暗号資産を獲得する方法

Bitcoinをはじめとする分散型暗号資産の発明については、すでにご存知の方も多いことでしょう。 お客様の中には、暗号資産の取引所で購入した経験がある方もいるのではないでしょうか。 暗号資産の世界へ一歩踏み入れた時に、想像よりはるかに奥が深い世界に驚かれたかもしれません。

ほとんどの人には知られていませんが、ブロックチェーンテクノロジーと暗号資産を中心に形成された、独立した分散型の急成長している経済が今存在しています。 暗号資産を稼ぐ方法は、単に取引所でフィアット通貨を使って購入する以外にも、さまざまな方法があります。 ここでは、いくつかの選択肢をご紹介します。

保有とトレード

特定の暗号資産は、この10年間で価値が大きく上昇しています。 参考までに例を挙げると、最初にBitcoinの取引所ができた際、Bitcoinは1ドル以下の価値で取引されていました。 現在、Bitcoinのトレード価格は約1万ドルです。 早期に購入してBitcoinを持ち続けた人の中には、巨額の利益を得た人もいます。

では、保有する暗号資産を増やすにはどうすればいいのでしょうか? 様々な方法があります。詳しく見ていきましょう。 暗号資産はHODL(長期保有)、トレード、もしくは稼ぐことができます。

Bitcoinの登場以来、「HODL(長期保有)」という言葉が一般的に使われてきました。これは「暗号資産をトレードせず保有する(短期的な価格変動の恩恵を受けるために一部を売却し、しばらくしてから再購入する)」という意味のスラングです。 一言で言えば、「HODL」するホドラーは、暗号資産の価値が上がることを期待して購入・保管した後、ただ待ちます。 「HODL(長期保有)」という言葉の背景を知りたい方は、今では歴史の一部となったbitcointalk.orgをご覧ください。

しかし、暗号資産の価値が永久に上がり続けるという保証はありません。 暗号資産の市場価格は非常に変動しやすく、投資は自己責任で行わなければなりません。

DeFi レンディングで暗号資産を稼ぐ

暗号資産保有量を増やすもう一つの方法として、DeFi(分散型金融)があります。 年換算利回り(APR)を得るために、自身の暗号資産を投資することを可能にする、レンディングなどの DeFiの機能 が増えています。 これは銀行に保有する資産の金利よりも高いですが、この金利はより多くのリスクに対する報酬となります。

DeFiに投資するということは、マーケットメーカー、保証・保険ファンド、レンディングエコノミーなど、一般金融機能への資金提供を意味します。

レンディングとは

レンディングでは、貸し手、または借り手として参加することができます。 貸し手は、投資した額に応じたAPRを得ることが可能です。 借り手側は、保有する暗号資産のレバレッジポジションを取ったり、特定のトレードポジションを解除することなく短期的な流動性を得たりすることができます。

DeFiのレンディングに使用される主な通貨は ステーブルコインであり、ほとんどの場合1ドルの価値と固定されています。 これにより暗号資産の価格変動がなくなりますが、強気相場で投資家が利益を得られないことにもつながるのです。 このため、多くの暗号資産所有者は、強気市場ではHODLして、弱気市場ではDeFiにコインを移動しようとします。

DeFiを利用する場合、資金は自動化スマートコントラクトによって管理され、外部から操作することはできません。しかし、ハッカーからの攻撃には弱い可能性があります。 暗号資産の全てに共通する注意点があります。 秘密鍵(プライベートキー)を失わず、ハッカーに知られないようにすることです!

レンディングのメリット(またはリスク)について詳しく知りたい方はこちらの必要な情報をまとめた記事をご覧ください。

Ledger Liveでレンディング

Ledgerのハードウェアウォレットは、DeFiでの暗号資産保管の優れたソリューションです。Ledger LiveはCompound DeFiプロトコルを通じたレンディングをDAIUSDTUSDCと統合しており、近い将来、さらに多くのコインを追加する予定です。

このように、保有している暗号資産のすべての機能を一箇所に集めることができるため、ハードウェアウォレットのセキュリティを確保しながら、シンプルに資産を管理して利息を得ることができます。 秘密鍵は暗号化されて保存されるため、中央集中型の機関を信頼する必要はありません。オンラインのコンピューターで鍵を知られずに、トランザクションに署名することができます。

暗号資産を増やす一つの方法、ステーキング

ステーキングは不労所得を獲得するもう一つの方法です。 ステーキングでは、暗号資産を稼ぐことができます。 現在は、ステーキングで収益を上げるための方法が用意されています。 そのルールは、使用するブロックチェーンによって異なります。 ただし、利用者が知っておくべき点は、ステーキングはネットワークのエコシステムに参加することで報酬を獲得するということです。銀行で得られる貯金への利息と似ています。

ステーキングとは

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)ブロックチェーンでは、新しいコインがクリプトグラフィック計算で採掘されるのではなく、自分のコインを賭けているブロックバリデータに配布することで、ブロックの有効性を保証します。

一言で言えば、ご自身で、あるいはサービスプロバイダーの助けを借りてステーキングすることで、ステーキングした暗号資産APRを得ることができるのです。 APRは暗号通貨の基礎となるブロックチェーンネットワークによって変動しますが、PoS暗号資産はインフレの影響を受けることも念頭に置いてください。 そのため、APRだけではなくステーキングしているコインとしていないコインの比率が大きく影響します。

stakingrewards.comのようなツールを使うと、様々なPoSネットワークとそのインフレ調整後の報酬を比較することができます。 しかし、サプライは成功への道の半分に過ぎません。 一定の需要がある暗号資産をステーキングすることも重要です。 ネットワークの利用状況、開発状況、需要をさらに高める可能性のあるパートナーシップなどに注目しましょう。

