ソートリーダーシップ, ブログ記事 | 2022/05/25

市場に波紋を呼ぶ:何がクジラの心を動かした?

暗号資産
クジラ

批判者。 熱心に反対する彼らの意思は固いため、考えを変えるには、かなり大きな変換が必要となります。

それを考えると、否定的な評論家が180度変わって暗号資産を価値ある資産と見なすようになっているということは、市場の方向性をよく表していると言えるでしょう。 Ledgerは、暗号資産は未来のお金と考えます。そして、クジラ投資家は、過去にとらわれず、むしろBitcoinを讃えるまでになっています。

今ではBitcoinファンになった暗号資産の批判者

クジラが市場に参入すると、その効果は他の金融プールにも波及します。 1頭のクジラが次のクジラを呼び、この1年で複数のシロナガスクジラが登場するようになりました。 2020年のBitcoinの価格上昇で分かったことは、暗号資産の海は。Bitcoinのクジラの乱入に非常によく反応するということです。

Ray Dalio:Bitcoinは金のような資産である

2017年当時、Dalio氏はBitcoinをバブルと呼んでいました。 3年後、億万長者の批判は一転したものの、完全に正しい方向には向かっていないようです。1月のカンファレンスにおいて、同氏はBitcoinが有効な取引手段、もしくは価値の保存の手段とはどうしても思えないと発言しました。

しかし、他の市場が濁流にあった中、Bitcoinが健全な成長の壮大な波に乗っているのを見て、同氏のBitcoin批判バブルは弾けたようです。 最近のRedditの投稿では、視点の変化を認め、Bitcoinが強力な価値の保存資産となる可能性を指摘しました。

「私はBitcoin(およびその他の暗号資産)は、過去10年間で、金やその他の供給量が限られ、(不動産とは異なる)移動可能な富の蓄積と類似点と相違点を持つ、金のような代替資産としての興味深い地位を確立したと考えています。」

Visa:暗号資産への敵対から強力なパートナーシップへ

2年前、Visaカードを使った暗号資産決済に対する複数の手数料問題をめぐり、VisaとCoinbase(暗号資産の主要取引所)の間で複雑な対立関係が発生していました。 企業が敵対している中、最も大きな打撃を受けたのはユーザーでした。 なぜでしょうか? なんと、一部のユーザーに、最大50件の重複事故手数料が課せられていたのです。 さらに厄介なのは、両社とも責任を取ろうとはしなかったことです。

Visaは、TNWへの声明で重複した手数料の原因となるようなシステム変更はしていない(取引所の責任に違いない)と発表しました。 Coinbaseは、すぐにTwitterで一連の出来事を説明しました(責任はVisa側にあると発言)。 調査の結果、Visaは別の声明 を発表し、問題は結局Coinbaseに起因するものではなかった可能性を言及しました。 Visaは、明確な責任を取らなかったものの、高額な手数料を取られたすべての関係者に返金を提供しました。

さらに、VisaのCEOであるKelly Alfred氏は、 声明の中で、Visaが暗号資産に手を出すのは、それが価値の保存としての用途を超えて進化した場合のみであると述べ、Bitcoinは その段階にはなく、決済において重要な地位を占めるには「あまりにも投機的」(聞き覚えがありますね?)であると発言しています。
しかし、終わり良ければすべて良し。 それ以来、VisaはCoinbaseと事態を修復し、おそらくBitcoinの資産としての役割を認めています。 Visaのクジラ(CEOを含む)は現在、暗号資産の空間に深く入り込み、Coinbaseと手を組んでいます。

Stanley Druckenmiller:Bitcoinは確実

以前、Druckenmiller氏は暗号資産を徹底的に避けていました。 彼にとってBitcoinの主な問題点(その他の批評家と同様に)は、その価格変動にありました。 当時のBitcoinの不安定な価格の面から、参加する価値を見出せなかったようです。

しかし、アメリカの投資家にとって価格変動はもはや心配の種ではなくなっているようです。 Druckenmiller氏は、自分だけでなく、他の人にもBitcoin投資を始めるようすすめています。 その発言の中で、Bitcoinに価値の保存において「好感情」を抱くようになり、Bitcoinは金よりも確実である可能性があると述べています。

「率直に言って、金の投資がうまくいくならBitcoinの投資はさらにうまくいくはずです。Bitcoinはより軽く、流動性があり、可能性があります。」

イーロン・マスク:テスラと1兆ドルの可能性

マスク氏は、クジラの中でも特異な存在ですが、特に暗号資産の世界に飛び込みたがらない人々に対し、Bitcoinについて多くの意見を語ってきました。

最近のスレッドで、同氏はBitcoinの価値が着実に上昇していることに誘惑されているという含みを持った、示唆的な発言をツイートしました。

ビジネスインテリジェンスとクラウドベースのサービス会社MicroStrategyのCEOであるMichael Saylor氏の、素早い反応では、テスラのバランスシートをドルからBitcoinに変換することを提案してマスク氏をさらに誘惑しました。(Saylor氏は自社ですでにこの変換を行い、輝かしい成功を収めています)

もしマスク氏が決断すれば、電気自動車が完全に自動化するよりも早く、テスラを成長させることができるかもしれません。 Saylor氏が言うように、マスク氏だけでなく他企業も一斉に暗号資産に移行することで、1兆ドルの可能性を秘めた「1000億ドルの恩恵」を株主に提供することになるでしょう。

2021年は、Bitcoinのクジラの年になるでしょうか?

2021年は正式には「丑年」ですが、私たちは「クジラ年」の方がしっくりくると考えています。 今回紹介したクジラは、暗号資産市場に向けてモーションをかけた人々の中でも、ほんの一例です。 Bitcoinを開始する人が増えると、新しいクジラや古い評論家が態度を一変してBitcoinに参入するといったトレンドが始まるかもしれません。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]