DeFiとCeFiの比較

重要なポイント:

  • DeFiもCeFiも、お金のこれまでの管理方法を揺るがす勢いですが、それぞれ独自の位置づけがあります。
  • DeFiは、暗号資産のユーザーに上質な透明性やアクセス性、実用性を提供しますが、CeFiが提供する全体的な機能には及びません。
  • CeFiが圧倒的に大きな規模を誇る一方で、DeFiはそれに追随し、猛烈な勢いで成長しています。 DeFiがより多くのユーザーにアピールするためには、フィアット通貨への対応が重要な要素であることに変わりはありません。


Bitcoin(BTC)やEthereum(ETH)、Tether(USDT)などの暗号資産により、フィアット通貨と暗号資産両方のユーザーに様々な機能を提供する分散型と中央集中型の両方の金融ソリューションの新しい波が誕生。分散型金融(DeFi)と中央集中型金融(CeFi)のどちらも、近年は爆発的に人気が上昇しています。

DeFiは、銀行や国営金融機関のような伝統的な金融インフラと並行して提供する分散型プロトコル、プラットフォーム、サービスを指します。一方のCeFiは、暗号資産やフィアット通貨のユーザーに金融サービスを提供し、従来の金融プラットフォームと新しい暗号資産経済の橋渡しとなる中央集中型プラットフォームとして、中間的な存在であることが特徴です。

両者はどちらも金融業界を揺るがす勢いですが、多くの点で異なっており、金融の未来に果たすべき役割も異なるでしょう。

DeFiのメリット

分散型金融は、暗号資産が構築された基本理念を犠牲にすることなく、暗号資産のユーザーにあらゆる金融サービスを提供するという強い需要から生まれました。

DeFiのプラットフォームとプロトコルは、多くのCeFiや従来の金融(TradFi)ソリューションとは異なり、完全に自由参加型です。 つまり、中央集中型な組織が指揮を執ることなく、誰もが自由に利用できるオープンなプラットフォームなのです。

こうしたプラットフォームは、暗号資産ウォレットがあれば誰でも利用できるため、銀行や融資会社、マネーマーケット、その他のTradFiプラットフォームに代わる、よりアクセスしやすいソリューションとなります。銀行口座を持たない方へ、重要なサービスを提供することが可能です。

DeFiのサービスは、一般に公開されているブロックチェーンプラットフォームをベースにしているため、ソリューションのスマートコントラクトを動かすコードと、それが処理するトランザクションの両方を誰でも監査できる完全な透明性があります。 つまり、裏側で何が起こっているかわからないという不安が最小限となり、DeFiユーザーは安心して利用することができます。

DeFiプラットフォームで生成された資産は、外部プラットフォームで自由に取引することが可能であり、一定期間資産をロックしたり凍結したりしない限り、ユーザーはその資産を自由に利用することが可能です。

DeFiのデメリット

前に触れたとおり、DeFiはユーザーが銀行などの金融機関に頼らず、自分でお金を管理できるようにすることを目的としています。 これは自由である反面、ユーザーが損をしないためのチャージバック機能や保護機構がないため、リスクを伴う可能性があります。

DeFiでは、ユーザーが自分の資産に対して全責任を負います。 秘密鍵の紛失やウォレットアドレスの誤入力は、ユーザーの資産が回復不能となる最も一般的な原因となっています。 しかし、CeFiの場合は、中央集中型の機関が、紛争仲裁や返金制度などでユーザーを損失から守るための規定を設けていることが多く、ユーザーのミスに対する一種の緩衝材として機能します。

また、多くのDeFiプラットフォームがユーザーに対して優れたサービスを提供している一方で、利用する価値の無いものや、詐欺のようなプラットフォームも大量に存在しています。 一般的にCeFiプラットフォームは、公的な立場にある個人や登録企業が運営しており、説明責任を果たすことができますが、不透明なDeFiプロジェクトに関わった人々は法的手段をほとんど持たないのが現状です。

また、これらのプラットフォームの中には、自国では禁止または規制されているサービスへのアクセスをユーザーに許可しているものもあり、規制当局や物事を公正に行いたいユーザーにとっては難しい立場となります。

現在の状況

現状では、ユーザー数や市場規模ともに、CeFiプラットフォームがDeFiを圧倒的に上回っています。

暗号資産取引所や融資プラットフォームなどのCeFiプラットフォームは、数年かけて直感的で利用しやすいユーザー体験を開発しており、米ドルやユーロなどのフィアット通貨を直接サポートするなど、DeFiプラットフォームがまだ対応できていないサービスを提供しているためです。

また、CeFiプラットフォームは一般的にカストディソリューションを提供していことから、ユーザーにとってより身近なソリューションとなっており、新規参入者が取り消し不可能な損失を引き起こしたり、シードフレーズの管理や秘密鍵の安全な保管に関連するリスクを回避しやすいのです。

しかし、近年、DeFi業界は驚異的な成長を遂げており、より革新的で魅力的な新しいDeFiプラットフォームが定期的に登場しているため、CeFiとDeFiの能力の差はその都度縮まってきています。 こうした事実から、近い将来にはCeFiとDeFiの選択においては、実用性よりも好みの問題となる可能性が高いでしょう。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]