ブログ記事, 企業ニュース | 2022/11/23

NFT.NYCで開催されたLedger Op3nカンファレンスで、Ledgeが新しいNFTファーストセールマーケットプレイスなど画期的なWeb3セキュリティ製品を発表

パリで開催された、当社初のLedger Op3nイベントから6ヶ月が経ちました。 その日以来、当社は、Web 3.0エクスペリエンスをより安全でユーザーフレンドリーにするための重要な発表を次々と行ってきました。例えば、Ledger Nano S Plusのリリース、Ledgerが提供し、Baanx*が運営する近日公開予定のCLカード開発者ポータルLedger ConnectLedger LiveでのCardano対応などが含まれます。

一部の暗号資産プラットフォームは現在、厳しい市場状況により引き出しを凍結していることから、セルフカストディ(自己管理)がかつてないほど重要となっています。 Ledgerにより、お客様のお金は本当に安全で、お客様ご自身がコントロールできるようになっています。 自分のお金は、自分で所有するべきです。 至って簡単な話です。 近い将来、資産のセルフカストディ(自己管理)は、銀行口座を持つことと同等に自然なこととなるでしょう。

本日明らかにされたLedgerの発表内容には次のものが含まれます。 まず、Ledger Market。これは、マルチチェーンの初回販売流通プラットフォームです。 Ledger Connectこれは、ブラウザ拡張機能で、LedgerハードウェアウォレットをWeb 3.0サイトやアプリに直接安全に接続できます。 Ledger Questこれは、Web 3.0の遊びながら学べる(play-to-learn)教育プラットフォームです。 Ledger AcademyのリニューアルLedger Academyのリニューアル。これは、Web 3.0教育を大衆にもたらす、成功し、包括的な没入型教育プラットフォームを刷新したものです。 最後に、Ledger Enterprise Create ブランドがWeb3業務を拡大するための大規模なセキュリティプラットフォーム。そして Freedom by DesignLedger CTOのCharles Guillemetが率いるFreedom by Design(デザインによる自由)は、ブロックチェーンのプライバシー技術のリーダーとしてLedgerの関与を強化しています。

キーノート、パネル、アナウンス動画を含むOp3nの完全なプレイリストへのアクセスはこちら

これらの発表は、2021年にハッカーや詐欺師により30億ドルもの盗難被害が発生した現状や、多くの暗号資産プラットフォームや取引所が抱える課題である暗号通貨とデジタル資産のWeb3セキュリティに対する懸念が高まる中で行われました。 LedgerはOpenSea取引のトップ100件のうち45%を確保し、Bored ApesやNFTのトップコミュニティの40%を確保し、Enterpriseビジネスを通じて数十億の資産を確保しています。 現在9か国語以上で利用可能で、世界中に出荷されているLedgerの使命は、これまで以上に重要なものとなっています。その使命とは、Web2.0の技術を使用してWeb3.0の価値を保護するという課題に直面するケースが増えていることを受け、Web3.0全体で最も安全な各種ツールをユーザーやクリエイターの皆様に提供するというものです。

「Ledgerが世界の暗号資産の20%以上を保護し、500万台以上のデバイスが販売され、Web3のすべてを通じてエンドツーエンドのセキュリティを大規模に提供するオムニチェーン製品を提供していることを誇りに思います。世界はベアマーケット(下落相場)と誰が生き残るかに焦点を当てていますが、私たちは暗号資産の次の波に備え、準備を整えています。私たちは価値の革命を信じており、この否定できない未来に私たちと一緒に参加することを奨励します」とLedgerのCEO兼会長のPascal Gauthierは述べます。

ニューヨークで開催された最新のOp3nイベントでは、Web 3.0教育からNFT、そしてもちろん、ハードウェアに至るまで、重要な発表を複数行いました。そこで意図したのは、所有権とセキュリティを暗号資産生活の中心に据えることでした。

  • 安全なマーケットプレイスへの欲求が史上最高に達する中、Ledgerは、Ledger Marketを立ち上げます。これは、影響力のある文化的大手ブランドやアーティストから、厳選されたNFTドロップを行うための世界初となる安全なプラットフォームです。本日発表されたローンチ(起ち上げ)パートナーには、Brick/Babylon、LVMHのTag Heuer、さらに、主要なNFTプロジェクトのDeadFellaz、RTFKTなどが含まれます。 今年の夏、Genesis Pass NFTが初ドロップされます。これは、2022年の夏、Ledger Marketにドロップされる初のNFTとなります。 Genesis Pass NFTを使用すると、Ledgerの限定版と引き換え、今後のドロップに早期アクセスできます。 Ledger Marketは、NFT取引の明確な署名を提供し、透明性と説明責任を向上させ、ユーザー様に表示されるものが、ユーザー様が署名したものであることを保証するのに役立ちます。 アクセスリストに参加はこちら:ledger.market.com

