Shibu

Shiba InuコインやSafemoonなどのプロジェクトに興味がありますか? ぜひこちらを読み進めてください!

暗号資産を使用すると、自分の資金を自由にコントロールすることができます。 ブロックチェーンと組み合わせることで、仲介者も不要です。 所有者は好きなコインを自由に購入し、信頼できるプロジェクトを制限なく支援することができます。

しかし、自由にはリスクがつきものです。 暗号資産でお金を自由にコントロールできるということは、あなた以外の誰かがお金を守ってくれないということでもあります。 一攫千金を狙うあまり、多くの購入者が見かけ倒しのプロジェクトに資産を奪われています。

Shiba InuとSafemoon:安全?無駄な投資?

BitcoinやEthereumのような安定したプロジェクト1つに対し、お金を盗むために存在するスキャムコイン(詐欺コイン)は10個ほど存在します。 そのような怪しい暗号資産は、ミームのような形態が多く、少人数が早くお金持ちになることだけを目的としています。

基本的には、初期の保有者は高いリターンと成長をサポートする素晴らしいプラットフォームを約束し、コインを宣伝します。 噂が広まると、ユーザーが購入を始めて価格がパンプし、さらに噂が広まるという、一種のマルチ商法のような形態を取ります。 初期の保有者が何倍もの収益を得た途端、突然売りに出し、価格を暴落させ、投資した人は詐欺の被害に遭うのです。

利益を得るのは、初期に参加した少人数のユーザーのみで、ほとんどは大損する結果となります。

このようなプロジェクトで損をするのは個人投資家です。 コインがソーシャルメディアで人気を博している段階では、手遅れになっていることがほとんどです。 早期購入者はすでに売るための準備をしています。

最近の2つのプロジェクト「Safemoon」と「Shiba Inu coin」も、同様の不確実な兆候を見せていました。

Shiba Inu

後者は、「Dogecoinキラー」のミームトークンの取引プラットフォームを自称していました。 Dogecoin(ドージコイン)の名声を利用し、同時に今では有名となった柴犬の顔を使ってユーザーを惹きつけていました。 Safemoonと比較しても、Shiba Inuはミームコインの性質が顕著です。

最近、Shibaコインのアノニマス(匿名の)クリエーターは、EthereumのクリエーターであるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏に、現存するShibaの50%を送りました。これは運が良ければVitalik氏がプロジェクトを支持してくれること、最悪でもShibaをバーン(処分)して希少性を生み出してくれることを期待してのものでした。 Vitalik氏は騒ぎを起こしたくないという思いから、保有コインの90%をバーン(処分)し、残りの10%をインドの新型コロナ救済基金に寄付しました。 この10%は当時12億ドル相当で、プロジェクトの価値は直後に暴落しました。 噂のミームコインで一攫千金を狙っていたユーザーは大損するトレーダーとなったのです。

Safemoon

Safemoonは、NFT取引所やゲームの構築を目指し、その他にも注目の機能がありました。 ただし、様々な理由によりミームコインではないかと考えられていました。 例えば、Barstool Sportsの創設者であるDave Portnoy氏は、「この仕組みを全く分かっていない」にもかかわらず課金していました。「ポンジスキームかもしれない」とも発言していました。

一般的に、大物がコインを宣伝すると一般のデイトレーダーも大量に参加します。 最初の段階で参加した人たちが売却した場合、新しい投資家の資金は失われます。 長期保有による成長は見込めません。 一過性の騒ぎを繰り返していくだけです。 暗号資産の悪評も、こうしたことが原因です。

うまい話には裏がある

問題なのはプロジェクト自体ではなく、その宣伝にあります。 初期の投資家は両方に参加しており、Twitterやその他ソーシャルメディアで拡散しようとします。 暗号資産の初心者に、投資すれば一攫千金を約束するとアピールするメッセージを流すのです。 Dogecoinはその典型例で、昨年初めてTikTokで偽の情報による操作が行われました。 YouTubeのチャンネルの中には、価格変動を目的とした宣伝に特化したものもあります。 いわゆる「専門家」のアドバイスに初心者がひっかかってしまうのも無理はありません。

