ビットコイン半減期 | Ledgerウォレットで最大50ドル相当のビットコインをゲット。

ショップに移動

一時損失の意味

2024年3月27日 | アップデート 2024年3月27日
一時損失は、DeFi流動性プールに参加するときに発生するリスクです。 これは、預けた資産の価格が預けた時から変化したときに発生します。

暗号資産の一時損失とは?

これは、流動性プールにトークンをステーキングすることで得られる利益が、単に資産を保有していただけの方が得られたであろう利益よりも少ない状況を指します。 これは、市場でトークンの価格が変化し、流動性プールに預けられた資産の価値が、市場での現在の価値よりも低くなったときに発生します。 この価格変動が大きければ大きいほど、資産は一時損失にさらされることになります。

例えば、プール内の資産の価値が10%減少しても、LP(流動性プール)トークンの価値が5%しか減少しなかった場合、ユーザーが被る一時損失は5%です。

これは、流動性を提供する代わりに、単にHODL(長期保有)した場合に、資産価値がどれだけ増加するかを示します。 このギャップが「一時的」な理由は、トークン価格が以前の価格に戻ればギャップを埋めることが可能であるためです。 また、一時損失には、投資家が流動性を提供することで得られるトレード(取引)手数料が考慮されていないことに注意することも重要です。このトレード手数料により、多くの場合、損失を打ち消すことが可能です。

その仕組みとは?

まず、一時損失は流動性提供者(LP)が利益を上げるのを必ずしも妨げるものではありません。 この損失は、投資家がその瞬間にプールから流動性を引き出した場合にのみ、目に見える形で現れます。 多くの場合、プールは、より多くの利益を得るために高い手数料を請求するなど、この損失を相殺する戦略を採用します。 したがって、流動性提供者は手数料からさらに多くの利益を得て一時損失を補うことができます。

ただし、価格差が大きい場合には手数料による利益で損失をカバーできない可能性があります。 この場合、流動性を提供する代わりに資産を保有していればより多くの価値を得ることができたでしょう。

例を見てみましょう。

  • 500ドル相当のETHと500ドル相当のBTC(合計1000ドル相当)を、10%のステーキングで10,000ドル相当のETH/BTC流動性プールに預けたとします。
  • そして預けた後にETHの価格が800ドル相当に上昇した場合、プールのバランスが崩れ、アービトラージトレーダー(価格差から利益を得る裁定取引を行う人)に余地を与えてしまいます。
  • 流動性プールの価値は、バランスを取り戻すと12,000ドルに増加します。 この時点でトークンを引き出すと、プールの10%、つまり1200ドルを取得できます。

より多くの利益を得たように見えるかもしれませんが、利益はトークンの価値の基本的な変動よりも少ない可能性があります。 価格上昇によるBTC資産は500ドルのままですが、預けられたETHの価値は500ドルから800ドルに増加しました。 つまり、資産を保持していたら、合計利益は1300ドル(800ドル+500ドル)になっていたでしょう。 この場合、流動性プールに参加していなければ、さらに100ドル儲かったはずです。 これを私たちは、一時損失と呼んでいます。

一時損失の計算方法は?

一部の変数が複雑なため、正確な損失を計算するのは少し難しい場合があります。 ですが、次の式で損失を見積もることができます。

一時損失 = 2 * sqrt(価格_比率) / (1+価格_比率) – 1

価格比率は、預けた時と出金時のトークン価格の比率です。

回避する方法は?

一時損失を避けることはできませんが、そのリスクを減らすことはできます。 重要なポイント:

  • 資産の変動が大きいほど、一時損失が発生する可能性が高くなります。 ステーブルコインやBTCなど、より安定したトークンを使用すると一時損失の可能性を減らすことができます。
  • また、必ず実証済みの自動マーケットメーカー(トレードシステム)も使用して、市場操作のリスクを軽減してください。
  • ポートフォリオを多様化し、一時損失にさらされる資産の割合を減らすために、少額のステーキングから始めましょう。

本人確認手続き(KYC)

KYCまたは「Know Your Customer」は、金融機関内で顧客の身元を確認し、不正行為を防止するために使用される手続きです。

定義

Ledger

元帳は、金融システムに関連する取引を記録するデジタルまたは物理的なログです。 ブロックチェーンネットワークは、データを安全に保管するように設計された、分散型台帳システムの一種です。

定義

InterPlanetary File System(惑星間ファイルシステム、IPFS)

InterPlanetary File System(惑星間ファイルシステム、IPFS)は、ファイル、デジタルデータ、アプリケーション、ウェブサイトを共有、保管、アクセスするための分散型ピアツーピアシステムです。

定義