界で自分以外の誰も持っていない、本物のゲーム内アイテムを手に入れることができます。 Crypto Kittiesと呼ばれるデジタル猫のNFTは、ブロックチェーンベースのNFTで最も有名な例です。

ストレージ

中央集権型のクラウドストレージのプラットフォームには、高額な手数料、サーバーのダウンなど、多くの大きな欠点があります。 これにより、ブロックチェーンを利用した分散型ストレージへの道が開かれたのです。 このようなシステムでは、誰でも自分のディスク空き容量を貸し出すことができます。

たとえばハードディスクに250GBの空き容量がある場合、Filecoinのような分散型ストレージプラットフォームでそれを貸し出し、不労所得を得ることができるのです。 あなたのストレージスペースを購入したユーザーは、ストレージプラットフォームのネイティブ暗号資産であなたの料金を支払います。

暗号資産をすべての人にとって簡単なものに

さまざまなユースケースがあるにもかかわらず、暗号資産は複雑な形態のお金のように考えられがちです。 適切な情報とソリューションを利用すれば、暗号資産の所有、使用、そして管理は非常に簡単に行えます。 もしかすると、現在使用している通貨よりも簡単かもしれません。

Ledgerは、ハードウェアウォレットアプリを通じて、お客様がユーザーフレンドリーかつ安全な環境で、暗号資産のメリットを享受できるようにすることを目指しています。 また、Ledgerは、暗号資産に関する知識をより多くの人々に伝えることで、人々が自分のお金の所有権を取り戻し、上記のようなユースケースを活用できるようにしていきます。 それによって、より多くの人々が経済的自立を目指せるようになります。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]