Dogecoinのようなプロジェクトが学生ローンや住宅ローンの支払いに役立つならなら、Shiba Inuでも同じことを期待するのは自然な流れです。 Safemoonの場合、4月にソーシャルメディアで大規模な宣伝がありました。 それにより1000%以上も価格が押し上げられたのです。 この記事を書いている時点でSafemoonのマーケットキャップ(時価総額)は49位であり、正当な機能を持つ多くのプロジェクトを大きく上回っています。
SafeMoonはある程度信頼できるミッションとチームを擁しているように見えますが、多くの人が疑いの目を向けています。それには正当な理由があるのです

Shiba InuやSafemoonのようなプロジェクトは、暗号資産の脅威となるのでしょうか?

SafemoonやShiba Inuのようなプロジェクトは、外部からの参入者に悪影響を及ぼす可能性があり、暗号資産に対する世間の評価を下げる一因となります。 多くの人々は暗号資産は詐欺であり、その空間にいる全員が新参者を狙っていると主張しています。 プロジェクトによってはそれが事実である場合もありますが、すべてのプロジェクトがそうであるとは限りません。 少しの調査を行うことで、自分自身を安全に守ることができるようになります。 正当なプロジェクトについて学び、確実に長期的な利益を得るために暗号資産に投資することは十分に可能です。

ユーザーが長期的なプロジェクトへの投資を中断すると、スキャムコイン(詐欺コイン)が増える傾向にあります。 そのようなケースでは、暗号資産はマルチ商法やポンジスキームと同じように、正当なシステムを構築するものではありません。一攫千金を狙う人たちに利用されるのです。

実現可能な目標を持つ信頼できるプロジェクトに資金を提供することが、暗号資産への相応しい評価を与える唯一の方法となります。 大きな力には大きな責任が伴います。

チェックポイント

最も注目すべき点はプロジェクトのチームです。 時間と労力をかける価値のあるものが欲しいのであれば、それを構築する人々が誰なのかを見てみましょう。 経歴やミッションステートメントを確認してください。 チームは経歴を公開していますか?それとも謎に包まれているのでしょうか?

プロジェクトには、適切かつ長期的な計画があるでしょうか? 信頼に値すると思えるものでしょうか? 他の人も同じように考えていますか? ソーシャルメディアをチェックし、人々がその暗号資産についてどんな意見を持っているか確認しましょう。 チームが一貫してユーザーとコミュニケーションを取り、議論が有益なものなら、そのプロジェクトには価値があるかもしれません。 また、トークンの配分が適切かどうかも確認しましょう。チームがロックされたトークンを大量に保有していたり、マーケットキャップ(時価総額)が怪しかったりする場合には注意が必要です。

そのようなウォレットは、BscScanEtherscanなどのブロックチェーンエクスプローラーで確認できます。 トークンの大部分が1つのウォレットに入っている場合、プロジェクトの信頼性には不安があります。

最も大事なルールは、常にDYOR(自分でリサーチ)です。 また所持金をすべてを一度に投資せず、DCA (ドル・コスト平均法)を意識しましょう。

学ぶことの重要性

Ledgerのような暗号通貨分野の企業や、Gemini、Binance、Coinbaseなどの取引所がおすすめです。 初心者向けにわかりやすいガイドや動画を提供しています。 もちろん、情報源の信頼性は重要です。 YouTubeやTiktokのインフルエンサーを適当にフォローしたり、Discordのチャンネルに参加するのは簡単ですが、最善の策は信頼の置ける専門家から学ぶことです。

投資するプロジェクトが決定したら、セキュリティの面も忘れてはいけません。 資産を長期的に保管することを考えると、できるだけ良質な保有場所を選びたいものです。 そこでLedgerの登場です。Ledgerのハードウェアウォレットは最高級のセキュリティを備えており、どんな初心者でも理解できるユーザーインターフェースを提供しています。 暗号資産を所有するなら、必ず正しく取り扱うことが重要となります。

これらの情報は、Ledgerからの投資アドバイスではありませんのでご注意ください。 この記事は、暗号資産に潜むリスクをよりよく知っていただくことが目的です。 Ledgerは、みなさまに暗号資産を安全に楽しんでいただきたいと願っておりますが、そのためには何よりも学習が重要となります。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]