Algorandとは?

読む 3 分
Algorandとは
重要なポイント:
— Algorand(ALGO)は、2019年半ばに誕生。ブロックチェーントリレンマの解決に取り組んでいる。
— Algorandは、独自のステーキングプロセスを採用しており、デリゲートは不要。アドレスに一定量以上のALGOを保持するだけ。
— Algorandブロックチェーン上で動作する他の暗号資産もあり、それはAlgorand Standard Assets (ASA)として知られている。
— AlgorandとAlgorand Standard Assetsは、Ledger Liveで直接管理できるようになり、報酬もLedger Liveから請求可能。

AlgorandがLedger Liveで直接管理できるようになったことを受け、その目的から機能までさらに詳しく説明します。 「Algorandとは何か」という質問を詳しく見ていきましょう。

Algorand:ブロックチェーンの課題を解消

今回の追加に伴い、Algorandとは何かについて具体的に説明します。 Algorandは、多くの人が直面する「ブロックチェーンのトリレンマ」という問題の解決に焦点を当てた暗号資産であると述べています。 2019年半ばに発売されたAlgorand (ALGO)は、独自の専用ブロックチェーンを持ち、トークンに拘る必要がありません。 プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の改良版であるピュア・プルーフ・オブ・ステーク(PPoS)を、ブロックチェーンのブロック検証方法としてに使用しており、ブロックチェーンのトリレンマに対する解決策と見なされています。 このコンセプトについて、もう少し詳しく見てみましょう。

暗号資産にはセキュリティ、スケーラビリティ、分散型の3つの重要な技術的要因があります。 ブロックチェーンのトリレンマとは、ほぼすべての暗号資産がこの3つの重要な要素のうち2つしか実践できず、3つ目が課題として残されてしまうことを意味します。 例えば、Bitcoinは最も安全で分散化されたブロックチェーンであると賞賛されていますが、 スケーラビリティがより大きな課題として残っています。

AIにおけるデータとプライバシーのジレンマについての例。 | 科学的図表のダウンロード
画像引用元:researchgate.net

ブロックチェーンのトリレンマに対するAlgorandの解決策は、ピュア・プルーフ・オブ・ステークを使用することです。 その中で、次のブロックを作る人は先にマイニングしたかどうか、またはデリゲート数が多い人から選ばれるものではありません。 代わりに、次に作成されるブロックを承認するためにALGOトークンをランダムに1000個選択します。 各トークンが選ばれる確率は同じであるため、非中央集権的でありながら、セキュリティを確保するために十分な数のバリデーターが存在します。 また、このランダムな選択によって計算量が少なくて済むため、非常に高速な検証の仕組みが実現できます。 簡単に言えば、スケーラビリティを大きく向上させることができるのです。

Algorandをステーキング

Algorandのブロックチェーンのもう一つの興味深い要素は、他の暗号資産とは少し異なる仕組みで行われるステーキングです。 多くのProof-of-Stakeコインでは、ネットワークのバリデーターになるか、暗号資産のデリゲートが必要です。 Algorandの場合は異なります。 ALGOの場合、自分のアドレスにALGOを1つ以上持っていれば、自動的に報酬が貯まり始めます。 これ以上の行動は必要ありません。 こうした報酬は、アドレスで次の操作が行われるたびに自動的に請求されます。 これは、ALGOの送付または受け取りです。 保留中の報酬を受け取る前に、送付することも可能です。

Algorand Standard Assets(ASA)

また、AlgorandのブロックチェーンではALGO以外の資産も動かすことができます。 これらは、Algorand Standard Assets(ASA)とも呼ばれ、Ethereumブロックチェーン上のERC20トークンとほぼ同様の機能を持ちます。 ただし大きな違いは、まず手動で特定のトークンを受け取ることに同意してもらう必要があることです。 これは「オプトイン」とも呼ばれます。 同様に、オプトアウトすることで、この承諾を撤回することができます。 この機能では、オプトインしていない場合は受信できないため、いわゆる「スパムトークン」を効果的に阻止することができます。

LedgerとAlgorand

Algorand は当初、サードパーティーウォレットでのみ管理可能でしたが、現在ではこの方法が変更されています。 ユーザーの皆様により多くの選択肢を提供するため、Ledger Liveへさらに多くの暗号資産を追加する取り組みにより、Algorandも追加されました。 また、Ledger LiveにAlgorandが搭載されたことで、Algorand Standard Assets(ASA)がオプトイン、アウトを含めて搭載されたことをお知らせします。 詳細については、こちらをご覧ください。

Algorandの追加により、ステーキングを通じて受動的な報酬を得られる可能性のある4番目の暗号資産を迎えることができました。 ユーザーがALGOの受取/送付をしなくても報酬を請求を可能とするために、0 ALGOを自分に送信できるボタンを作成しました。 これには若干の手数料が含まれますが、実質的に報酬を得ることができるようになります。

Ledger Liveに新しい暗号資産であるAlgorandが追加され、管理可能なコインの総量が27に増え、さらに数え切れないほどのトークンも加わります。 これは、Ledgerに加わる数多くの暗号資産の一つであり、将来さらに多くの選択肢を提供できるようになります。

学び続けましょう! 暗号資産やブロックチェーンの理解を深めるには、School of Blockの動画を参照してください。 ブロックチェーンの使い道


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]