新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

イニシャルDEXオファリング(IDO)の意味

2024年4月22日 | アップデート 2024年4月22日
イニシャルDEXオファリング(IDO)は、ブロックチェーンプロジェクトが分散型取引所(DEX)を通じてネイティブコインやトークンをリリースできるようにする、クラウドファンディング手法です。

暗号資産のイニシャルDEXオファリング(IDO)とは?

今、創業者たちがアイデアやプロジェクトを紹介するスタートアップ(急成長企業)フェアに参加していると想像してください。 紹介されたプロジェクトの1つは革新的で、影響をもたらす見込みがありますが、実現させるには資金が必要です。 そこで、投資家にアプローチしたり、銀行融資を獲得する代わりに、創設者(たち)は貢献する人にトークンを提供します。 そのトークン所有者は、プロジェクトが完了するとトークンを利用して特典やサービスにアクセスできます。 この資金調達方法は、暗号資産空間におけるIDOに似ています。

イニシャルDEXオファリング(IDO)は、一般の投資家から投資資金を調達するクラウドファンディングアプローチです。 これは、流動性プールとスマートコントラクトを使用して分散型流動性取引所(DEX)上で行われます。

IDOは、新しい暗号資産プロジェクトがDEXプラットフォーム上でそのトークンを起動できるようにするイニシャルコインオファリング(Initial Coin Offerings)の代替手段です。 ICOとIDOではプールに流動性を提供し、見返りにトークンを受け取ることで誰でもクラウドファンディングプロセスに参加できます。 IDOは多くの場合、分散化、使いやすさ、アクセスしやすさ、流動性の提供によって特徴付けられます。

IDOと、IDOおよびIEOの違い

ICO、IEO、IDOの結果は同じであっても、これらの資金調達アプローチはまったく異なります。 例えば、ICOはそのプロジェクト自体が資金調達を行うため、いかなる審査プロセスも受けません。 そのトークンは通常、当該プロジェクトのウェブサイトを通じて販売された後に作成されます。 また、そのプロジェクトは投資家の資金を管理し、スマートコントラクトを作成および実行します。 これらの理由により、ICOでは詐欺やラグプル(出口詐欺の一種、資金持ち逃げ)が蔓延しました。それによって、暗号資産コミュニティは、イニシャルエクスチェンジオファリング(IEO)やIDOなどの代替クラウドファンディング手法の開発を余儀なくされました。

IEOでは、中央集権型取引所(CEX)が暗号資産プロジェクトを精査し、投資家の資金を管理し、スマートコントラクトを作成および実行し、トークンをリストします。 一方、IDOの審査プロセスは、分散型取引所によって実行されます。 DEXはスマートコントラクトの作成と実行、および資金の処理も担当します。 IDO中にスマートコントラクトは貢献に基づいてトークンの割り当てと配布を処理します。 通常はEthereum (ETH) などの基本資産の形で資金を収集し、所定の価格または取引レートに基づいて対応するトークンの量を自動的に計算します。

ホットウォレット

ホットウォレットは暗号資産ウォレットで、インターネットに接続されたインターフェース内で暗号資産の秘密鍵を保護します。

定義

パブリックブロックチェーン

パブリックブロックチェーンは、単一の組織によって制御されない分散型ネットワークです。 世界中のどこからでも、誰でもアクセスできます。

定義

ユーティリティトークン

「ユーザートークン」としても知られるユーティリティトークンは、所有者に分散型アプリケーションまたはエコシステムの機能へのアクセスを提供し、そのシステムの経済を形成する特定の機能を果たします。 これには、DEX(分散型取引所)、メタバースプラットフォーム、またはブロックチェーンベースのWeb3プラットフォームが含まれる可能性があります。

定義