新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

未使用のトランザクションアウトプット(Unspent Transaction Output:UTXO)の意味

2024年4月22日 | アップデート 2024年4月22日
未使用のトランザクションアウトプット(Unspent Transaction Output:UTXO)とは、特定のトランザクション後に残った暗号資産の量を指します。

未使用のトランザクションアウトプット(Unspent Transaction Output:UTXO)とは?

未使用のトランザクションアウトプット(Unspent Transaction Output:UTXO)は、トランザクションで未使用または残された暗号資産です。 暗号資産トランザクションはすべて、インプット(入力)とアウトプット(出力)で構成されます。 トランザクションが実行されるたびに、インプットが削除され、アウトプットが生成されます。 取り残されてすぐに使用されないアウトプットは、未使用のトランザクションアウトプット(Unspent Transaction Output)となり、後で新しいトランザクションで使用できます。

UTXOは現金取引と同様に機能し、全数量を使用し、残りの残高をおつりとして受け取る必要があります。 例えば、20ドルの本を購入したい一方で、50ドル紙幣1枚しか持っていない場合、その50ドル紙幣をすべて使用し、おつりとして30ドルを受け取る必要があります。 同様に、暗号資産の世界でもUTXOから特定の数量を送信することはできません。

例えば、ボブは誰か(例えばアリス)に2BTCを送ろうとしていますが、彼のウォレットには5BTC相当のUTXOしかありません。 ボブはUTXOをすべてアリスに送信し、残りの3BTCを、新しくより少ないUTXOで「おつり」として受け取る必要があります。 このプロセスはブロックチェーンプロトコルによって処理されるため、おつりを返すのに受取人に対する信頼は必要ありません。

ブロックチェーンネットワークでは、トランザクションによって以下のものが作成されます。

  • 2BTC-アリスに送信。
  • 2.99BTC-ボブに返却。
  • 0.01BTC-トランザクションを処理するためのマイナー手数料。

UTXOが重要な理由は?

UTXOモデルは、トランザクションの認証だけでなく特定のネットワークにおけるトークン供給を追跡する上で重要な部分です。 これはその所有者の認証がなければ実行できないため、詐欺や不正行為の防止に役立ちます。 UTXOトランザクションはすべて個人のデジタル署名にリンクされており、その所有者は当該UTXOを新しいトランザクションのインプット(入力)として使用する際に、当該UTXOの所有権を認証するために署名を提供する必要があります。

UTXOとアカウント残高モデルの違い

UTXOモデルとアカウント残高モデルは、資金とトランザクションを追跡する2つの異なる方法です。ビットコインはUTXOを使用しますが、イーサリアムはアカウント残高モデルを使用します。

ビットコインはUTXOブロックチェーンモデルに基づいており、トランザクションがインプット(入力)とアウトプット(出力)という異なる部分に分割される仕組みです。 ユーザーのウォレット残高は、すべてのUTXOトランザクションを追跡します。

イーサリアムはアカウント/残高モデルが基盤です。 このモデルでは、アカウント残高が十分に大きいか、少なくとも使用されるトランザクション量と等しいことが保証されます。

一般的にほとんどの開発者はUTXOモデルの方が安全かつアカウント/残高モデルに比べて必要なストレージが少ないと考えており、アカウント/残高モデルでは大きなブロック・オブ・データ用に多くのストレージを必要とします。

オフチェーントランザクション

オフチェーントランザクションは、特定のブロックチェーンネットワークの外部で発生する、トランザクションを含む、価値またはデータの転送です。

定義

ホットウォレット

ホットウォレットは暗号資産ウォレットで、インターネットに接続されたインターフェース内で暗号資産の秘密鍵を保護します。

定義

マーケットキャップ(時価総額)

マーケットキャップは、暗号資産の合計価値の尺度です。 これは、コインの現在の市場価格に利用可能な供給量を乗算して計算されます。

定義