暗号資産取引所とは?

読む 6 分
暗号資産取引所
重要なポイント:
— 暗号資産取引所では、ユーザーが資産を売買・取引することができる
— 便利な反面、取引所に保管している暗号資産は実際に所有しておらず、操作が制限され、セキュリティも取引所の手に委ねられている
— Ledger Nano Xのようなハードウェアウォレットでは、暗号資産がもたらす経済的自由を安全に享受することができる

A 暗号資産取引所は、暗号資産の世界において重要な役割を担っています。 ユーザーは便利に暗号資産を購入、売却、取引することができます。 ただ、これは暗号資産を保管するのに最適な方法なのでしょうか?

暗号資産取引所に関する簡単な説明

暗号資産の世界に、取引所の存在は欠かせません。 暗号資産の売買ができる最も一般的な場所です。 新規参入者のほとんどは、こうした取引所で暗号資産の広大な世界への第一歩を踏み出したことでしょう。 有名な暗号資産企業であるCoinbase、Binance、Changelly、Bittrex、Krakenなどは、取引所プラットフォームです。

暗号資産の売買のほか、新たに購入した暗号資産を保管する場所や、暗号資産を別のものと交換する場所としてもよく利用されています。 個々のサービスを詳しく見ていきましょう。

暗号資産取引所が提供するサービス一覧

暗号資産の購入:

ほとんどの暗号資産取引所は、多種多様な暗号資産を購入するための国際的なサービスを提供しており、多くの場合BitcoinEthereum、XRPなどの最も主要な暗号資産をサポートしています。 こうしたプラットフォームは、初めて暗号資産を購入しようとするユーザーに非常に人気があります。 米ドル、ユーロ、その他多くのフィアット通貨のクレジットカード、PayPal、銀行送金で簡単にBitcoinを購入できます。

暗号資産を売る:

購入と同様に、多くの暗号資産を取引所でユーロ、円、または米ドルなどに交換することができます。 これは銀行送金で行われ、銀行口座に直接お金が振り込まれることになります。

暗号資産の保管:

取引所でBitcoinを購入すると、取引所はそのプラットフォーム内で新しく購入したBTCを保管します。 ポートフォリオは通常わかりやすく表示され、簡単にアクセスが可能です。 こうしたプラットフォームで暗号資産を保管することは、非常に便利です。アクセスが簡単で、暗号資産の送金に必要なアクションはほとんどありません。 ただし、これには重大なリスクと制限があります。これについては、後ほど詳しく説明します。

暗号資産の取引:

取引所では、暗号資産を別の暗号資産に簡単に交換できます。 多くの専門トレーダーは、暗号資産の急激な値動きから利益を得るために、取引所プラットフォームを利用しています。 Coinmarketcapのようなウェブサイトでは、価格変動だけでなく暗号資産のランクやマーケットキャップなどの情報も表示されるため、非常に便利なツールです。

はじめる

通常、取引所の利用は非常に簡単で、誰もが暗号資産投資を始めることができます。 さっそく手順を確認してみましょう。

ステップ 1:アカウントの作成

取引所での取引を始める前に、希望する暗号資産取引所でアカウントを作成する必要があります。 通常はメールアドレスを入力してパスワードを設定しますが、電話番号で登録できる取引所もあります。 この後、氏名や生年月日などの個人情報を入力します。

ステップ 2:アカウントの認証

アカウントが作成されたものの、この時点ではまだ購入や取引はできません。 アカウント作成の次の手順は認証です。 ここでは、多くの場合本人確認手続き(KYC)、個人情報(パスポートや身分証明書の写真)を提供する必要があります。 この後、暗号資産取引所が身元を確認します。

ステップ 3:暗号資産の購入

おめでとうございます!これでアカウントが認証されました。 クレジットカードや銀行送金で、希望の暗号資産を購入し、暗号資産の世界の扉を開くことができるようになりました。 また、取引所が提供するウォレットアドレスにトランザクションを送信することで、暗号資産の取引や売却が可能です。

