新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

フラッシュローンの意味

2024年4月23日 | アップデート 2024年4月23日
フラッシュローンを使用すると、DeFi空間内で担保や借入制限なしで暗号資産を借りることができます。 融資条件は、同じブロックチェーントランザクション内でローンを返済することです。

暗号資産におけるフラッシュローンとは?

フラッシュローンは、一部のDeFiプロトコルで利用できる無担保ローンです。 ローンは同じトランザクション内で即時に返済されるため、担保は必要ありません。

担保を必要としないローンであるフラッシュローンは、従来の金融ローンとは仕組みが異なります。 まず、フラッシュローンはDeFiエコシステムの一部であるため、完全に分散化されており、銀行を介さずに運営されています。

また、フラッシュローンは信じられないほど迅速に実行されます。具体的に言うと、フラッシュローンの借入と返済は、同じトランザクションで行われます。 従来のローンは何十年も続く可能性がありますが、フラッシュローンは数分で返済する必要があります。 通常、スマートコントラクトはローンを実行し、利息を付けて即座に返済します。

また、通常、フラッシュローンの提案された詳細を含むブロックを検証/マイニングするには、数秒から数分かかります。 その間、ネットワークはそのブロックがブロックチェーン上に永続的に保管されるよう、トランザクションが有効であることに同意する必要があります。 ネットワークがトランザクションを拒否した場合そのトランザクションは無効となり、ブロックチェーン上にはトランザクションの記録が残りません。

ブロックが完了する前にユーザーがローンを返済できない場合、ネットワークはトランザクションを拒否してキャンセルします。 この場合、資産は、トランザクションがなかったかのように貸し手に返還されます。 これが可能なのは、ブロックチェーンが借り手にトークンを再割り当てしていないことが理由です。

フラッシュローンと従来のローンとの違いとは?

フラッシュローンは無担保で分散化されているため、従来のローンとは大きく異なります。

無担保ローン

フラッシュローンは無担保です。つまり、融資を受けるのに担保は必要ありません。 代わりに、当該ブロックチェーン上のスマートコントラクトが融資を強制します。 ローンをすぐに返済できない場合、当該ブロックチェーンは当該トランザクションを承認しません。 この場合、ローンは成立しません。

スマートコントラクト

スマートコントラクトはブロックチェーン上で実行されるコードであり、所定の条件が満たされた場合に実行されます。 フラッシュローンはスマートコントラクトによって実行され、借り手が利子を付けて即座に返済できるという条件でのみ、ローンが実行されます。

フラッシュローンとアービトラージの使用例

フラッシュローンの最も一般的な用途は、アービトラージトレードです。 この使用例では、ユーザーは複数のトレードプラットフォーム間での暗号資産の価格の違いを利用します。

例:

  • 例えば、あるトークンがDEX Aでは1ドルで取引されている一方で、DEX Bでは1.50ドルで取引されているとします。ユーザーがAで10万トークンを購入し、即座にBで売却すると、5万ドルの利益が得られます。
  • それを利用するために、アービトラージトレーダーは、10万ドルのフラッシュローンを借りてDEX Aから購入し、DEX Bで転売します。スマートコントラクトは売買を設定し、15万ドルを引き取り、手数料とともに10万ドルをプロトコルAに返します。残りの利益はアービトラージトレーダーのものとなります。

詳細については、フラッシュローンとは何かに関するLedger Academyの記事全文をご覧ください。

トランザクションID (TXID)

トランザクションID (TXID) またはトランザクションハッシュは、ブロックチェーン上の認証されたすべてのトランザクションに与えられる、一意の一連の番号です。

定義

Ledger

元帳は、金融システムに関連する取引を記録するデジタルまたは物理的なログです。 ブロックチェーンネットワークは、データを安全に保管するように設計された、分散型台帳システムの一種です。

定義

メインネット

メインネットは独立した完全なブロックチェーンであり、それ自体で実行されます。また、そこですべての暗号資産トランザクションがブロードキャスト、認証、処理され、分散型台帳に記録されます。

定義