Proof of Stakeブロックチェーンについて詳細を知りたい方は、こちらの記事から仕組みやステーキング可能なコインをご確認ください。

Ledgerでステーキング

すでにお伝えしているとおり、Ledger Liveはご自身のコインを保管しつつ、簡単にステーキングすることができる代替オプションです。 Ledger Liveは現在、Tezos (XTZ)Tron (TRX)Cosmos (ATOM)Algorand (ALGO)Polkadot(DOT) のステーキングに対応しており、今後も追加予定です。

バリデーターになる方法

暗号資産の上級者には、自身でバリデーターのノードを立ち上げて運用するなど、より興味深い投資方法があります。 これは、ブロックチェーンネットワークが提供するバリデーターソフトウェアを実行するサーバー(理想的には24時間365日稼働)が必要であるためです。

バリデーターノードをステーキングする以外にも、プライバシー機能やオフチェーン決済ネットワークなどの二次的サービスをブロックチェーンに提供するマスターノードのステーキングで運用も可能です。 これにより単純なPoSステーキングよりもはるかに高い報酬を得ることができますが、より多くの作業が必要となります。

このような余分な作業やマスターノードを実行するには、かなり大きなステーキングが必要となるなど、暗号資産初心者には少々難易度の高いオプションとなります。不労所得を得るには、実行しやすいステーキングオプションから始めるのがおすすめです。

最後に、ステーキングで実現できる機能にはDeFiと類似したのものがあります。 ステーキングとDeFiの違いは、ステーキングでは新しいコインを発行することで報酬が支払われるのに対し、DeFiでは借り手から手数料を徴収することで報酬を得ることができる点です(利息など)。

暗号資産を獲得するその他の方法

暗号資産を購入するにはその他さまざまな方法があります。 一般的に、ブロックチェーンネットワークにサービスを提供する際には、報酬が発生すると考えます。サービスとは、ハードディスクの一部を分散型ストレージに割り当てたり、Bandwidth(バンド幅)の一部をP2Pのファイル共有に割り当てることを意味します。

これが時間と労力を費やす価値があると感じるかどうかは個人差がありますが、一般的に、分散型経済の思想は価値を付加した人が何らかの形で報酬を受け取るべきだという考えに基づいています。 分散型ネットワークにどのような付加価値を与えることができるか、可能性は無限大です。ここではその一部を紹介します。

マイクロブロギング

ソーシャルネットワークの中には、クリエーターに暗号資産で報酬を与えることでコンテンツ制作報酬を支払う場合があります。 HiveSteemitPublish0xUptrenndのような一部の分散型SNSでは、当初から暗号資産リワードを実装しています。

minds.comのような他のプラットフォームは、開始後しばらくしてから暗号資産での報酬提供を開始し、別のSNSも近い将来に同様の機能提供を計画しています。 例えば、Redditは現在このビジネスモデルを一部のサブレディットでテストしています。 こうしたプラットフォームの多くはテキストだけでなく動画のアップロードやライブビデオの配信にも対応しており、それを行うことでさらなる報酬を得ることができます。

マイクロタスクと報奨金

多くのタスクが人工知能に委託されているものの、何らかの形で人間の入力を必要とする現在の経済において、マイクロタスクは増加の一途をたどっています。 また、多くの企業は自社製品への関心を高めるために(アプリのインストールや動画の視聴に対してユーザーに報酬を支払うなど)、市場調査の目的(アンケートの参加者に報酬を支払うなど)でマイクロタスクを利用しています。

マイクロタスクプラットフォームにはBituroCoinbucksEarnCrypto.comなどがあります。 スキルに応じて、企業が報奨金を支払うような大きな仕事に就くことができるかもしれません。

報奨金プラットフォーム以外にも、ほとんどの暗号資産プロジェクトでは、製品のプロモーションやコードのバグを発見するために何らかのプログラムを実施しています。 報奨金の中には、中級記事を大手出版社に掲載することで数百ドル、重要なバグを発見することで5~6桁の金額が得られるものもあります。

良質で誠実な仕事

最後に、従業員やフリーランスで暗号資産の会社で働くことも、暗号資産を稼ぐには良い方法です。 こうした企業のほとんどは、標準的に、または要望に応じて暗号資産で給与を支払っています。 ブロックチェーンの開発者は非常に需要が高いですが、その他にも暗号資産企業では、ソーシャルメディアマネージャー、会計士、弁護士、アナリスト、マネージャーなど、さまざまな職種が必要とされています。

独自のトークンを発行している企業で働く場合、通常、報酬の一部としてトークンを獲得することができます。 最後に、ご自身が暗号資産の起業家となり、ICOやIEOを通じて実用性のあるトークンを発行することも可能です。 特にスタートアップの初期段階ではトークンが報酬の大半を占めることになります。 他の産業と同様、暗号資産企業の設立にはリスクが伴いますが、成功すればそのリスクに見合うだけの価値があります。

注意事項:ご覧になっているコンテンツは情報提供のみを目的としています。 本記事に記載されているいかなる内容も、本国またはその他の国の法律で違法となる可能性のある管轄区域において、暗号資産の売買を勧誘または推奨するものではありません。 サービスをご利用になる前に、ご自身で十分な知識を身につけた上で判断を行ってください。 暗号資産は激しい値動きをします。 投資を開始する前に、ご自身の現在の状況に見合った目標と金融リスクを注意してご判断ください。 Ledgerでは財務、税務、法律に関するアドバイスを提供することはできかねます。 暗号資産関連の操作を行うかどうかの判断はご自身で行っていただくか、信頼できる有資格の専門家にお問い合わせください。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]