SegwitとNative SegWit (Bech32) の違いとは?

5月 25, 2022
2 分
中級
Ledger Native SegWit
重要なポイント
— Segregated Witness (略称:Segwit) は、トランザクションデータのサイズを小さくすることで、トランザクションの高速化、スケーラビリティの向上、手数料の軽減を実現。
— Native SegWit (bech32) は、さらに強化され手数料が安くなりました。
— すべての取引所やウォレットプロバイダーが、Native SegWitアドレスへのBitcoinの送信をサポートしているわけではありません。Ledger Liveでは両方のオプションが表示されます。
— 3つのアドレスタイプ間での取引が可能です。

専門用語が多すぎて混乱していますか? ご安心ください。私たちがサポートします. SegwitとNative SegWitをわかりやすく解説した記事をご覧ください


Ledgerのユーザーの方はすでにお気づきかもしれませんが、Ledger LiveでBitcoin口座を追加する際はNative SegWitアカウントとSegwitアカウントの2つのオプションが表示されます。 Native SegWitアドレス (「bc1」から始まる) とSegwitアドレス (「3」から始まる) の違いは一目瞭然ですが、これが具体的に何を意味するのかを詳しく見ていきましょう。

Segwit (P2SH) やNative SegWit (bech32) は、Bitcoinアカウントアカウントのアドレス形式として最初から存在するものではありませんでした。 最初は、「1」から始まるアドレスを持つLegacy (レガシー)が使用されていました。 Bitcoinの価格が高騰してくると、トランザクションの際に発生する手数料も割高になりました。 さらに、トランザクションの速度も遅い傾向にありました。

Segwitの登場

Segwit (Segregated Witness) の提案は当時強く反発され、SegWit2Xと呼ばれた最初の提案は取り下げられ、現在のSegwitに置き換えられました。 2017年8月にSegwitを実装したソフトフォークが行われ、導入されるとすぐに人気を博し、新しい基準となり始めました。

Segwitは何を変えたのでしょうか?

Segwitは、Wrapped(短縮)/Nested(縮小) SegWitとも呼ばれ、各トランザクションのデータサイズが小さくなったものです。 これは、トランザクション署名の特定のデータをトランザクションから分離することで実現しています。 トランザクションのサイズを小さくすることにより、より多くのトランザクションを1つのBitcoinブロックに収めることが可能です。 これにより、Bitcoinのネットワークはよりスケーラブルになり、トランザクションもより迅速になりました。 さらに、Bitcoinのトランザクションごとに発生する手数料も大幅に削減されました! Segwitはセカンドレイヤーのスケーリングソリューションを可能にし、ライトニングネットワークの誕生のきっかけとなったのです。

SegwitとNative SegWitの比較

Native SegWit (別名bech32) は最新のアドレスフォーマットです。 旧バージョンよりもさらに軽量化しています。 これによりSegwitトランザクションと比べて、さらにスピードが早くなり、スケーラビリティが向上、トランザクションあたりの手数料がさらに安くなるのです。 さらに、bech32にはエラー検出機能が強化されており、読みやすいようアドレスは小文字のみになっています。 これこそ、このフォーマットが現時点で最も人気な理由です。

bech32の唯一の欠点は、主要なプラットフォームがまだこのアドレスフォーマットをサポートしていないことです。 LegacyとSegwit、Native SegWitアドレス間の取引は完全に互換性がありますが、現時点ではbc1アドレスへのBTC送信に対応していない取引所やウォレットプロバイダーが数多くあります。 そのため、Ledger Liveでアカウントを追加した場合、Native SegWitとSegwitアドレスの両方を追加する選択肢が表示されます。

暗号資産に関心があり、コツコツ稼ぎたいですか? ピッタリのものをご用意しています! ブロックチェーンの用途については、School of Blockのエピソードを参照してください。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。