Lidoとは?

読む 5 分
Lidoとは?
重要なポイント:
— Lidoは、Ethereumのステーキングサービスを提供する、使い勝手に優れた分散型プラットフォームです。 32ETH以上を所有することも、ETHをステーキングするための技術的な知識も必要ありません。
— この記事では、Lidoとは何か、なぜ重要なのか、そしてこのプラットフォームを使って最も安全にステーキング方する方法について説明します。

Lidoのステーキングプラットフォームは、暗号資産で利益獲得における障壁を打破します。ここでは、それがあなたにとってメリットとなるニュースである理由を解説しましょう。

暗号資産というエキサイティングな世界に足を踏み入れたなら、暗号資産で受動的な所得を得たり、運用によって資産を増やしたりできる仕組みがあることもすでにご存知でしょう。 暗号資産のステーキングは、最も簡単に始めやすい運用方法ですが、それでもかなり複雑です。

もしかしたら、食事や睡眠、トレーニング、旅行など、好きなことをしている間にも資産を増やせるよう、暗号資産のステーキングを検討したことがあるのではないでしょうか。 しかし、頭の中に思い描いた、暗号資産をステーキングして運用して増やすという計画も、その高い参入障壁によって立ち消えてしまうことが多くあります。

それは、私たちも通ってきた道ですのでよく理解できます。

最近の暗号資産プラットフォームのおかげで、暗号資産の送付や受け取りから、ステーキングやレンディングにいたるまで、暗号資産のあらゆる操作を数年前よりも格段に簡単にできるようになりました。

この記事では、このようなプラットフォームの1つであるLidoを紹介し、Lidoを使って暗号資産を簡単かつ安全にステーキングして運用する方法を説明します。

そもそも、なぜLidoが必要なのでしょう?

Lidoステーキングについてはこの後に説明します。 まずは、その背景について少し。

Ethereumの需要とトランザクション数は急速に拡大しており、既存のアーキテクチャでは負荷を適切に管理できなくなっているのです。

ネットワークのスケーラビリティを高めるため、Ethereumは、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)プロトコルをPoS(プルーフ・オブ・ステーク)へと置き換えるEthereum 2.0への移行を進めています。 PoSでは、マイニングの代わりに、ネットワーク参加者がETHをステーキングしてバリデーターとなり、Ethereumブロックチェーン上で取引を承認することで、その貢献に対する報酬を得ることになります。

しかし、その参入障壁は高層ビルよりも高いものです。

Ethereumのバリデーターになるには、最低でも32ETH(執筆時点でおよそ10万ドル相当)をステーキングしなければなりません。 また、Ethereumの検証システムをコンピュータにセットアップして運用するには、それなりの技術的な知識が求められます。 また、オフラインペナルティを避けるには、システムを年中無休で稼動する必要があります。 それだけではありません。今ステーキングを行った場合、Ethereum 2.0で引き出しが有効になるまで32 ETHはロックされ、再びアクセス可能になるまでに2年ほどかかる場合があ流のです。 とても辛い別れですよね。

ほとんどの人にとっては、この最初の要件だけで、ETHステーキングを収入源の候補から除外する理由として十分でしょう。

ここでLidoステーキングの登場です。

Lidoとは?

Lidoは、ステーキングに参入する際のハードルを下げ、簡単で使いやすい分散型のステーキングソリューションを提供。 1 ETH未満からEthereum 2.0にステーキングして、報酬を得ることができます。

技術的な知識は不要で、自前のシステムを年中無休で稼働する必要も一切ありません。 さらに、Lidoはリキッドステーキングも提供することで、前述した従来のステーキングにおける流動性の問題を解決しています。 その一環として、Lidoでは、ステーキングしたETHと1:1の割合でstETHというERC20トークンを受け取ることができます。 ETHと同様、stETHも分散型金融プロトコルで取引・送付することが可能です。

LidoでETHをステーキングすると、ステーキングしたETH枚数に比例したETH報酬を得ることができます。

Lidoのようなプラットフォームがなぜ重要なのかも、これでお分かりいただけたと思います。 まず、Ethereumのネットワークに参加しやすくなります。 これにより、Ethereumはより包摂的で、より非中央集権的なものになるのです。 そして、この包摂性によって不労所得の扉が開かれるのです。 まさにWin-Win。

