新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

マーケットキャップの意味

2024年3月27日 | アップデート 2024年3月27日
マーケットキャップは、暗号資産の合計価値の尺度です。 これは、コインの現在の市場価格に利用可能な供給量を乗算して計算されます。

暗号資産のマーケットキャップとは?

マーケットキャップ(時価総額、正式にはマーケットキャピタライゼ―ション、あるいはMcap)は、暗号資産の価値と市場規模を計算するために使用される指標です。 これは、流通しているコインまたはトークンの総数に個々のコインまたはトークンの現在の市場価格を乗算して計算されます。

マーケットキャップは、暗号資産のドミナンス(マーケットキャップ中の占有率)、人気、価値を示します。 通常、ビットコインイーサリアムなど、マーケットキャップが大きい暗号資産の方が人気な傾向にあり、市場で支配的です。

マーケットキャップが重要な理由とは?

マーケットキャップは、投資家が暗号資産の価値を測定および追跡するために使用されます。 マーケットキャップは、市場動向や市場センチメント(心理)などの他の指標と同様、トレーダーがどの暗号資産に投資する価値があるかを検討するために使用する一般的な測定基準です。 市場の出来高や流動性などの他の重要な指標も、暗号資産のパフォーマンスを決定する上で不可欠な要素です。

暗号資産は、マーケットキャップに基づいて大型、中型、小型のグループに分類されます。 大型は、マーケットキャップでトップ10に入る暗号資産です。 大型は確立されており、マーケットキャップは100億ドル以上です。 大型は他のグループと比較して比較的変動性が低く、流動性が高くなります。 中でも、ビットコインやイーサリアムが代表的です。

中型の暗号資産は、マーケットキャップ上位10~50 の暗号資産に含まれる資産です。 それらのMCapは、10億ドルから100億ドルの間です。 中型は大型よりも成長の見通しが高いですが、ボラティリティ(変動)やリスクも大きくなります。 LitecoinとAlgorandはどちらも中型です。

小型の暗号資産はマーケットキャップが比較的小さく、通常は10億ドル未満の暗号資産です。 これらは通常確立されていない暗号資産であり、大型の暗号資産と同レベルの普及率や認知度がない可能性があります。 小型は大型暗号資産よりも成長の可能性は高いかもしれませんが、安定性や実績が不足しているため、より高いレベルのリスクも伴います。

暗号資産のマーケットキャップによって、その安定性と成長の可能性が決まります。 投資家はマーケットキャップを利用して、安定性を求めてコインに投資するか、それとも可能性を求めてコインに投資するかを決定できます。

暗号資産のマーケットキャップを計算する方法

コインのマーケットキャップを計算するには、流通しているコイン数に市場価格を掛けます。

  • トークンAの流通供給量は1千万で、市場価格は3ドルとします。この場合
  • 10,000,000 X 3 = 30,000,000
  • したがって、マーケットキャップは3000万ドルです

1秒あたりのトランザクション数(TPS)

1秒あたりのトランザクション数(TPS)は、あるネットワークが1秒間に処理できるトランザクションの数です。 これは、あるネットワークのトランザクション速度を評価するために使用される測定値です。

定義

DYOR(自分でリサーチ)

DYOR(Do Your Own Research=自分でリサーチ)は一般的な暗号資産スラングで、投資家は、プロジェクトに投資する前に広範な調査を行う必要があるという考えを指します。

定義

FUD

FUDとは、「恐怖(Fear)、不確実性(Uncertainty)、疑惑(Doubt)」の頭字語で、暗号資産や市場に関する誤った情報や否定的な情報が拡散され、投資家に恐怖や疑いを抱かせることを指します。

定義