リカバリーフレーズを安全に保つための最適な方法

読む 4 分
リカバリーフレーズを保護する
重要なポイント:
— リカバリーフレーズは、暗号資産へのアクセスに使用される可能性があるため、取り扱いには細心の注意が必要。
— リカバリーフレーズを紛失した場合、暗号資産が失われる可能性がある。
— 安全な場所に保管することが重要。セキュリティを強化するために、複数の場所に分散して保管することも可能。
— リカバリーフレーズをメタルのバックアップで保管して強固な保護。


リカバリーフレーズは、所有する暗号資産のバックアップとして機能します。 ハードウェアウォレットに問題が発生した場合でも、リカバリーフレーズがあれば再び資産へアクセスすることが可能です。 そのため、安全に保管することが非常に重要になります。この記事では、ベストな保管方法をご紹介します。

リカバリーフレーズを安全に保管することが重要な理由

Ledgerやその他のハードウェアウォレットの利用を開始する際は、いくつかの単語を書き留めるよう求められます。 Ledgerの場合、24単語のリストです。 これはリカバリーフレーズと呼ばれ、デバイスで管理するすべての暗号資産のバックアップとなります。 つまり、万が一Ledgerデバイスに何かあっても、24単語のリカバリーフレーズさえあれば、暗号資産へのアクセスを復元することができるのです。 BitcoinやEthereumは、リカバリーフレーズのおかげで故障やデバイスの紛失によって失われることはありません。

リカバリーフレーズの安全確保が必要不可欠な理由は、2つあります。

– 第三者がリカバリーフレーズを手に入れた場合、あなたが所有する暗号資産へのアクセスが許可されます。大切なBitcoinが盗まれてしまうかもしれません。

– リカバリーフレーズを紛失して、ハードウェアウォレットに故障や紛失等が発生した場合、暗号資産にアクセスすることが不可能となり、資産を失います。

つまり、リカバリーフレーズを失うことは、暗号資産を失うことを意味するのです。 そのため、他人に知られないように、常に安全な状態を確保することが重要です。

この機会に、リカバリーフレーズの正しい知識を再確認することをおすすめします。詳細は、こちらの記事を参照してください。

安全な場所に保管する

1. リカバリーフレーズを安全な場所に保管する

まず、スマートフォンやパソコンなど、インターネットに接続できるデバイスには絶対に入力しないでください。 パソコンに記録されている場合、ハッキングして暗号資産に関するすべての秘密を暴くことが可能になります。入力されたのが一度だけであった場合も同様です。 リカバリーフレーズを写真に撮って保存する場合も、危険です。

2. 決して誰とも共有しない

リカバリーフレーズは決して誰にも教えず、誰にも見つからない場所に保管してください。 自分だけが知っていて、アクセスできる安全な場所を選びましょう。

3. 万が一に備える

安全な場所とは、人目につかない場所だけではありません。 リカバリーフレーズは風雨にさらされたり、破損の危険のない場所に保管する必要があります。 例えば、24単語を紙に書いて保管した場合、水道管が故障して水漏れが発生した際に濡れてしまう可能性があります。

分割して保管

リカバリーフレーズを安全に保つための賢い方法として、フレーズを複数に分割するというものがあります。 これは、正しく行えば、リカバリーフレーズの安全性を飛躍的に高めることができます。

この例では、書き留めたリカバリーフレーズをパートA・B・Cの3つに分けて別々に保管します。 つまり、一部分のフレーズを見つけたとしても、リカバリーフレーズ全体は手に入れられません。 パートAとC、もしくはパートBとCさえあれば24単語を完全に再現することができます。 3つに分割する例はこちらからご覧ください。

リカバリーフレーズ
https://steemit.com/bitcoin/@blockchainapps/store-the-ledger-nano-s-recovery-phrase-safe-and-redudant

ここでは、3つに分割したリカバリーフレーズを別々の場所に保管します。 もし、3つのパーツのうち1つを紛失したり盗まれたりしても、リカバリーフレーズ全体を復活させることができます。 一方、3つのパーツのうち1つを盗まれても、暗号資産をすべて奪われることはありません。

もちろん、この方法は3分割に限りません。 分割方法は好みに応じてお選びいただけます。 最も重要なのは、正しく行うことです。リカバリーフレーズを正しく分割し、すべてのパーツがどこに保管されていたかを記憶している必要があります。

究極のバックアップ:耐火性と耐水性

24単語を紙に書きとめたとしましょう。 安全に保管できるとはいえ、紙切れは決して耐久性に優れた素材ではありません。 インクが消えてしまったり、水で読めなくなったり、火事で燃えてしまうことも考えられます。 これには、ソリッドスチールバックアップという解決策があります。

Cryptosteel Capsule SoloBillfodlなどのアクセサリーを使用すると、リカバリーフレーズをスチール製のバックアップに記録でき、火災や水害などの脅威へ耐えることが可能となります。 つまり、秘密鍵は秘密のまま、リカバリーフレーズは破壊不可能な媒体に保存され、安全でセキュアな状態が保たれ流のです。

リカバリーフレーズの安全性を保つ事は暗号資産の管理において最も大きな責任となりますが、最善策を理解し、ツールをうまく活用することで、主導権を握りながらもストレスなく資産を管理できるようになります。

知識は力となります。今後も学び続けましょう。 暗号資産やブロックチェーンの理解を深めるために、School of Blockの動画をご覧ください。 初心者のためのスマートコントラクト


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]