新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

オフチェーントランザクションの意味

2024年3月28日 | アップデート 2024年3月28日
オフチェーントランザクションは、特定のブロックチェーンネットワークの外部で発生する、トランザクションを含む、価値またはデータの転送です。

オフチェーントランザクションの意味

オフチェーントランザクションとは、ブロックチェーンネットワーク上で行われない取引を指します。 トランザクションは即座に実行されるため、ブロックチェーンに記録され、完了前にネットワークの承認が必要なオンチェーントランザクションに比べてトランザクションプロセスが高速化され、遅延時間が短縮されます。

これらのトランザクションは、後にメインのブロックチェーンネットワークに統合されます。 オフチェーントランザクションは、両当事者間の合意によって承認できます。 また、参加者は、トランザクションの正当性を承認するための保証人として、サードパーティ(Lightning Networkなどのレイヤー2ソリューション)を使用することに同意することもできます。

オフチェーントランザクションの主な利点の1つは、ネットワークのスケーラビリティ(拡張性)が向上し、ネットワーク負荷を軽減しながらトランザクション速度を向上できることです。

オンチェーントランザクションとオフチェーントランザクションの比較

オフチェーントランザクションとは異なり、オンチェーントランザクションはメインのブロックチェーンネットワーク上で実行され、そのブロックチェーンネットワークの公開台帳に記録されます。 一方、オンチェーントランザクションはすべてコンセンサス(合意)メカニズムを通じてネットワーク参加者によって検証される必要があるため、ネットワーク速度が低下する可能性があります。 大量のトランザクションはネットワーク負荷を増加させ、大量の計算エネルギーを消費する可能性があります。

とは言うものの、オンチェーントランザクションはより高いネットワーク内セキュリティの恩恵を受けます。 オフチェーントランザクションでマイナーは検証する必要がないため、トランザクション手数料がかかりません。

オフチェーントランザクションの利点

オフチェーントランザクションには、以下のようなさまざまな利点があります。

  • オフチェーントランザクションはブロックチェーンネットワーク上で発生しないため、検証する必要がなく、通常はトランザクション手数料が必要がない。
  • トランザクションは即座に実行され、遅延時間が少ない。
  • オフチェーントランザクションはネットワークの外部で実行されるため、ユーザーの匿名性が高まる。
  • メインネットワーク上でレイヤー2ソリューションを採用し、トランザクションの速度と効率が向上する。

InterPlanetary File System(惑星間ファイルシステム、IPFS)

InterPlanetary File System(惑星間ファイルシステム、IPFS)は、ファイル、デジタルデータ、アプリケーション、ウェブサイトを共有、保管、アクセスするための分散型ピアツーピアシステムです。

定義

ユーティリティトークン

「ユーザートークン」としても知られるユーティリティトークンは、所有者に分散型アプリケーションまたはエコシステムの機能へのアクセスを提供し、そのシステムの経済を形成する特定の機能を果たします。 これには、DEX(分散型取引所)、メタバースプラットフォーム、またはブロックチェーンベースのWeb3プラットフォームが含まれる可能性があります。

定義

DYOR(自分でリサーチ)

DYOR(Do Your Own Research=自分でリサーチ)は一般的な暗号資産スラングで、投資家は、プロジェクトに投資する前に広範な調査を行う必要があるという考えを指します。

定義