ブログ記事, 製品最新情報 | 2019/04/10

コールドストレージウォレットとLedgerのハードウェアウォレットの違いとは?

Ledger コールドストレージ ハードウェアウォレット

コールドストレージ
暗号資産ウォレット業界は、多数のウォレットの登場で飽和状態です。 同じクラスのウォレットでも、何が違うのかを見極めるのは大変な作業となっています。
ペーパーウォレット、ソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレットなど、初めて暗号資産を手にした一般的なユーザーにとって、非常に複雑でわかりにくいと感じるでしょう。
そんな中、ハードウェアのコールドウォレットは、長期保有者やセキュリティ専門家の間で、一般的な選択肢となっています。コールドウォレット業界をリードする、ハードウォレットプロバイダーのLedgerとの違いを分析すること重要です。

コールドストレージ:推奨される保管方法

コールドストレージは、長期保有者やBitcoin提唱者、さらには数百万ドルの資金を保有するLedger Vaultのような機関投資家向け保管サービスまで、あらゆるユーザーに好まれる保管方法です。
暗号化されたUSBデバイスを、インターネットから切り離すことでセキュリティを確保。ハードウェアウォレットによる保管が、選ばれています。 悪意のある第三者が盗難しようとしても、デバイスに物理的にアクセスし、パスフレーズ、PIN、デバイス上の改ざん防止署名などの多くの保護を突破する必要があります。
ハードウェアウォレットは、第三者による資金所有の必要性を軽減し、価値の主導権を提供します。 これはフィアット通貨では困難です。 コールドウォレットは、ソフトウェアウォレット(完全なBitcoinノードウォレット)や Brain Walletsの改善版です
競合他社がひしめく中、Ledgerを筆頭にいくつかのハードウェアウォレットプロバイダーが頭角を現しています。 Ledgerは、以下のような最も一般的なハードウェアデバイスを提供しています。 Ledger Nano XLedger Nano S. 容量やインターフェース、価格などの好みにもよりますが、どちらも他のコールドウォレットと十分に比較できる基準であり、ユーザーにコールドストレージウォレット市場の状況を表す商品となっています。

Ledgerと他のコールドストレージの違い

Ledgerは、セキュリティにおけるコールドストレージエコシステムのリーダーとして、独自の機能に加え、進化する市場に適応するための長期的なビジョンを持っています。
まず何よりも、コールドウォレットのハードウェアの分析が重要です。 Ledgerデバイスは、改ざんを防止する セキュアエレメント SEチップを搭載し、複雑な攻撃を軽減してアプリケーションを安全に保管することができます。 SEチップは、家電製品で一般的な従来のMCU(MicroControllerユニット)チップを改良したもので、Ledgerデバイスに使用されています
SEチップは、デバイスへの物理的なアクセスに対して不可欠となる保証を提供。同時に、コールドウォレットはインターネットに接続されていないことから、セキュリティ上の大きな利点が あります。 SEチップは、「ハード版のマイコン」と呼ばれ、外部と互換性のあるインターフェースを削除することで、攻撃面を減らしています。 サイドチャネル解析などの物理的な攻撃から、カードを保護した上で、 EAL5+認証プロセスによる厳しい業界標準を満たしています。
Ledgerが他のプロバイダーと比べて優れている点は、市場で唯一、自社のデバイスに独自のオペレーティングシステム(OS)BOLOSを搭載していることです。. Ledgerは、暗号資産の保護とアプリケーションの柔軟なサポートに特化したカスタムOSで、SEチップの処理環境を管理することができます。
LedgerはさらにRainbowというサイドチャネル攻撃に対するアプリケーションを評価するための、開発者向けサイドチャネル分析シミュレーションツールも提供しています。
Ledgerの調査によると、同社のデバイスに対応するコインの半分以上は、サードパーティが開発したものです。 これらのアプリケーションは、BOLOSシステムによって厳密にテストされ、独自に分離されています。 その結果、Ledgerのデバイスは、パスワード管理のためのユーティリティアプリケーションの中で、独立型のブロックチェーンからERC-20トークンまでの一連のコインをサポートしています。
他の多くのコールドウォレット商品は、Ledgerデバイスほど多くの暗号資産に対応していません。
価格やその他のサービス面でも、Ledgerは他のデバイスと差別化されています。 Ledgerは一般消費者にとって実用的な価格帯であり、ユーザーのニーズに合わせて複数のデバイスを提供できるため、高い人気を誇っています。
Ledger Vaultでは、マルチシグ認証によるカストディアルボールトサービスを提供しています。. 主に機関投資家のカストディアンや、資産管理を対象としたLedger Vault B2Bソリューションは、他のハードウェアウォレットメーカーの中でもLedgerにしかないものです。 資産管理用のマルチシグサービスを統合することで、鍵管理製品を単一のプラットフォームに統合し、業務へのアクセス制御やアクセス許可を管理することができます。

まとめ

急速に発展する暗号資産コールドウォレットソリューションの中で、Nanoはソフトウェアとハードウェアの両方を考慮したセキュリティにより、最も人気のある選択肢の1つとなっています。 LedgerのカスタムOSは、数多くの資産やアプリケーションに対応し、暗号資産ユーザーが求めるユニークなUIでアドバンス機能を提供することが可能となっています。 ウォレットソリューションの市場が発展する中で、Ledgerは最良の選択肢の一つであり続けるでしょう。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]