LedgerのMetaverse & Web3のVPであるSebastien Badault氏は、「Ledger Marketの価値提案は3倍です。第一に、Ledgerの世界クラスのセキュリティ基準に基づいて構築されています。NFTは素晴らしく愛着を抱くものであるため、詐欺師によりこれらを失うことは避けなくてはなりません。完全に。第二に、Ledger Marketは包括的であるように構築されています。クリエイターやブランド、初心者もアクセス可能です。第三に、Ledger Marketは、ミンティングから保管まで、NFTの真の所有権と制御を、すべての業界プレーヤーにとって可能にするターンキーソリューションです。」と述べています。

「BRICKは、当社の最初のリリースでLedger Marketplaceと提携することを強烈に宣伝しています。スタイル、テイスト、キュレーションに関して、Ledgerは、Web 3.0空間をナビゲートしながら、他を圧倒していることが証明されています。Ledgerの理念は、若者に様々なツールや知識を提供するコミュニティ主導のスペースを構築するという文化的観点から、BRICKと一致しています。それを踏まえて、この新しいパートナーシップでどんな未来が待っているのか、楽しみでなりません」と、Ledger MarketのローンチパートナーであるBRICKは述べています。

  • Ledger Enterprise Createは、Ledger Enterpriseが起ち上げ、現在稼働しています。これは、ブランドがNFTに重点を置いてWeb 3.0運用を拡張するための、セキュリティ拡張プラットフォームで、必要な財務管理、NFT作成、所有権機能を提供するものです。
  • 2022年9月に開始されたLedger Questは、当社の新たなWeb 3.0「Play-to-Learn(遊びながら学べる)」教育プラットフォームです。 Ledger Questは、様々なコミュニティがこのスペースを安全にナビゲートできるようにすることを目的としています。 Ledger Questを使用すると、暗号資産の知識をテストして、NFTで報酬が得られます。 さらに、Ledger Academyのリニューアル。これは、Web 3.0教育を大衆にもたらす、成功した、包括的な没入型教育プラットフォームを刷新したものです。
  • Ledger Nano S Plusの最近のリリースにより、当社の最新のハードウェア製品に対する高い需要が見られました。 当社は、地球上で最高のセキュリティを100ドル未満で提供することが、スペース全体の成長にとって重要であると考えています。 Nano S Plusは、暗号資産史上最も売れたデバイスである、Ledger Nano Sの新型です。Nano Sは、現在でも暗号資産の長期保有に最適な素晴らしいデバイスです。 2016年の家庭用電子機器のうち、今でも日常生活で使用しているものがありますか?仮にお使いだったとしても、そろそろアップグレードの時期です。より大きな画面、より多くのメモリ、高度な開発者機能を備えたNano S Plusが、Nano Sの座を奪取しました。 そこで、当社の象徴であるLedger Nano Sを引退させ、Ledger Nano S Plusを後継とすることにしました。 この「さらにパワーアップしたNano S」は、Web 3.0業界の急速な進化に対応し、価格帯も同じままです。 Ledger Nano Sの所有者様であれば、毎日今まで通りにお使いいただけます。 サポートは引き続き提供され、デバイスのメンテナンスは保証されます。 生産終了を記念して、最後の1万台となるLedger Nano S Final Editionには、新進気鋭のアーティスト、「what is real?」が制作した限定POAP NFTが付属します。 ご注文は2022年6月27日に開始されます。
  • Ledger Connectは、当社の近日公開するブラウザ拡張機能です。これは、Ledgerのハードウェアウォレットを、サードパーティーのウォレットに依存せずに直接Web 3.0アプリに安全に接続するものです。 当社では、皆様のご意見を非常に大切にしています。 こちらをクリックすると、ベータテストに今すぐご登録いただけます。

これらの発表には、共通の目的があります。それは、Web 3.0革命の次の段階を安全に推進し、誰もが完全な自己主権を保持して、Web 3.0資産と対話できる未来を実現するというものです。

このような未来は実現可能ですが、繁栄させるには、安全でユーザーフレンドリーなプラットフォームと、このデジタルシフトを次の10億人のユーザーに届けるための、様々な革新的な教育ツールが必要です。 この点で、当社は、自分たちを主要な推進者と見なしています。

今後も続々とニュースをお伝えしていきますので、ぜひお見逃しなく!

*CLカードとその機能は、Baanx Group Ltd(英国)、Baanx US Corp(米国)、Frozen Time UNIPESSOAL LDA(EU)により提供されています。

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]