ソートリーダーシップ, ブログ記事 | 2022/05/25

ステーキングと貯蓄。不労所得を得るのに優れているのは?

暗号資産
ステーキングによる不労所得と銀行口座での貯蓄の比較

暗号資産ステーキングは、そのアクセスの良さと収益性により、暗号資産保有者の間で人気が高まっています。 しかし、投資家はコインをステーキングすることで得られる高い利回りと、通常の預金口座が提供する安定性との間で悩まされることも。 この記事で、貯蓄と暗号資産ステーキングを比較し、理由と方法をチェックしましょう。不労所得のオプションを選択する際にお役立てください。

Proof of Stakeについて

ステーキングのプロセスを理解するには、まずPoS(プルーフ・オブ・ステーク)ブロックチェーンについての基本を確認しましょう。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)は、ブロックチェーンがコンセンサスを得る主要な2つの方法の中の1つです。 コンセンサスを得るということは、検証されるということです。 ネットワークにトランザクションが送信されると、ネットワークノードがトランザクションを検証し、その人が十分なトークンを持っているか、ネットワークに損害を与えていないことを確認します。 それが検証されれば、トランザクションはブロックチェーンに追加され、改ざんされることはありません。

PoSは、従来のProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)コンセンサスアルゴリズム(Bitcoinに使用される)の代替手段として人気を高めています。 PoSは、高出力のの暗号資産マイナーを排除するため、エネルギー節約型アプローチと考えられています。 マイニングは、コインやトークンをステーキングしてブロック作成プロセスに参加するノードに置き換えられます。

PoSブロックチェーンは、旧来のコンセンサスアルゴリズムと比べてメリットがあり、その数は急速に増加しています。Ethereum・Tezos・Tron・Cosmos・Algorandなどの主要ブロックチェーンがPoSに切り替えています(または今後切り替える予定)。

ネットワークから報酬を得るステーカー

ステーキングプロセスとは、ノードがブロックを作成することでネットワークに参加するために自分のコインやトークンをラインに置くことを意味します。 ノードがネットワークから受け取る報酬の割合は、一般的にそのステーキングサイズによって異なります。

Proof of Stakeブロックチェーンの中には、十分なステーク金額さえ出せば、実質的に誰でもこのプロセスに参加できるものがあります。 その他に、他のノードからの支持が必要で投票されるノードの数が限られている場合もあります。

以上、基本を説明しました。次はステーキングエコノミーに参加する方法と、なぜこの業界が近年驚異的な成長を遂げたのかを検証してみましょう。

資産に仕事をさせる

暗号資産のステーキングは、主にブロックチェーンを確保するために使用されますが、これはノードがその努力に対して適切にインセンティブを与えられる場合にのみ達成されます。 先ほども少し触れましたが、このインセンティブはネットワーク報酬という形で支払われます。

PoSの実装によりますが、ステーク金額をバリデーターノードにデリゲートするか、一定期間ウォレットに資産を保有することで、ステーキングコイン所有者は残高に利回りを発生させることができます

このプロセスで、ステーキング参加者の残高が成長します。 操作は、ウォレットにコインを所有してステーキングを許可するだけ。簡単に不労所得を得られる方法となっています。

ステーキングプロセスによって、生成される正確な利回り金額は、ブロックチェーンおよびさまざまな要因によって異なります。 StakingRewardsによると、現在の平均は年率5~15%以上となっています。

ステーキングは、多くの暗号資産保有者にとって有利なオプションです。 資産を保有して市場価値の向上から利益を得ることができるばかりか、複利で運用することができます。 維持費がほとんどかからず、過失の余地もほとんどありません。

ステーキングと貯蓄、どちらを選ぶべき?

現在、投資で利益を上げようとする場合に最も一般的な方法は預金口座への貯金です。 このタイプの口座はほとんどの銀行で提供されており、貯蓄に対して定期的に金利が支払われます。

居住地やオプションによっても異なりますが、最も有利な貯蓄口座でも年利は1〜2%に限られます。 この値は、ほとんどの国のインフレ率をかろうじて上回る程度です。

銀行がこのような金利を提供するのは、基本的に利用者の預金を利用して儲けを得るためです。 例えば、現金は融資や投資に使われます。 このような方法で得た利益の一部は、利用者に利子として還元されます。

それと比較し、コインのステーキングは最も低いものでも5%以上の利回りを得ることができます。 例えば、Tezos(XTZ)Cosmos(ATOM)Polkadot (DOT)は、現在5.69%、7.8%、13.11%という利回りを生み出しています。 繰り返しになりますが、これらの値や正確な利回りは複数の要素によって変化するものの、ほぼ確実に最高峰の預金口座が提供する利息をも上回ります。

とはいえ、暗号資産は変動性が高いことでも有名です。 個人がステーキングプロセスに参加する期間や、市場の状況によっては、追加のステーキング報酬にもかかわらず、全体として損失を被ることも十分にあり得ます。 資産の価格が20%下がり、10%の利回りしか得られないのであれば、それは損失となります。

一方、従来の預金口座の場合、フィアット通貨は安定している傾向があるため、リスクははるかに低くなります。ほとんどの暗号資産が1%以上変動するのに比べ、フィアット通貨の変動幅はその数分の一です。

しかし、最大の問題は銀行が資産を管理することです。 前回の金融危機では、世界中の複数の銀行が倒産し、もし政府の介入がなければ、多くの貯蓄者が損害を出したことでしょう。

利益が得られるまでの時間を比較すると、ステーキングの方が圧倒的に早いことは明らかです。 暗号資産のステーキングは、通常数秒で完了しますが、預金口座の開設には数日かかり、しかも拒否される可能性もあります。

暗号資産のステーキングは、ほとんどの場合、よりシンプルかつ収益性の高いオプションですが、いくつかのリスクがあります。 貯金にもメリットはあり、多様な投資ポートフォリオの一部を構成することができます。

ステーキングの報酬:知っておくべきこと

暗号資産のステーキングはかつてはかなり複雑なプロセスでしたが、近年は良い方向に変化しています。 ブロックチェーンプロジェクトは、ユーザーエクスペリエンスを向上させており、技術的なハードルを取り除くことでプロセスが簡素化しています。

ステーキングに参加するには、ウォレットを作成し、ステーキングコインを入れ、開始するボタンをクリックするだけで簡単にできるようになっています。 これは、当社独自のLedger Liveアプリから簡単に行うことができます。 現在、Tezos(XTZ)やTron(TRX)、Cosmos(ATOM)、Polkadot(DOT)をサポートしており、近日中にさらに多くのサービスが追加される予定です。 Ledgerでは、ユーザーがアプリ上で簡単に暗号資産をステーキングし、ハードウェアウォレットで安全性を確保しながら不労所得を得ることが可能です。

一度設定すれば、あとはステーキングしたコインの量に応じた報酬が定期的に支払われるようになります。これは基本的に、賭け金が多ければ多いほど、受け取る報酬も大きくなることを意味します。ただし、年利は、通常ステーキング金額にかかわらず同じになります。

ステーキングしている間は、コインを使用したり取引したりすることができなくなり、この制限を解除するにはアンステーキング処理を行う必要があります。 この作業は数日かかることがあります。例:Cosmosは21日、Tezosは3日程度です。

この記事で、ステーキングと貯金の比較に関してより理解を深めていただけたのであれば幸いです。 ステーキングが自分に合っていると思う方は、当社のウェブサイトで詳細をご覧ください

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]