注:このプラットフォームは現在、Terra(LUNA)ブロックチェーンでのステーキングも提供しており、Solanaなどのより多くのブロックチェーンへの統合を目指しています。

Lidoでステーキングする理由

なぜわざわざLidoを利用すべきなのか、疑問にお思いですか? ステーキングサービスを提供しているプラットフォームは、他にたくさん存在しますよね。

そう、確かにその通りです。 CoinbaseやBinanceなど、数多くのプラットフォームがステーキングサービスを提供しています。 これらのプラットフォームでも、好きな枚数のETHをステーキングすることが可能です。 これらのプラットフォームの最大の利点は、暗号資産をウォレットですでに保管しているため、自分で外部ウォレットを統合する必要がない点。

上の文をもう一度読んでみてください。この利点こそが、問題となり得るのです。

暗号資産では、所有権、分散型、セキュリティがすべてです。 しかし、中央集権的なプラットフォームを利用する場合、これらをすべてを危険にさらすことになります。 中央集権的なプラットフォームに、保有する暗号資産を完全に委ねることを意味します。 そう、資産の完全な所有権を手放すのです。

あまり良いアイデアには思えませんよね? 暗号資産を愛するあなたは、資産を中央集権的なプラットフォームに委ねず、自分の手で管理したいと考えているはず。

だからこそ、Lidoのような分散型プラットフォームで暗号資産をステーキングするのが最良の方法なのです。 資金の所有権を放棄せずにステーキングを行い、不労所得を得ることが可能となります。

Lidoの使い方

Lidoは、MetaMaskやCoinbase Walletなどの各種ホットウォレット、およびLedger Nano SやLedger Nano Xなどのコールドハードウェアウォレットで利用することが可能です。

ホットウォレットでLidoを使用するのは簡単ですが、唯一の問題は、ホットウォレットに起因するセキュリティリスクです。 ホットウォレットはインターネットに接続されているため、秘密鍵が常にサイバー攻撃の脅威にさらされることになります。

では、どうすれば最大限のセキュリティ確保できるのでしょう? その答えは、ハードウェアウォレットを使用することです。 そして最近、LedgerはLidoをLedger Liveに統合し、Ledger NanoユーザーがLedger LiveのインターフェイスからETHを直接ステーキングできるようにしました。 さらに、Ledger Liveで資産を購入売却交換、そして運用することも可能です。

つまり、Ledger Nanoウォレットを所有していれば、Ledgerのエコシステムを離れることなく、ETHをステーキングすることができるのです。 ここでは、Ledger Liveを使用してLidoでETHをステーキングする方法を説明します。

  1. Ledger Liveを開き、「Discover」に移動する。
  2. Lidoをクリックして、Ledger Liveアプリ内のLidoインターフェイスを開く。
  3. ステーキングするETHの数量を入力し、Ledgerウォレットでトランザクションを承認する。

その内容はいたってシンプルです。 最も優れた点は、秘密鍵が常に、Ledgerデバイス内でオフライン状態で保管されるということです。

以下の表は、各種サービスにおけるETHステーキングの比較です。

今度はあなたの番です

あなたが暗号資産を所有していて、不労所得を確保したいと考えているのなら、ステーキングは有力な選択肢になります。

Lidoを使ったホットウォレットでのステーキング、あるいはLedger Live独自のエコシステムを使ったステーキングのどちらも可能なため、自分にとって最適な選択肢を選ぶことができます。 しかし、最も重要視するのはセキュリティです。 そして、それを提供できるのが当社の製品です。

注意事項:取引、レンディング、その他暗号資産のトランザクションはサードパーティパートナーによって提供されています。 Ledgerは、これらサードパーティサービスの利用に関する助言や推薦を行うことはありません。

暗号資産の運用方法について悩んでいるなら、分散型金融についての School of Blockのエピソードをご覧ください。きっと夢中になるはずです!


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]