多くの取引所は、通常この3つのサービスに対して手数料を徴収します。つまり、取引所のプラットフォームを通じて行われる売買や取引の注文には、毎回手数料が発生します。 こうした手数料が、取引所の大きな収入源となっています。

取引所を選ぶ際には、事前に適切な調査をしなければなりません。 通常は高い評判を得ており、同時に高い流動性を誇る暗号資産取引所を選ぶのが最善です。

暗号資産取引所は便利な一方、自由が制限される

取引所は通常、非常に使いやすいプラットフォームで様々な重要な機能を提供しています。 取引所のインターフェースが非常に使いやすく便利な分、多くのユーザーが大切な暗号資産を取引所に預けています。 取引所を通じて暗号資産を所有するのは、非常に簡単なのです。

ただし、アカウントの暗号資産はユーザーが実際に所有しているわけではありません。

取引所は、暗号資産の保管に便利だということはすでにお伝えしました。 ただし、所有権はユーザーの手にはありません。 ユーザーは暗号資産を自由に管理することができず、完全な所有権をもちません。すべて取引所の管理下となります。

このため、取引所は暗号資産の管理に一定の制限を定めることができるのです。 例えば、出金額の下限や上限の設定です。 また、プラットフォームがサービス停止となった場合は、暗号資産にアクセスする方法がなくなってしまいます。

これは、ユーザーが秘密鍵を所有していないことが原因です。 この鍵を所有する者こそが、関連するアドレスの資金を完全に管理することができます。 コインをオンラインで取引所から購入する場合、秘密鍵の所有者はユーザーではなく、取引所です。 Not your Keys, Not your Coins (秘密鍵を持たぬ者は、コインを持たず)という暗号資産で有名な言葉も、ここから来ています。

暗号資産取引所の最も深刻な問題:セキュリティ

自分のお金を完全にコントロールできず、自由に使えないという状況は、理想とは言えません。 その上、せっかく手に入れた暗号資産のセキュリティも管理することができないのです。これは、深刻な事態を引き起こしかねません。

複雑なパスワードと二要素認証(2FA)を使用すれば、アカウントの一定の水準の安全性は確保できますが、それでもプラットフォーム自体の安全性を管理することはできません。

暗号資産取引所からは、膨大な量の暗号資産を盗むことができるため、ハッカーにとっては格好の標的となっており、その被害数も数え切れません。 2014年に起きた有名なMtGoxのハッキング被害(4億6000万ドルの盗難)をはじめとし、過去数年間に非常に多くの事件が発生しており、ニュースが世間を騒がせています。 その後、暗号資産取引所も行動を起こし始め、かなりの数の取引所が保険機能を追加しています。 とはいえ、大きな取引所のハッキングは現在でも年に何度も発生しており、最近ではKuCoinでの1万5000ドルのハッキング事件がありました。

自由への安全な道のり

まず、明確にしたいことがあります。取引所は、暗号資産の売買や取引をするのに非常に便利な場所です。 しかし、長期保管を想定したものではなく、暗号資産でできることにも制限が課される傾向があります。 自分の秘密鍵を所有することで、暗号資産に対する絶対的な自由を得ることができるのです。

ハードウェアウォレットでは、自分の暗号資産を安全に管理することができます。 Ledgerのハードウェアウォレットは、最も安全なチップを使用しており、オフラインで秘密鍵を保管します。

当社のデバイスとLedger Liveアプリを組み合わせることで、安全かつ便利に経済的自立と自由を達成することが可能です。 最近では、人気の取引所機能も追加されており、パートナーを通して暗号資産を購入することもできます。 革新的なのは、暗号資産がユーザーが完全・安全に管理するアドレスへ、即座に送金されることです。 また、さらなる機能が今後も随時追加される予定です。

豆知識 Ledgerハードウェアウォレットが暗号資産で購入できることをご存知ですか? Crypto.com Payを利用して支払い可能です。

学び続けましょう! 暗号資産やブロックチェーンの理解を深めるために、School of Blockの動画をご覧ください。 暗号資産で不労所得を得る3つの方法


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]